訳なく涙が出る、

ことってあるけど、
どんなに追求されても理由は説明できない。


それに対してわたしはずっと、
言葉が足りないから、
と、思っていた。


でも今思うのは言葉が足りないのではなくて、
そもそも本当に理由はないのだ。


すなわち
感情をすっとばして、涙が産まれるという身体の一現象が起きているだけで。

何か感情が起こるゆえの涙ではないのだ。

感情とよりもディープに繋がっている、全ての情報の源と繋がれた瞬間に、涙が出るようにプログラミングされていて。


だから答えを求めるとしたら、
感情や気持ちを問うのではなくて、
身体の感覚と気分(=快不快)を問うのだ。