八幡製鉄病院は、分離独立して別会社法人となって製鉄記念病院となったが、八幡製鉄労働組合員として組織されており、病院の労働条件については労組ニュースで知らされる。組合ニースによれば、2019年3月に若竹寮を男女共同寮化にする提案が次のとおりあった。寮は昔のような共同便所、共同浴場は敬遠され、ワンルーム型でに変わっている。

 製鉄記念八幡病院の単身者寮「若竹寮」に、2019年3月1日から男性単身者を入れて男女共用にする。
 若竹寮は8階228室あり、建替え当初は看護師、看護学生で満室であったが、最近は80室前後の空き室が続く。一方、男性単身者は寮がないのでワンルーム借上げ賃貸住宅を寮として利用している。
 今回、若竹寮の1階21室を男性専用化する。現在24名賃貸住宅利用しているので3名不足する。それは引き続きワンルーム賃貸住宅継続使用とする。

 若竹寮 8階建物 228室 空き室80部屋→1回22室を男性利用にする。
 男性単身者借上寮 24人→若竹寮1階21室移転。不足3人賃貸住宅利用継続。

単身寮(若竹寮)
 地上8階建て 部屋数228室(うち看護学生62室)
 ミニキッチン・乾燥機付ユニットバス・トイレ・ベッド・冷蔵庫・エアコン・ガスファンヒーター完備・セキュリティシステム装備・寮管理人配置
寮費:月額15,000円(光熱水費・税込)   
イメージ 1
若竹寮 写真ナース求人サイトから転用