2018年度東日本インカレ トーナメント1-3回戦(山形大学、金沢星稜大学、日本体育大学) | 立教大学体育会バレーボール部のブログ

立教大学体育会バレーボール部のブログ

関東学連2部に所属している立教大学体育会バレーボール部です。
試合結果などを伝えていくブログになります。
応援よろしくお願いいたします!
↓バレーボール部のHP↓
http://stpaulsvolleyball.wix.com/stpauls-volleyball


テーマ:

トーナメント1回戦

立教大学 vs 山形大学

1セット目 25 - 19

2セット目 25 - 22

3セット目 25 - 23

 

以上の結果をもちましてセット数3 - 0で立教大学の勝利となりました。

トーナメント初戦をストレートで勝ち抜き、順調に2回戦へと駒を進めることができました。

 

東北学連1部2位という未知の対戦相手との試合でしたが、

春季リーグ戦とは違うメンバーで臨み、見事勝利を収めることができました。

 

試合全体を通して優勢を保てており、ラリーもしっかりと自身の得点までつなげられていました。

特にテンポの速い攻撃は、セッターとスパイカーの息がぴったり合っており、気持ちよく決められていました。

 

また、ブロックがしっかりつけていたことのプレッシャーから相手のスパイクミスも増え、

初日はストレートで試合を終えることができました。

 

しかし、スパイクレシーブやチャンスボールの処理が雑でもったいないと感じる場面がありました。

その点を、より丁寧に行えると、攻撃の態勢が整えられ、さらに差をつけて勝利できたのではないかと思います。

 

 

ポジション

L:羽田(3年#5)及川(1年#13)
C:木俣(3年#7)濱野(1年#14)笹本(1年#19)
R:阪本(3年#6)
S:本澤(2年#9)
Li:九冨(1年#15)

 

 

トーナメント2回戦

立教大学 vs 金沢星稜大学

1セット目 25 - 22 

2セット目 25 - 23

3セット目 22 - 25

4セット目   25 - 17

 

以上の結果をもちましてセット数3 - 1で立教大学の勝利となりました。

1セット落とし、ヒヤヒヤする展開があったものの、2回戦目も勝ちきることができました。

 

前日の試合と比べ、ところどころで緩みの見えた試合だったと思います。

緊張感を欠いてしまったため不必要なミスが多くありました。

 

今後を見据えるうえで様々なメンバーを起用し、試合をすることができことはとてもよかったと思います。

しかし、そのことでチームワークに悪影響が出てしまっていました。

1本目や2本目のボールに対する責任の所在があいまいで、失点につながってしまうことが多々ありました。

そのことを十分に反省し、一個ずつ修正していければと思います。

 

また、相手チームは守備が固くブロックやレシーブがしっかり整っていました。

拾われ続けてしまったり、ブロックにかかったりと攻撃のテンポが悪くなったときに

どのように工夫できるのか各々で考え、秋季リーグまでに身につける必要があると思います。

 

ポジション

L:羽田(3年#5)及川(1年#13)羽田野(1年#16)
C:木俣(3年#7)濱野(1年#14)笹本(1年#19)
R:阪本(3年#6)
S:本澤(2年#9)
Li:九冨(1年#15)

 

 

トーナメント3回戦

立教大学 vs 日本体育大学

1セット目 20 - 25 

2セット目 20 - 25

3セット目 12 - 25

 

以上の結果をもちましてセット数0 - 3で日本体育大学の勝利となりました。

敗戦してしまいましたが、1部のチームとの対戦はとても良い経験になりました。

 

1セット目は、ほとんどが相手のミスによる得点でしたが、

2セット目からはサイド、センターともにコースを狙って打てており1点1点着実に点を獲得できていました。

 

しかし、サーブなどで相手のレシーブを乱すことは難しく、

しっかりと2枚ブロックがつける場面は少なかったように思います。

それによりディグもなかなか2本目までつなげられず、あまりブレイクまで持ち込められませんでした。

 

また、試合終盤にはだんだんと点が取れなくなり、

最後は相手チームによる一方的な試合展開になってしまいました。

まだまだチームとしての未熟さが感じられた1戦でした。

 

ポジション

L:羽田(3年#5)及川(1年#13)
C:濱野(1年#14)笹本(1年#19)
R:阪本(3年#6)
S:本澤(2年#9)
Li:九冨(1年#15)

 

以上の結果から、2018年度の東日本インカレはベスト16という結果を残すことができました。

自分たちの成長を感じるとともに、新たな可能性を発見でき、多くの収穫がありました。

8月の同支社立教定期戦、さらに9月に開幕する秋季リーグ戦では、一層レベルアップした姿を披露できればと思います。

 

OBの方々をはじめ、応援に来てくださった皆様ありがとうございました。

 

3年 相良帆南

立教大学体育会バレーボール部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス