kazuのブログ

kazuのブログ

サラリーマン社長のムービートラベル

最近、60歳になるとシニア割引があるというのを知りました。今更なんですが。8月にめでたく還暦になりました。赤いちゃんちゃんこは来ませんでした。同級生で着せられた奴がおります。別の友人の言葉を借りれば「妖怪やんけ」。

こうは言われたくありません。しかし、まあこれで前売券を買うことも、金券ショップを徘徊する必要もなくなったしって訳なんですが、なんか寂しい。映画館の会員券はもう入る必要もなくなったし、これからは身分証一つで1,200円で観られるわけなんですが、まっ年は取りたくないね。

しかし週2の映画鑑賞はきつい。仕事の合間に1週間で2本の投稿はきついですわ。で、正体不明の作品「ドント・ウォーリー・ダーリン」。こういう映画はねぇ、後半うっかりぼぉーっと観ていると置いていかれます。えっなに、なに、なに、なに、なにって具合に。映画、作品自体がだまし絵のようになっているんですよね。物語は一組の若い夫婦を中心に展開していきます。幸せに対する渇望、幸せ=裕福な生活。この方程式が存在する限り、幸せにどん欲になる人間。SFに名を借りた社会派ドラマです。

アリスは愛する夫ジャックと暮らす若妻。ここ広大な荒野の真ん中に存在するここヴィクトリータウンはまさにユートピア。二人は毎夜繰り広げられるパーティーで隣人たちと共に騒ぎ立て、「幸せ」の絶頂にいた。だがこの町にはルールがあり夫の仕事の内容を聞いてはならない。町から出てはいけない。パーティには必ず夫人同伴でなければならない。専業主婦でなければならない。夫に仕事の内容を聞いてはならない。町の本部に行ってならない。朝目覚めると朝食を取り、夫たちは高級車に乗って一斉に荒野を駆って本部へ向かう。妻たちは家の清掃を片付けたらダンスにショッピング、お茶会のおしゃべり。そして夫の帰りを待つ。夜は豪華な夕食かどこかの家でパーティー。そんな裕福な生活を続ける中、ある日アリスは隣人のマーガレットが赤い服を着た男たちに連れ去られるのを目撃する。ジャックや主婦仲間はマーガレットは精神的に病んでいると言ったが、その日以来アリスの身の回りで奇妙な現象が起こり始める。

この町の権力者はジャックたちの上司であるフランク夫妻。フランクの元でジャックたちは働き、妻シェリーはバレエのインストラクターで妻たちの生活をどこか監視しているようである。だが皆、この裕福な生活を手放したくないかのように毎日、同じような生活を繰り返す。だがある日、アリスはマーガレットが家の屋上で喉を切り裂き、落下していく姿を目撃する。彼女の処理に出てきたのは赤い服を着た男たち。駆け寄ろうとしたアリスは赤い服を着た男たちに取り押さえられそのまま気を失ってしまう。気が付いたときアリスはその白日夢のような光景をはっきりと覚えていた。アリスはこの町に、フランクに疑惑を持ち始める。やがてその疑惑は恐怖へと変わり、夫のジャックに「この町を出ましょう」と訴える...。

 

「仮想現実」と言ってしまえばこの作品の全貌が分かってしまう気がするのですが、もうこれ以上はこれからこの作品を観ようとする人のために話せません。(もうだいぶ話してるやんけ)

この作品の主演女優さんはフローレンスピューって言うイギリス出身の女優さん。まだ26歳だそうです。ちょうどコロナ禍が本格化するころに日本で上映された「ミッドサマー」という作品でヒロインの女子大生を演じ、その後「私の若草物語」でエマワトソンやシアーシャローナンと共演。彼女の作品を観ればまだあどけなさの残る女優さんですが芝居はうまい!そう言えば「ミッドサマー」って作品。これ異様な作品でした。正直「胸糞悪くなる」作品でしたが、作品の好き嫌いと良し悪しは別。できた作品だと思います。これもスウェーデンの閉鎖的な田舎町にいってカルト宗教に出くわすという、本作とどこか似たような作品です。そして注目すべきはもう一人、監督でこの作品にも隣人の友人役で出ているオリビアワイルド。この女優さんも初登場の時は綺麗な女優さんだと思いましたがしらん間に性格きつそうなおばちゃん女優になってますが、この人、才女なんですねぇ。女優の傍ら監督やプロデューサーまでこなすとのこと。手がけているのはこれだけじゃないそう。とにかく最初に言いましたが後半ぼんやり観ていると置いて行かれる作品ですよー。 

 

 

 

待ってましたね。こういう作品。コミックヒーローはどっちかと言うとおなか一杯。製作が女優のリースウィザースプーン。アカデミー賞もとりましたね。動物学者ディーリアオーエンスって言う、女性動物学者の書いた初のフィクション作品に惚れ込み自分の制作会社で映画化権を獲得したそう。監督さんもこれまた女性監督オリヴィアニューマン。そして出演している役者さんたちは主演の少女を演じた女優さんをはじめ日本じゃ名前が知られていない人ばっかし。唯一デヴィットストラザーンて言うかなりな映画ファンでないと知らない名バイプレイヤーが少女を必死で救おうとする老弁護士役で出てますが、まあなんかとにかく新鮮な作品「ザリガニの鳴くところ」。ノーカカロライナ州の田舎町で起こった一つの殺人事件。容疑者として一人の少女が上がります。アメリカ南部の田舎町。まあ閉鎖的なところですよね。小さな田舎町じゃ人の噂も絶えない。そんなところで親に捨てられ一人生きてきた少女のここまでの人生がオーバーラップすると同時に事件の真相にこの物語は進みます。さあ事件の真相は、結末は...

ノースカロライナ州の湿地帯の田舎町で一人の青年の死体が発見される。被害者はチェイスアンドルーズと言う町の富裕層の息子。現場は湿地帯の鉄筋の櫓下。櫓の上から突き落とされた可能性がある。容疑者として逮捕されたのは町の人々から「湿地帯の少女」と呼ばれ湿地帯の森深い小屋で一人で暮らしている少女。町の人々からは気味悪がられ嫌われていた。そんな彼女に一人の老弁護士が手を差し伸べるが心を開こうとしない。

その少女カイヤの人生は悲惨そのものだった。この湿地帯の森小屋で生まれ、両親と姉たちそして兄と暮らしていたが父親はろくでなしだった。妻や子供たちにすぐ暴力をふるう、それが日常茶飯事だった。とうとう妻は耐え切れず子供たちを残して家を出てしまう。続いて姉たち、そして唯一心の支えだった兄までもが家を去る。兄は去り際「お前も早くこんなところは出ろ、危ないと思ったら母さんの言っていた『ザリガニの鳴くところ』まで逃げるんだ」そう言い残した。父親と二人の生活が始まった。着るものもろくに与えられず、父親は相変わらず飲んだくれていた。そんな彼女にやさしく接してくれたのは湿地帯で雑貨屋を営む黒人夫婦だけだった。そんなある日、去った母から手紙が届く。父はそれを読むと母が帰ってこないことを知り荒れに荒れた。母の物をすべて燃やした後、カイヤを残したまま去っていく。カイヤは幼くして一人で生きていかねばならなかった。だが彼女は湿地帯の大自然から生きていく術を学ぶ。川で取れるムール貝を雑貨屋にもっていくと雑貨屋夫婦は高値で買ってくれた。学校には行けなかったが自然がすべてを教えてくれる。カイヤが成長し少女から大人の女性に成ろうとしている頃、テイトと言う漁師の息子が彼女に声をかけてきた。最初は怖がったカイヤだったがテイトは優しく同じように湿地帯の自然を愛していた。字も教えてくれた。初めて人と接することを知り幸せを感じた彼女だったが、その幸せは長く続かなかった。テイトは大学へ行くためこの街を去る。寂しさに耐えるように彼女が書いた湿地帯に生息する生物たちのスケッチが本になり彼女の生活も少し裕福になりかけた。しかし必ず帰ると言い残して去ったテイトだったが約束した日になっても彼は帰ってこなかった。そんなカイヤの心の隙間に入ってきたのが運命の男、チェイスだったのである。

裁判の焦点は犯行時刻に彼女が次回作の本の打ち合わせに隣町のグリーンヴィルへ行っていたことに絞られた。犯行時刻に一旦、地元へ帰り早朝のバスでグリーンヴィルへ帰ってこれたのかどうか。彼女の元へ帰ってきたテイト、そして兄、雑貨屋夫婦。わずかながら彼女の無罪を信じる人たちの見守る中、判決が下される。

 

アメリカ南部の閉鎖的な町。住民の意にそぐわない者は嫌われます。時代設定は1969年。アメリカの公民権運動の末期になるのかなぁ?まだまだ差別が根強く残っている時代ですよねぇ。「アメリカ」にそぐわないものはすべて排除される「アメリカ」のいやーな部分が描かれてます。それだけに一人強く、必死で生きていく姿に観ているものはついに応援したくなってしまうのですが。これは作り上げた人々が女性であるように女性映画です。観る者は皆カイヤに心寄せます。だから最後の判決のシーンなんかはこころの中で手を合わせたりする人もいるはずです。観客も彼女の無罪を幸せを願います。チェイス?死んで当然。なんて思ったりする方も.....

しかし彼女が唯一愛したテイトさえも彼女の心の闇はついぞや知ることはありませんでした。日本語で「墓場へもっていく」という言葉がありますがその通りです。これから観ようと楽しみにしている方がいらっしゃるといけませんのでこの辺にしますが、「なんかええ映画が観たいわぁ」と思っている人は是非観て頂きたい。女性映画だとは思いますが是非男性にも。奥さんの、彼女の、心の闇が分かるかもしれません。ひとりもんの私が言うのもなんですが。とにかく「超一級のサスペンス」それだけでは語りつくせない作品です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャドウィッグボーズマンの訃報は2年前、そうコロナ禍の真っ只中、2020年8月28日でした。黒人メジャーリーガーの先駆者、かのジャッキーロビンソンを描いた「42~世界を変えた男」で主役の座を射止め、本シリーズの第一作「ブラックパンサー」で黒人スターの仲間入りを果たした彼は43歳と言う若さでこの世を去ってしまいました。この「ブラックパンサー」シリーズはまだまだ続いただろうに...。40歳にしてようやく掴んだトップスターの地位なのに、これからという時にさぞ無念だと思います。そして彼の遺志を受け継ぐように生まれたシリーズ第2弾「ブラックパンサー/ワカンダフォーエバー」が公開されました。物語は実際の出来事と同様にボーズマンが扮していたワカンダの国王にしてワカンダの守護神ブラックパンサーであるティチャラが天才科学者である妹シュリの努力も実らず世を去ると言うショッキングなシーンから始まります。国王亡きあと国を必死に守るのは母親、妹、恋人、そして勇猛果敢な女性親衛隊長といわば国の主軸は女性ばかりになっていきます。主役不在のコミックヒーロー作品。果たして...。

「国王ティチャラ死す」

この訃報は世界中を駆け巡った。国王の死後、国が喪に服しているにもかかわらず、世界中の大国がワカンダの生命線である鉱物ヴィブラニウムを狙って暗躍する。だが国王の死後、国主の座に就いた母親ラモンダ女王の見事な統率力によりなんとかヴィブラニウム流出だけは防がれていた。女王の奮闘をよそにティチャラの妹である王女シュリは愛する兄を救えなかった自責の念に駆られ研究ラボに閉じこもったままでいた。

そんな中、ワカンダ国内にしかないと思われていたヴィブラニウムを大西洋の海底でアメリカの研究チームが発見する。だが彼らを乗せたアメリカ艦隊が何者かに襲われ全滅する。容疑の眼差しは当然ワカンダ王国に向けられた。窮地に立たされた女王ラモンダと王女シュリの前に突然、一人の男が現れる。男の名は海の王国タロカンの支配者ネイモア。アメリカの研究チームを襲ったのは彼らで、その存在を知られず海底に眠るヴィブラニウムを平和利用し穏やかに暮らしていたのに対し、アメリカの探索により海底の民の生活が脅かされたという。彼らは地上へ出て世界を相手に戦う、ワカンダにも手を貸せと言う。当然の如くラモンダは撥ねつけた。ネイモアはそれならばワカンダはタロカンを敵に回すことになる、手始めにアメリカでヴィブラニウム探知機を開発した研究者を殺すと言い残し姿を消す。シュリと親衛隊長のオコエは急遽アメリカへ飛び、唯一のワカンダの理解者、CIA捜査官のエヴァレットロスに協力を仰ぐ。ヴィブラニウム探知機の開発者はなんとMITの女子大生リリウィリアムズだった。しかも、趣味の合間に偶然にもできてしまったのだという。シュリとオコエが保護に向かった時アメリカの捜査機関と遭遇、カーチェイスの真っ最中にタロカンの戦闘隊が現れ、シュリとリリが拉致されてしまう。

女王はかつてワカンダの情報機関の優秀なエージェントであり国王ティチャラの恋人であったナキアにシュリの救出を依頼する。一方、拉致されたシュリとリリは海の民タロカン人が暮らす大西洋の深海へ連れていかれたがシュリはそこでタロカンの歴史を知る。支配者ネイモアの出生の秘密、タロカンたちが地上世界の人々により虐げられ海底深くに暮らしを求めたとき、そこに眠っていたヴィブラニウムに出会い圧倒的な戦力を持っていることも...。シュリにタロカンたちへの同情心が芽生えかけた時、女王の命を受けたナキアが現れ、見事二人を救出。二人をワカンダへ連れ帰った。母ラモンダとの感激の再開もつかの間、激怒したネイモアがタロカンの軍隊を引き連れついにワカンダへ攻め入ってきた!

 

この作品、男がほんまあかんのよね、ワカンダを守る主軸は女性ばかり、ヒーロー不在のコミックヒーロー作品です。この作品自体は亡きボーズマンのレクイエムとしてなかなか面白くよくできてるなあと思いましたが、さあこれを続けるのか、妹シュリがブラックパンサーとして守護神となり世界のヒーローとして躍動するのかと言うことなんですが、うーん彼女をヒーロー、ヒロインとしてこのシリーズの主軸とするにはあまりに線が細い気が...

未開の地、第三国として世界から見られていたアフリカ大陸の小国が実は国の唯一の資源であるヴィブラニウムと言う世界最高峰のエネルギーにより世界最先端の技術を持ち、国の守護神であるブラックパンサーにより世界のどの大国にも負けない国力を誇るというこの設定に果たしてこの少女が背負えるのかと言うとなんかこれから以降の物語、線が細いという気がするんですがいかがでしょう。

 

それにしても近年のハリウッドの「映画の資源」(要するにネタ)の乏しさは何とも寂しい気がします。これを衰退と言うのか、一時の過渡期とみるのか、コロナ禍のせいだとみるのか、日本の配給会社の目が節穴なのかはわかりませんがなんか乏しい気がします。「こりゃ面白そう」と目を引くのがアメコミヒーローもんばっかりと言うのはいかがなもんでしょうね。そりゃハリウッドの物量、綺羅星の如く連なるビッグスターたちの数をみればそりゃあ勝る国はありませんが韓国映画はもう日本を飛び越え熱量はハリウッドをも凌ぎます。ハリウッドにはもっと頑張ってほしい。いい映画人がそろっとらんのかな? 

かつて私が二十歳そこそこのころ、フィルムメーカーの大御所たちに「カメラをおもちゃにした髭ズラの若造たち」と揶揄された彼らはもう70を超え、今度は彼らが大御所になってしまいました。「髭ズラの若造たち」とはスピルバークであり、コッポラであり、ルーカス達であります。次々と面白い映画を作り出しましたよ。まさに80年代、90年代を支えたのは彼らです。今、そんな名前出てきますか?今の彼らに揶揄してもらえるような名前出てきますか? 映画は脚本です。脚本を書くにはネタです。イマジネーションです。あの小さな朝鮮半島であれだけの脚本が書けるんやから安易にコミック雑誌に走ってしまう今のハリウッドってどうなんでしょう...。