2月10日(日)、山形ワイヴァンズとファイティングイーグルス名古屋との2戦目。


この日は、前日に続いて、よしもとクリエイティブ・エージェンシーのフルーツポンチの村上健志さん、ライスの田所仁さんと関町知弘さん、ソラシドの本坊元児さんと水口靖一郎さんが、2000人を超える来場者を楽しませてくれた。

山形の住みます芸人のソラシドは、2日連続で登場である。

近々、ご飯でも食べてねぎらいたいと思う。



前日のフットボールアワーの後藤さんに続いて登場した皆さん。

コチラも、「運動は苦手な芸人」と、呼ばれているらしい。

特に、フルーツポンチの村上さんは、なかなかのもの。

オープニングセレモニーでさえ、とても盛り上がったのである。



この日は、明治安田生命山形支社presentsの冠マッチであり、明治安田生命山形支社の社員の方々、お客さんなど、総勢520名が、バスケットの観戦に来場くださった。

石井支社長初め、各営業所の所長の皆さん、そして、明治安田生命キャラクターのライト君が、ご挨拶をされる。

石井支社長の押し出しの強さと、歯切れの良いスピーチは、さすがであり、心にしっかり伝わってきたのである。

「政治家以上の話だった!さすが最年少支社長ですね!」と、声をかける。

この日は、試合後、明治安田生命山形支社のお客様と、山形ワイヴァンズの選手たち、そしてよしもとクリエイティブ・エージェンシーの芸人の皆さんが、プチ・パーティーを開き懇親を温める予定。



山形ワイヴァンズのメンバーは、この日こそ、強豪のファイティングイーグルス名古屋へ一矢報いたいところである。



第1クォーターは、山形ワイヴァンズが20得点、Fイーグルス名古屋は11点と、ワイヴァンズとしては快心の出だしであった。

チュウのダンク、ジーノのシュート、河野のスリーポイント。

前半は、山形ワイヴァンズリードで終える。



ハーフタイムは、お待ちかねの「よしもと、運動が苦手な芸人、バスケットボール対決!」

テレビ番組のアメトークでも、お馴染みのシーン。



皆さんが、真剣にやっているだけに、とても面白く、会場は大盛り上がり!

流石の動きである。



トークでも、アナウンスの「ワンショット!」や、審判のファウルのジェスチャーを真似て、会場を湧かせた。



そして、後半に向けて、「ワイヴァンズ、今日は勝つぞー」と、会場を盛り上げてくれた。



城北高校のダンスパフォーマンス。
かなり上手いと思う。



ワイヴァンズチアアカデミーの子どもたち。
すでに100名を超えている。
いずれ、ワイヴァンズチアになってほしい。



会場に詰めかけた、多くのファンやブースターの皆さん。

接戦であったが、山形ワイヴァンズは逆転負け。

やはり、中地区優勝争いのファイティングイーグルス名古屋は、一枚上だった。

選手層が厚く、誰が出てきても、チームのレベルが下がらない。

控え選手と、スターティング5の差がないのだ。

チーム作りは、やはり、そこの問題に行き着く。

来季の課題であろう。



控え室で、冠スポンサーの明治安田生命山形支社の石井支社長と、フルーツポンチの村上さん、ライスさん、ソラシドさんと、みんなで記念写真。

また、山形に是非、いらっしゃってほしい!

バスケットボールの試合は真剣勝負だが、一方でエンターテイメントの側面も、しっかりコーディネートする必要がある。

千葉ジェッツの島田社長は、「会場に来てくれる人には、映画を観に来てくださるようなエンターテイメントを提供したい。バスケットの試合あり、イベントあり、コンサートやライブあり、そんな集い空間を創造する。」と、いつも話されている。

そんなことを、改めて学んだ2日間。

ますます、様々な分野とコラボレーションしていこうと思ったのである。