STONE'S トピックス

不動産に関する旬な話題をピックアップしてお届けします。
またストーンズの業務やイベントなどもわかり易くお伝えできればと思います。


テーマ:

私たちが普段何気なく使っている言葉の中には、意外と建築用語が多く使われているのをご存じでしょうか? 今回はそんな建築用語を使った言葉をいくつか紹介します。

 

 羽目をはずす

調子に乗りすぎて度を超すことで、お酒の席で飲みすぎて羽目をはずしてしまったなどと使われることがあります。羽目とは、板を並べて張ること、又は張ったもののことで、きれいに並べて張った羽目をはずしてしまうと、柱などがむき出しになってしまい常識では考えられない状態になる。また、見た目にも格好の悪い様になってしまうことから、常軌を逸した状態、無様な様子をさす言葉になったと言われています。

 

 こけら落とし

劇場などが新しく完成して最初の公演などが行われる際に使われる言葉です。

こけらとは材木を削った時や木を切った時にできる細かい木くずのことです。建物が完成し、最後に屋根に残った木くず(こけら)を払い落すところから劇場が完成し、公演ができるようになったことの意として使われるようになり、次第に初公演のことを指すようになったと言われています。

 

 几帳面

物事を正確に行い、いい加減にしなことを几帳面と言います。『几帳面』の『几帳』は室内調度品の1つと言われています。

どのようなものかというと、部屋の仕切りとか風よけなどに使われていた、つい立てのようなものです。その几帳の柱の角を丸く削って両側に一筋の削り目を入れて見た目を美しく仕上げたものを『几帳面』と呼んでいます。このような細かい装飾は、職人がきちんと正確に作業をしなければ、美しく仕上がりません。これが転じて、物事をきちんと行うまじめな人を、几帳面な人と言うようになったと言われています。
 そのほかにも『しのぎを削る』や『うだつが上がらない』、『結構』など建築用語を由来とした言葉はたくさんありますが、『住まい』は人の生活には欠かせないものです。よって建築用語に関する事柄が語源になっている言葉が多いのも納得出来ます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ストーンズ スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。