4月5日より

願書案内がはじまります。

 

願書取り寄せは、このブログ上部にリンクしています文部科学省のページよりできます。

もしくは、近くの教育委員会にも置いてあります。

 

 

 

そして、いざ、試験は、

国・数・英・理・社すべての教科ですが、

中学までの勉強もまともにしてきてへんしなあ、って、方でも、ちょっと本気の家庭学習で十分合格できます。

英語や、社会の歴史などは、少し時間をかけてじっくり勉強したいですが、

あとの教科は、

ちょこっとの要領よく的をしぼった短期学習で十分に合格できます。

 

また試験は年2回、何度でも不合格だった教科のみを受験していくことができるので、

まずは運試しに受けてみて

合格できなかった教科のみを次に勉強して受験することも可能ですし、

何教科かずつ受験することも可能です。

 

そして一度合格した教科は、何年たってもその合格資格は保持され、免除されます。

 

また科目によっては、すごく端的に「これだけは覚えてもらえたら、合格できますよ」という

超的を得たあんちょこをお伝えすることもできますし、

合格までを、できるだけ余分なことを省き

無駄なく合格に導くこともお伝えしています。

 

わざわざ

高認合格のための予備校などに高額なお金を投資する必要もありません。

 

前回、前々回と書いてきましたが、

ほんとにほんとに難しい試験ではありません。

 

すべての教科100点満点中40点以上で合格です。

 

 

 

すでに中卒で働いている方のスキルアップもできます。

いろんなスキルアップの資格試験って、意外と高卒資格を有するものが多いですが、

そういうものの受験資格対象にもなります。

中卒だからとあきらめていた、大学や専門学校への進学もできます。

高卒レベルの公務員試験に受験することも可能です。

 

 

あと、ね、高校を、留年してもた。退学なってもた、、、、なんてときも、心配無用!!

高校1年をまるまるいかれた方の場合

1年生で取得できてる単位は、

たとえ、退学になったとしてても、有効です。免除されたうえで、受験可能です。

 

 

とりあえず

まずは16歳以上まだ高卒資格をもっていないすべての方に

知ってほしい資格です。

 

 

安易にとれるものです!

持ってて損はない資格です。

 

とにかく

たくさんの人に

この情報が届き

興味をもってもらうことができたらいいなとおもいます。

 

 

 

AD

先日は、新高校1年生の方へ、高卒認定試験っていう試験があるんですよ。

 

今春高校入試されたみなさん、全員、4月5日から配布される願書を取り寄せ(ネットで簡単に取り寄せれます)、願書を自分で提出して、

受け取った受験票をもって、

8月2日、3日試験日に会場で試験を受け、結果を待つのみ。

 

合格基準は40点

ハードルは低い!高校入試勉強をされた余力で十分に合格できます。

自信ない教科は問い合わせてください。

どなたでも、合格できるように、導きます。そんな案内をしました。

 

 

自転車保険とかはいる感覚でぜひ受験してください!!!

なぜ、そこまですすめるかは、昨日の記事を読んでください。

 
 
さて、今日は、新高校2年生になられる方に、特におすすめします
 
本来は、しつこくしつこく言いますが、16歳以上の高卒資格まだない方全員におすすめしているんですが・・・・
 
新高校2年生の方の場合は、1年生で履修した国語・英語・数学・・・・・など、単位とれているものは、そのまま科目免除されます。
 
普通科高校で1年の新2年生の方だと、たいてい理科社会の選択科目の履修していないものだけになります。
各1教科もしくか1教科と2教科合計3教科です。
 
で、この選択科目ですが
毎年出題範囲というものが、おおよそ決まっていますので、
校内の定期テスト対策勉強ぐらいの勉強量で、まちがいなく合格です。
 
さて、合格をしてしまえば、
今後もし、単位をおとしてしまっても
今後もし、退学になっても
今後もし、長期欠席しても、
心配無用。
 
もしくは、留学などを考えている場合、
1年まるまる留学して、帰国後日本の大学を受験するもOK。
3年生になって、とくに公立高校の場合、受験勉強しながら、3年の最後年明けまで定期テストにおわれます。
欠点が気になり、定期テスト対策に追われ、大学入試勉強がおろそかになる
なんてことも、心配無用となります。
 
実際大卒の人の学歴では
高校をどこの高校卒業したかなんて、どうでもいいことです。
卒業していようが
してなかろうが
 
 
でね、実際、、もし、高校ちゃんと卒業しなかったら、成人式行きにくい・・・って、悩みを以前聞いたことあるんですが、
 
心配無用!
成人式は、席にしても、同窓会にしても、すべてね、
中学で集まります
高校は関係ないです♪
 
 
 
まあ、まあ言います
 
とにかく高認試験受けといて損はない!!
 
 
ただし、科目免除してもらうためには
高1のとき在籍の高校で、科目免除の書類の記入をおねがいしないといけませんが、
この試験は文部科学省が行う試験なので、
たかが高校の先生に、NO は言えません。
免除用紙書かないなんて言わせません、言えません。
 
ですので、気にしないで
ご父兄の方が、ぜひ、高校先生におねがいしてください
 
「高認試験受けたいから、科目免除の用紙書いてください」と。
 
 
 
 
そして、高認試験受験してください。
 
資格を行使するもしないも自由
それでも、一応受けておいてください。
 
保険感覚で。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD

新高校1年生の方、すべてに受験してみてほしい。

 

「高卒認定試験」

難しいものではありません。

合格基準は、明確克つ低いです。

 

もし、必要であれば、サポートします。きっちりと。

 

普通に高校入試ででてきたような問題のもっとストレートなありきたりの設問なので

容易にとけます。

 

過去問と設問範囲はおなじなので、苦手な科目もちょこっとの勉強で、合格できます

 

合格点は41点からです。

 

完全にサポートします。

願書書き方から受験まで。

合格後の大学進学アドバイスもさせていただきます。

 

http://gokaku.top/

お問い合わせください。

 

 

 

AD
今年もいよいよ
4月5日から、高卒認定試験の応募要項が配布されます。
試験は夏休み 8月2日、3日です。
今年中学を卒業されたお子様にぜひおすすめください。
これからはじまる高校生活の保険に(^^♪

この試験に合格しておけば、大学進学を一般試験で受ける場合は
高校を中退しても
高校を最悪な通知結果であっても、
大丈夫です。
本当に行きたくないと感じた時、辞める決断もいつでも
できます。

高校に行くなとか、高校の生活を適当に送れって言ってるわけではないです。
ただ、
いつでも、どのタイミングでやめてもリスクがない状態で、高校生活を送ってくださいと、
おもいます。
奴隷のような教師の扱いを受けた時、内申点を恐れ、NOと言えないで耐え続けるか
対処できない教師も対処してくれないいじめにあったとき、学校に行かない選択ができる
どうにもこうにも学校の勉強が邪魔で、入試に影響するとき、学校に行かない選択ができる

学校に行かない選択
あまりにも理不尽な扱いをうけたとき、NOと言える保険です。

「いつでもどこでも、辞める選択を恐れないでいれる状態で、
自分が行こうと決めて、学校に行くのです」

また、めちゃくちゃ成績はいいけど、出席日数が気になって、
行くことは勉強の妨げになる
それでも、学校に行くしかない情況のとき、
無理に学校に行かなくても、
大学受験に専念し、早い時期から、大学入試のためだけの勉強に切り替え
専念することで、
時間がないからね、と、志望校を下げる必要がなくなるのです。
 
まずは進めたいです
今春、高校に合格した新高校1年生の方、できればすべての方に、受けてほしい。
合格してほしいです。
できるんです、合格!ほんのちょっと一夜漬けで勉強するだけでね。
そして高校2年生に進級された方にも受けてほしいです。1年生で取得できた科目は免除になるので
少ない科目で、余裕で合格狙えます。
もちろん
中学卒業したけど、高校いかなかったけど、大学行きたい方
中卒だけど、公務員めざしたい方
中退しちゃったけど、進学したい方
とりあえずは、学歴ほしい方

16歳以上のすべてのまだ高卒資格もっていない方におすすめします。
 
 
賛否両論いろいろあるとおもうけど
私は
この資格
こんなに簡単に安価に
16歳で得れる
権利
わざわざ
知った以上放棄するのはもったいないよと
本気で、思っています
なので、
言い続けます

親御さんは、
こどもに、とりあえずは
こんなことできるんだよ、とは
伝えてほしいです

新高1の方が
受験するにあたっては、
だれの許可もいりません。
だれの制約も受けません
ただ、申し込めば受験できます。
合格したからとて
学校がどうこういうこともないです。
 
ほんとに、
なんのデメリットもありません。

おすすめします。切実に。

使わなかったら、それでよし。
使う機会があれば よかったね~
そんな試験だとおもいます。
 

今日、高認試験2回目の結果通知が送られているようです。

 

いかがでしたか?

 

合否どちらであっても、今後の方向や指針

アドバイスをさせていただきますので、

ぜひお問い合わせください。

 

 

高校1年生・2年生の方で合格をゲットされた場合、

今後の学習の在り方や、

生活スタイルは変わらなくても

きっとなにか、心にスペースが生まれているのではないでしょうか?

 

また高校3年生で合格をゲットされた方は、卒業に向けて

取得できていなかった教科への代替として、校長先生に交渉してみるとか、

一般入試を狙ってる場合、高卒認定試験合格書をもって、大学入試に挑まれても

なんら、不利益はないってことを念頭においといていただき、もしも、必要であるならば、

合格証の請求を、出願する学校・学科数にあわせて、申請してください。

 

また、今高校3年生に該当する年齢以上の方は、

この合格証をもって、各種公務員試験・警察官試験などの試験を受験できるようになります。来年度、受験を狙われる方は、ぜひ、今から、赤本で試験クリアにむけて、がんばってください。公務員試験は、一般職高卒レベル試験であれば、赤本を熟読し、理解すれば、大丈夫です。また、地域によって倍率はすごい格差があります。また〇〇市と〇〇町役場とか〇〇市と△△市など、地域によって、試験日が異なるものもありますので、

そのへんの下調べなどは、ご相談ください。

 

18歳以上で、専門家アドバイスを受けれない中、大学受験をかんがえられている方も、ぜひ、ご相談ください。

 

 

 

 

こちらの活動は、NPO法人未来育プロジェクトが、サポートしています。

 

もし、この活動にご賛同いただけましたら、または、この活動を応援していただけ

ましたら、ぜひ、

未来育プロジェクトへの会員登録をおねがいします。

 

会員登録いただいた方へは、

通常有料サポートさせていただいてますが、

1回限り無料で、とことん相談サポート(中学生の方の内申点UPアドバイス・高校選択方法のアドバイス・大学入試アドバイス)をさせていただきます。

 

また、月2回

ちょっと工夫でとことん節約、さまざまな節約ポイントを

だれにでも手軽に、実証できるものを、わかりやすく書いた「節約だより」を配布させていただきます。

 

http://ameblo.jp/stone-fence2/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

 

 

入会金(初年度のみ) 1000円

年会費  1000円

 

 

 

詳細は、お問い合わせページよりお問い合わせください。