トカゲか恐竜か | 副業アカデミー代表 小林昌裕〜オフィシャルブログ〜

副業アカデミー代表 小林昌裕〜オフィシャルブログ〜

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になったノウハウをお伝えしております。収入の柱を増やしたい方は是非お読みくださいませ^^


テーマ:

社長ブログランキングにご協力ください^^

 


社長ブログランキング

 

 

小学校に入学した頃、1年生の私にとって
5〜6年生のお兄さんやお姉さんはとても大きく、
もの凄く強そうに、怖そうに見えていました。

皆さんは小学生の時、いかがでしたでしょうか?


私の感覚では、1年生の時には高学年の生徒が
それはもうほぼ大人のように見えていました。

2年生になってもやはり高学年の生徒の皆が
とても大きく、怖く感じました。

ところが、3年生になると
今年の6年生が去年の6年生よりもなんだか
小さい人が多くなったなと感じるようになりました。

更に、4年生になると去年の6年生よりも
今年の6年生が更に小さく見えるようになりました。

「なんか去年の6年生のほうがイカつかったなぁ」

なんて感じていたことを今でもよく覚えています。


もうお気づきの通り、毎年6年生の生徒が
どんどん小さくなっていっているわけではありません(笑)

私が成長していたんですね。

私の身体や心が成長することで、
5年生や6年生の身体が小さく見えたり、
感じていた威圧感を感じなくなったりしたわけです。

1年生が見る6年生と、
4年生が見る6年生は大きく違うということです。


このように、

 

自分が成長することで同じ物事でも

見え方が変わっていくということ

 

をあらかじめ知っておくことが重要です。

最初に怖いと感じたものが、
取り組み続けているうちに簡単になって
怖いどことか面白くなることすらあります。

最初に苦手だなと感じていた人が、
コミュニケーションを取り続けていたら
むしろ最高のパートナーになることがあります。

最初は無謀だなと感じていた目標が、
挑戦し続けていたら簡単に達成できて、
何度も同じ結果を手にできるようになることがあります。


恐竜だと思ってビビっていたけど、
自分が成長したらトカゲだったことに気づいた。

みたいな(笑)


何かに取り組もうとした時に
嫌だなとか苦手だなとか怖いなと感じたら、
それでも挑むことで自分が成長し、
同じ物事でも見え方が変わっていくんだなと
思い出すようにしましょう。

この考え方が出来ると1歩を踏み出す勇気が湧いてきて、
人生がどんどん向上していきます^^


私の出版記念講演会では、
今回のような話をてんこ盛りでお伝えしております。

成功して幸せな人生を手に入れるための方程式について
詳しく解説する渾身のセミナーになります。

東京と大阪で開催しておりますので、
ご都合の良い日程で是非ご参加くださいませ^^

スケジュールは下記となります!



小林昌裕の講演会はこちら!


あなたとお会いできるのを楽しみにしております^^

 

 

「今回の話、参考になったよ!」

 

と思っていただけましたら、

下記を応援クリックお願い致しますm(_ _)m

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキング

 

 

副業アカデミー代表 小林昌裕さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス