冬の給湯器トラブル

テーマ:

冬も真っ只中、寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

 

夏のエアコン故障ラッシュが終わりを告げたと思えば、

今度は給湯器故障ラッシュがスタート。

急な出費にお困りのオーナー様も多いのではないでしょうか。

 

なぜ冬に給湯器が壊れやすいかと言いますと、

季節的に給湯する頻度が増え過度な負担が掛かること、

配管が凍結して破損することなどが主な原因として考えられています。

 

また、設置場所や使い方により変わりますが、給湯器の平均耐用年数は8年~10年と言われており寿命で壊れる場合もあります。

 

寒い冬に給湯器が壊れ、入居者様より「早く直して!」と急かされることもしばしば。しかし、給湯器は安くなく数万円~数十万円の品物までございます。新築から10年以上経過した給湯器が、立て続けに壊れるというケースも珍しくはありません。

 

10年以上経過した給湯器は、故障する前に交換をお勧めしますが、実際にはなかなかハードルが高いところです。

故障の際は、もちろん修理・交換が必要になるわけですが、

物件が都市ガスの場合は、まずメーカーに修理を依頼します。

プロパンガスの場合は、供給会社に連絡しますと、個別の給湯器の型式・使用年数を把握している場合が多くすぐに適切な対応をしてくれるはずです。

冬の時期は、給湯器メーカーや対応業者が混み合いますので、

修理・交換に時間が掛かるケースも多いです。

10年以上経過した給湯器をご利用されている場合には、急な故障に備え、あらかじめ連絡先や費用等を確認・準備しておくことをお勧めします。

 

ストーンズでもメーカーや対応業者など数社とのお付き合いがございますので、トラブルの際は是非ご用命ください。

また、管理プランではオーナー様に急なご負担が生じない「設備保証特約」を用意しており、おかげさまでご好評いただいているところです。

度重なる設備故障に頭を抱えているオーナー様、不安を抱えているオーナー様がおりましたら、お気軽にご相談ください。

 

キラキラSTONE’S RENOVATIONキラキラ