【投資方針】 | ひよっこ投資家Lv1の試行錯誤日記

ひよっこ投資家Lv1の試行錯誤日記

米国個別株に投資している、20代後半サラリーマンの日記です。
確定拠出年金や積み立てNISAでインデックス運用もしていますが
個別株の話がメインです。

ひよっこ投資家Lv1です。

私は以下の投資方針に

則て投資していきます。

 

①投資対象アセットクラス

預金、個別株式、

投資信託(確定拠出年金、

積み立てNISAのみ)

 

②アセットアロケーション

生活防衛資金を除き、

毎月買い増しができる預金

(ひと月13万前後)を

常に確保しておくこと以外は

特にアセットの比率は気にしない

(いい株が妥当な値段で買えるなら買い、

なければ現金のまま置いておく)。

 

③個別株銘柄選択基準

1)事業の魅力度、2)利益の使い方

、3)バリエーションの3点を考慮し、

自分が認識している銘柄の範囲内で

最も良い銘柄を選択する。

 

1)事業の魅力度

a.競合他社に対する

強い競争優位性、

新規参入者に対する

高い参入障壁があるか。

 

・無形資産

(ブランドや規制、特許など)、

・規模の経済、

・ネットワーク効果、

・高い乗り換えコストの中から

2つ以上あること。

 

 

b.それを裏付ける高い収益性があるか。

・投下資本利益率(roic)

・営業キャッシュフローマージン

・総資本回転率を競合他社と比較し、

高い水準を維持していること

 

c.その高収益はどれほど続きそうか。

 

d.今後成長がみこめる

市場はどこか(定性的)、

その成長率は定量的にどのくらいか。

→成長が株主リターンに

繋がらなければならないので、

roic-wacc(加重平均資本コスト)が

プラスになっていることが前提です。

 

e.その成長はいつまで見込めそうか。

 

2)利益の使い方

 (キャピタルアロケーション)

株主還元(自社株買いと配当)を

継続的にしていること。

 

3)バリエーション

<シクリカル企業>

バリエーションの判断は

飛ばします。

 

<ノンシクリカル企業>

EV/EBIT倍率と

今後の予想成長率の

変化率を考えて

妥当あるいは割安な

水準であること。

 

→バリエーションの指標が

PERではない理由は二つあります。

EVを分子にもってきているのは、

株主資本(→株価の結集)だけではなく、

負債も考慮する必要があると

思っているからです。

EBITを分母をもってきているのは、

いまの会計制度では当期純利益が

その企業の株主にとっての

本当の利益ではないことが

多々あるかたです。

 

④株式購入タイミング

次のうちいずれかに該当した時。

1)その企業のBad newsにより

株価が大きく下落した時

 

2)以上全体の投資家心理が

大きく悪化した時

(VIX指数が大きく伸びた時)

 

⑤株式売却タイミング

次のうちいずれかに該当した時。

1)事業の魅力度と

利益の使い方が変化し、

長期投資に適さないと

判断した時

 

2)銘柄選択基準に照らし、

より優先して投資すべき

銘柄が見つかった時

 

⑥分散について

特に銘柄数の下限や上限、

セクターのバランス等は

考慮しません。

 

ただし、シャープレシオ

(ボラティリティに対する

リターンの度合い)を高めるために

ベータ値が高い銘柄と低い銘柄の

割合が半分ずつ程度に

なるようにします。

 

⑦パフォーマンスについて

日次、週次、月次で適切な

インデックスファンド

(ベンチマーク)と比較して

アルファを稼げているかを

チェックし、自分の投資を

見直します。

 

いまは米国の大型銘柄に

投資しているので

ベンチマークはS&P500です。

 

なぜインデックスファンドと

比較するかといえば、

インデックスファンドと比べて

リターンがよくなければ、

あえて個別株を自分で選んで

投資している意味がないからです。

 

 

更新の励みになるので

応援のポチをお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株ランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

Twitterやってます。

宜しければフォローをお願い致します。