ピウス企画『プレイルーム』チケットお申し込みはこちらから! | ピウス企画公式ブログ

ピウス企画公式ブログ

次回公演『虚言癖倶楽部』作・演出:広瀬格
劇場:サンモールスタジオ


テーマ:

今週日曜3月24日22時より予約開始となります。

たくさんのご予約をお待ちしております!

 



 

ピウス企画『プレイルーム』

 

脚本・演出:広瀬 格

 

劇場:シアターKASSAI

http://www.kassaikikaku.co.jp/

 

公演期間:5月15日(水)〜5月19日(日)

 

【出演者】

原野正章

ウチクリ内倉(ツラヌキ怪賊団/dopeⒶdope)

小玉久仁子(ホチキス)

太田清伸

澤田拓郎

はぎのりな

あわつまい

 

樋口泰子(無名塾)

 

篠原功(演劇集団SINK)

 

 

【チケット(全席指定席)】

前売り…5200円

当日券…5500円

2ショットチェキ付き前売り…6500円

 

※チケットは事前にお送りせず、当日劇場でお渡し致します。お席はお選びいただけません。

 

※2ショットチェキとは?

「チェキ」と呼ばれる撮ったら直ぐに写真が出てくるカメラで終演後にお客様が指名したキャストと一緒に2ショットで写真を撮ることが出来るというグッズです。各公演限定枚数での販売となりますので、お早めにお申し込みください。

(当日物販でも販売されます)

 

 

【チケット発売日】

■事前精算予約

3月24日(日)22時〜

・銀行振込のみとなります。

(ご予約から一週間以内にご入金をお願いいたします)

 

■当日精算予約

5月3日(金)0時〜

・公演当日受付でのお支払いとなります。

 

※どちらも同一のチケットフォームからの予約となります。

 

 

 

【チケットのお申込み先】

 

原野正章扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/001/

 

ウチクリ内倉扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/002/

 

小玉久仁子扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/003/

 

太田清伸扱い

 https://ticket.corich.jp/apply/98612/004/

 

澤田拓郎扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/005/

 

はぎのりな扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/006/

 

あわつまい扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/007/

 

樋口泰子扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/008/

 

篠原功扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/009/

 

ピウス扱い

https://ticket.corich.jp/apply/98612/

 

 

【公演スケジュール】

5月15日(水)19時開演

5月16日(木)13時開演(★)/19時開演

5月17日(金)13時開演(★)/19時開演

5月18日(土)13時開演/18時開演

5月19日(日)12時開演/16時開演

 

※受付・物販開始は開演の1時間前、開場は30分前

 

★…アフタートークショー

5月16日(木)13時〜の回と、5月17日(金)13時〜の回は終演後にトークショーがございます。

 

★…16日(木)13時〜アフタートークショー出演者

ウチクリ内倉/澤田拓郎/太田清伸/はぎのりな/司会:林修司

 

★…17日(金)13時〜アフタートークショー出演者

原野正章/小玉久仁子/あわつまい/樋口泰子/篠原功/司会:林修司

 

※アフタートークの出演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

【あらすじ】

「私の小説の登場人物になりませんか?」

この物語から逃げることは許されない

 

人気小説家、桐野範容の描く超絶サイコサスペンス『ザ・プレイヤー』シリーズの最新刊が発売された。女刑事水越貴理子をまき込んだ天才殺人鬼の殺人ゲームは巻を重ねるごとに激化していく。最高傑作との呼び声も高いその新作を、待ち望んでいた読者たちが手にする。物語に浸る幸福な読書体験。それを遮ったのは、本に挟まれていた1枚の紙片だった。

 

『私の小説の登場人物になりませんか?』

 

あやしげな文句に惹かれ集まったのは熱心な愛読者たち。池袋駅近くの廃墟に招かれた彼らの前に、桐野範容を名乗る人物が現れる。

「登場人物として、殺人鬼『プレイヤー』のゲームに参加してください」

参加した読者たちの行動をもとに、桐野がこれから新作を書こうというのだ。自分の大好きな小説の登場人物になれる。迷わず参加を決めた彼らに、殺人ゲームのルールが説明される。

殺人鬼に指定された今回のゲームは『鬼ごっこ』だった。

「それでは、ゲームを始めましょう」

作家桐野範容の『想像の世界』を舞台にして、天才殺人鬼が鬼となる『恐怖の鬼ごっこ』が始まる。

 

【ルール】

・行動範囲は豊島区限定とする。決して区外に出てはならない。

・ゲームは13時に開始し、14時に終了することとする。

・以上のルール内であれば何をしても構わない。

・鬼にタッチされたら負けとなり『罰』を受ける。

 

 

【ピウス企画公式ブログ】

http://s.ameblo.jp/stpius/‬

 

 

【お問い合わせ】

infostpius@yahoo.co.jp

piusさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ