STONE'S トピックス

不動産に関する旬な話題をピックアップしてお届けします。
またストーンズの業務やイベントなどもわかり易くお伝えできればと思います。


テーマ:

電力の自由化に伴い、賃貸物件の電気メーターが急速に

スマートメーター(デジタルタイプのもの)に変わってきています。

 

建物で電気料金を一括払いしているアパート・マンションは別ですが、

基本的に入居者が自由に供給会社を選んで契約することが可能になりました。

入居者は自分の生活スタイルに合わせて、プランを選択することが可能となり、選ぶプランによっては、電気代が随分安く出来るようです。

 

メリットは電力会社側にもあります。

元々、メーターは検針員が測定し、これを元に毎月の電気料金を計算していました。今は遠隔地からメーター情報を読み取ることが出来るため、メーター検針員の人権費が大幅に削減されたはずです。

 

 

良いことばかりのスマートメーターですが、賃貸物件を管理する弊社においては、多少困ったことも出てきており、対応に苦慮しています。

 

退去に伴い電力供給停止の連絡を入居者がすることによって、遠隔操作により指定された日に電力の供給が完全ストップすることが可能になりました。

この連絡を退去立会日の前日に設定してしまうと、室内を確認する際に、照明を点灯する・換気扇を回す・エアコンの作動等のチェックをすることができません。その後のリフォームや部屋探しの内見時の際にも電気を利用することになるので、これは避けなければなりません。

 

スマートメーター導入前は、ブレーカーを上げて電気を利用する際には、電力会社に契約開始の届けをする必要はありましたが、新しい契約者から電気の使用開始届けが出た際に、判明した差額利用分の請求を受けていた為、都度の開始・停止の連絡は省略していました。それが今はできなくなりました。

 

この状況を解消する為、弊社では以下作業を事前に行うことにしています。

●解約立会日に合わせて弊社から電気使用開始の届けをする。(前入居者の契約と被っている場合は契約終了翌日から使用開始とする)

●リフォーム時も、その後の募集時もそのまま契約したままにする。(内見時に電気が点かないことがないように)

●新入居者の起算前日で電気の使用停止届けをする。

 

以上の内容を入退去に合わせて実施しているため、月に退去と入居が各数十件から100件程ある弊社にとってはひと作業です。

 

最近、ストーンズからの空き部屋の電気料金が増えていると感じているオーナー様もいらっしゃると思いますが、原因はスマートメーター導入に伴う対応によるものです。何卒ご理解をお願い申し上げます。

また、管理会社に委託をされていないオーナー様は以上の対応をすることが望まれます。

 

デジタルの影でアナログ作業に追われることになるとは悲しい話です。

 

キラキラSTONE’S ROOMキラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ストーンズ スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。