情報リテラシー論 授業第12回

テーマ:

ヨコタンがロボホンに並んでプッシュしていたLifePrint

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lifeprint.lifeprintphotos&hl=ja

 

赤字続きのTwitterだが、一気に流行り始めたのは東日本大地震の影響もあるとか。電話や手紙よりもはるかに安否確認がしやすいので納得だ。

そのTwitterがテレビで取り上げられたのは、国内利用者が600万人ほどの時だ。人口の約6%。流行っているのか?と疑問だが、言い換えれば視聴率6%と捉えれば十分流行っているのだとか。

テレビを見ている時に「これは本当に流行っているのか?」という疑問も、もしかしたらこんなカラクリがあったのかもしれない。

 

 

もう一つ話題のInstagram。ハッシュタグをつけて写真を投稿するらしい(やってない)のだが、今はハッシュタグが写真に不適切な場合は表示しないようにしているのだとか。

AIの進歩はすごい。

 

なぜInstagramが流行っているのか。

楽天市場は写真の上に文字があるため広告臭い。服屋で店員に話しかけられたくないという心理に似ているかもしれない。

 

また、他サイトはモデルが被写体だがInstagramは被写体がモデルとは限らない。そのため、買う人の立場がものすごくわかりやすい。

 

今はもう、買ってもらうために情報をたくさん載せるだけの時代ではないのかもしれない。

電気屋さんのいろんな情報が貼ってあるのも少しどうにかしてほしい······

AD