鈴木杏・本仮屋ユイカ 吉祥天女 舞台挨拶&プレミア試写会 | 文才がなくても描けるドラマ脚本術
2007-06-26 22:16:55

鈴木杏・本仮屋ユイカ 吉祥天女 舞台挨拶&プレミア試写会

テーマ:CyberBuzz

アロハ♪
生で鈴木杏・本仮屋ユイカを見てご機嫌のGOです!


CyberBuzzのイベントで
吉祥天女」舞台挨拶&プレミア試写会に行ってきました!


ann


鈴木杏ちゃんといえば、ドラマ「青い鳥」でトヨエツを駅長さんって
呼ぶカワイイ少女を思い出します。

ぼくのなかでは、宮崎あおいちゃんと鈴木杏ちゃんは
名子役だと思っていたが、すっかり大人になりましたね♪

宮崎あおいちゃんは結婚しましたし。


舞台挨拶では
鈴木杏ちゃん・本仮屋ユイカちゃんが着物で登場。

やはり、女優さん。
実物見ると本当にキレイ。


aann


特に、本仮屋ユイカちゃんはTVよりも
スッゲー、カワイイ!!(顔、ちぃっちぇーーー)


映画観る前に
すっかり、満足しちゃいましたよ・笑

CyberBuzz会員で良かったと思った瞬間ですね。


そろそろ、映画の話を。


原作は
吉田秋生の傑作少女漫画(コミック)です。

映画「吉祥天女」は、天女の羽衣が誘う、せつなくも美しい男女の悲恋。

「天女の衣に触れた女は幸せになるが、一方、これに触れた男には祟りがある・・。」
「いったい何故、誰もが”小夜子”に惹きつけられるのか?」

日本映画界を担う若手実力派キャストが集結!

悲劇のヒロイン・叶小夜子を演じるのは、若手実力派NO.1の”鈴木 杏”。
これまでは明るく元気な役柄を演じることが多かった彼女ですが、今回は大人びた妖艶な少女という、全く違うタイプの役柄で新境地を開拓!普段見れない鈴木 杏が見れますよ!
共演は、本仮屋ユイカ、勝地涼。TV、映画と幅広く活躍する若手俳優が顔を揃えております。

初夏 全国ロードショー!!



ざっくり言うと、
天女の衣伝説をからめて
ヒロイン・叶小夜子の復習の物語かな。


監督は、癒しの物語と言っていましたが、、、



映画のみどころの一つとして
鈴木杏ちゃんが、魔性の女を体当たりで演じてくれました。


ぼくの好みとしては、
小夜子(鈴木杏)をもっと悪女にして欲しかったなあ。

ちょっと、中途半端だったので
テンポというか、主人公の心のふり幅があまり描けてないと感じました。
(ぼくの好みですが)


会話のシーンなどは、
セリフを言う人の顔を交互に映すのを多用していましたね。

これは、臨場感が出て良かったです!!


それと、
鈴木杏ちゃんは、やっぱり元気な女の子役がいいなああ。
岩井俊二の「花とアリス」のはな役とかね♪



○今回のブログ『面白い/役に立った』と思われた方は、今すぐクリックお願いします♪
           ↓
人気blogランキング


夢を語る技術〈5〉神話の法則―ライターズ・ジャーニー  

 絶対最強シナリオ講座 シナリオの書き方2007 第1回

シナリオの書き方2007 第2回 シナリオの形式

シナリオの書き方2007 第3回 ウォーターボーイズ(前編)

文才がなくても描けるドラマ脚本術のblogランキングは?

文才がなくても描けるドラマ脚本術TOPへ  人気blogランキング  

文才がなくても描けるドラマ脚本術目次へ







er




an

storyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス