2005-01-27 18:15:23

精神労働職二種における肉体的表現の対称性について byトーガ

テーマ:knightonline

ウィズのモーション必死すぎ。
プリのモーション投槍スギ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-27 00:22:29

論理をもって偶然へ挑む(ウザイ口調の米人風味) byトーガ

テーマ:knightonline
戦争での敗北、キャラクターの死亡、レアMobの取り逃がし!
ショッキングな事柄は数あれど、
knightonline内において一番のそれはやはりUPGの失敗だろうね。

非力な己からの脱却!
自らの威を示す+8エフェクト!
運を売るUPG転売!

情熱を胸にいだき、運命司るケロン神へ立ち向かう戦士諸氏へ贈る
負けないUPG理論』

まず、勝ち負けの定義から行こう。
「UPG開始前に用意した素材の相場合計(A)各時点で手元に残った物品の相場合計」
(A)なら勝ち
(A)なら負け。
例えばバルディッシュを無印で5まで育てれば勝ち
そのあと続けて3本燃えればきっと負けだ。
(定義に異論?やだな。聞かないよ。)

用意するものは素材を沢山!とにかく多く!
安い物から、燃やしたらダメージだなって物まで幅広く揃えた方がいい。


準備ができたら始めよう。
まずは安い物から焼いていく。燃えないようにね。
焼きすぎて燃えた?
オーケーオーケー。
そんな時の為に用意して貰ったのさ。
素材と、素材と、素材と、
あと素材。とにかく多く!

次に焼くのは、「これが+?までいけばなんとか元が取れる」の、
がなるべく小さいヤツだ。
ククリから一気にラプターなんてのはお勧めしない。

+?は成功したかい?
そりゃ、おめでとう!

そしてお疲れ!

・・・アレ、続けるの?


賭けってのは勝ってる内に止めるもんだぜ?


素材を沢山用意して貰ったのはこのタイミング、
納得できるポイントをより多く作る為なんだ。

希望通りの物へはちょこっと回り道になるけど、
この方法なら負けることはない。

「どうしても+6まで上げたい武器が、全財産はたいて一本しか買えなかった」って?

それはつまり、望むには大分早いってことさ。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

山ほどの素材が一つの納得点も見せずに燃え尽きた?
その手の苦情はマーフィーに言ってくれ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-25 07:28:01

真剣と戯れの狭間 byトーガ

テーマ:knightonline


武器デザインコンテスト応募しました。
しましたし、もっとします。


武器名称:タンシェイド

デザインコンセプト:
与えた被害を致命的なものにするため、刃部分を波打たせ作られたソード「フレイム・タン」
タンシェイドはその刀身に意図的な装飾を加え更なる異様を成し敵の目を奪い
柄よりメインブレードとは逆へ伸びるもう一本の刃で隙をついた一撃を見舞う。
複雑な取り回しが必要となる為、使用者の消耗が激しいのが難点。通名「二枚舌」。



武器名称:ワイザス

デザインコンセプト:
両手をそれぞれすっぽりと覆う濃紺の箱。指は内側で固定され動かせない。
これは己が肉というよりはむしろ精神的な存在であると認識するための道具である。
装備中は精神が鋭敏に研ぎ澄まされ多少防御能力も上がるが、
気力体力どちらの回復も困難となる。

外す時は誰かに手伝ってもらう。


シニザマQ解答:
ゴーストウォリアー。というかオーク系でした。

HP0になっても最後にガッツポーズ!そして跳ね飛ぶ体躯!超かっこいい!
以下キャスティング
折谷:唐橋充
石流:田中麗奈
佐藤:岡田義徳
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-21 02:43:56

連想のファンタスティック byトーガ

テーマ:knightonline
「侠・リターンズ」(おとこぎ・りたーんず)
今回が地上波初放映となる、主人公の怪演が話題を呼んだ任侠物の続編。
前作の最後で死んだ筈の主人公・折谷が、
生きているかもしれないと聞かされたヒロイン・石流。
真偽を確かめるため折谷の元舎弟・佐藤の手を借り上海へ飛ぶ。

導入の雰囲気こそ前作とは異なるが
中盤以降の過激でスタイリッシュな展開は前作同様ファンの期待を裏切らない。
(KTV系列 後9:02~後10:58)



Q:俺にこんな妄想をさせた死に様のMobはなんでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-15 00:48:52

職務怠慢 byトーガ

テーマ:knightonline


倒れ方にヤルキねぇんだこれがマタ。
ぜひ一度ダストオーク。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-09 00:58:08

PT組めると結果は違うな byトーガ

テーマ:knightonline
戦争で初、貢献+。
祝福も貰って154。
0なら普通に500買えるんだがそんなことは知らない。
硬さが要るって意味が分かった。
これからは増える一方だ。多分。
なにか有名人のLAも取っちゃったぜ。
未だにノアの稼ぎ方が分からないLV61ウォリ。

今日の日記はあんまり普通で
これじゃあまるで日記見たいだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-06 01:51:56

好意的解釈 byトーガ

テーマ:knightonline
いきなりだが、この画像を見て欲しい。

見て、読んで頂けただろうか。
明らかに訳がなっていない。

しかしだ。
「作品内の事象は全て現実の常識に優先する」というのは
ご存知のようにファンタジーを愉しむ重要なポイントである。
この姿勢が本来指す物とは若干異なるが試みに、
態度の一貫しない件の台詞を肯定する為の私なりの解釈をやってみた。























うんツンデレ系ーーーーッス。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-04 01:46:24

人には物語が必要だ。 byトーガ

テーマ:knightonline
このブログの主題でもあるmmoRPG[Knightonline]
今日はその世界の魅力を少しだけご紹介しよう。

クエストというものがある。
設定されたエピソードに則って行動することで
より深くknightonline世界を愉しむと共にいくらかの報酬を・という物だ。
そのうちの一つ。


受け取った楽器を別のNPCの所へ届けるクエストのようだ。

・・・『吟遊詩人戦士』。
彼が剣を向ける相手はカルスだろうか。
あるいは町々を渡り歩き野生の怪物共からそれらを守っているのだろうか。
そして恐らくは、日々の争い・諍いによる辛苦疲弊とも彼は戦っているのだ。

つるぎを音色に持ち替えて。

自分と同じく傷ついた戦士、
そして倒れた仲間。
彼らは吟遊詩人戦士の奏でに癒され
詩人戦士本人もまた、
傷つけるのでなく、癒すことの出来る自分を感じ
それを安らぎとしていたのだろう。

失われたのだ。
それが、それらが。
想像を絶する。
一体どれだけの絶望であるか!

なんとしてもどうだって、
一刻も早く届けねばなるまい。









ようやっと見つけた!
声をかけるのも忘れ私は、
楽器を取り出す。
必要なのだ。
ここには、この町には、
彼の音色が必要なのだ!


感慨もなにもねえ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-01 12:54:59

よい精神 byトーガ

テーマ:knightonline
トリビアの泉というTV番組がある。
些細な知識を与えられることで、一体人はどれだけの感銘を受けられるものであるか
そういった主旨の番組であるらしい。

冒頭で提示されるSF作家アイザック・アシモフの言葉
「人間は、無用な知識(トリビア)を得ることで快感を覚える唯一の動物である。」

下手に名前が売れると恐ろしい。
斯様な勘違いの発言が後世広まり電波に乗ってしまうのだから。

正しくはこうだ。

「人間は、あらゆる事柄に価値を与えうる唯一の動物である。」
快感を齎すという知識、それを無用と呼び、価値であると下せなかった点で、
アシモフは十分に気高くは無かったと言える。

価値と呼ばれるあらゆる物は既に存在しているわけではなく
自負持つ各人格が己にとってのそれを下す、そういった性質の物であるのだ。
そして遭遇するより多くの事に価値を見出し
(無条件に肯を唱えると言うのではなく糧とする)
また憎悪する場合に於いても、その悪感情をさえ下した愛の裏打ちに使う。
良く出来た精神とは、つまるところこのような物である。


 つ ま り だ。

うっかり財布持ったままルナに出5M飛ばそうが
こりずに追加でまた3M飛ばそうが
ミラダガ二本180,000で売り飛ばそうが
ノアを被Kill数に変換する不思議開拓スパイラルに身を乗り出そうが

それらもまた獲得でありうるのだッ!





・・・獲得でありうるのだってば。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。