戦後、住宅の「量」の確保を追及していた日本の住宅政策は、

住宅の量が充足した現在、住生活元年ともいわれる2006年の「住生活基本法」制定などを経て、

「新築住宅」の供給から「既存住宅(中古住宅)」の質の向上へと舵を切っています。

 

その様な流れの中、2016年5月に宅地建物取引業法の一部を改正する法律が成立。

中古住宅の質を向上させ、消費者が安心して中古住宅の売買ができる環境を整えることで

売買(流通)を活性化することを目的として、次の図のとおり、建物状況調査

(インスペクション)の実施や既存住宅瑕疵保険の加入を促すこととなりました。

 

 

 


【図】宅建業法改正の内容とメリット(出典:国土交通省「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案 概要」より転載)

 

 

そして、2016年に成立した法律が2018年4月に施行となり、

図の【新たな措置内容】①②③のとおり、インスペクションを中心とした対応が義務化されました。

また、「賃貸」でも「消費者(借主)保護」の観点から一部義務化されています。

 

ここでいうインスペクションとは、過去1年以内に「中古住宅」の

劣化・不具合の有無を目視・計測などにより調査されたものです。

また、インスペクションは任意調査で、依頼者(売主や買主など)の要請に応じて、

既存住宅状況調査技術者により調査(有料)が実施されたものを指します。

 

賃貸においては、今回の改正ポイントが「流通」であるという点を踏まえると、

売買などの影響を受けた感が否めませんが、

義務化された以上、宅建業者としては対応しなければなりません。

 

このたびの施行に伴い、賃貸においても今後は宅建業者から

オーナーの皆様へのインスペクションに関する確認連絡が増え、

インスペクションを実施している物件を所有されているオーナー様には、

調査報告書の提出対応などが生じます。

売買との相違する点、賃貸における実務の詳細につきましては、

またの機会にご紹介させていただきますが、ご不明な点がありましたら

賃貸専門のストーンズまでお気軽にお問い合わせください。

 

キラキラSTONE’S RENOVATIONキラキラ

皆様は、所有されている賃貸物件にどのような防犯対策をされていますか?

春に新しい生活を迎えるお客様は多く、進学、就職、転勤などで知らない土地にて生活することとなり、胸を躍らせるような期待と若干の不安を抱えていらっしゃいます。

 

冬から春にかけての侵入窃盗の認知件数は約8万6000件(平成27年警察庁統計)。なんと「20分に1戸」のペースで被害が発生しています。

 

年末年始を含め、家を空けることが多くなることが要因のようですが、その中でも「空き巣」が全体の約6割を占めています。

 

では、どのようにしたら空き巣の被害を減らすことができるのでしょうか?

ズバリ「家から出ないで常に部屋の中に居る」ことです。

とはいえ、そんなことはできませんよね。空き巣対策としては「この物件は入りづらいかも」と一瞬でも躊躇する対策が必要となります。

 

空き巣犯が嫌がること・・・

それは「音・光・目・時間」と言われています。

 

物件周辺が土・アスファルト敷きの場合は、足【音】がしないことで周囲に感知されなくなります。侵入経路になりそうな通路は「踏むと音が出る防犯砂利」などで対策することができます。

また、夜間【光】が少ない物件は、センサーライトを設置すると効果的です。

そして、共用部や建物周辺にゴミなどが放置されている場合は、人の【目】が届いていないと判断されます。できる限り、共用部は綺麗な状態を維持することが大切です。

最後に窓ガラス。空き巣犯のおよそ半数は窓からの侵入です。防犯フィルム・補助錠(ダブルロック)にすることで侵入に【時間】が掛かります。空き巣犯は「侵入に5分以上掛かると7割が諦める」という統計がありますので、窓ガラスへの対策も有効です。

 

他にも、もっとお金を掛けて防犯する術は多数ありますが、まずは、費用を抑えながら空き巣犯に「入りずらい」と思われる物件を目指し、1つずつ防犯対策を始めてみてはいかがでしょうか。

きっと入居者の満足度が向上すれば、長期入居へと繋がる取り組みにもなるはずです。

 

キラキラSTONE’S HOUSEキラキラ

ペットと共に生きる家

テーマ:

最近ペットブームを反映してか、ペットを室内で飼う方の割合が高くなって来ていて、お部屋探しの際に“ペット可”を条件にされる方も少なくありません。

 

そんな状況だからこそ増えているのが、“ペットと共に生きる”をコンセプトにした物件です。

従来のペット可物件と違って、ペットのことを健康面・安全面など様々な面から配慮し、動物の行動や習性を考慮した上での動線づくりは、より人と動物が共に過ごしやすい空間となっています。

 

例えば、猫が室内でも飽きずに過ごせるようキャットステップやキャットウォークがあったり、専用の爪とぎ柱があったり。これは飼い主さんにとっては、大切な家具や壁紙を傷つけられずに済むという利点があります。

 

また、犬を飼っている方にとっては嬉しいドックランつきやグルーミングスペースが確保されているところもあり、様々な形でペットと共に生きるというお家のつくりに反映されています。

 

最近では、ペットだけでお留守番させておくのが心配という方向けに、携帯で室内のペットの様子を見ながら呼びかけたり、エサをあげたりすることが出来る機械も出てきており、便利な世の中になったなぁとビックリしています(笑)

 

共に人生を歩むパートナーとして、ペットとのびのびと過ごすことの出来る空間づくりに目を向けることで、他のお部屋とはまた違ったお部屋の魅力を引き出せるかもしれません。

 

キラキラSTONE’S PRODUCEキラキラ