喜の国の子育て

子育てってむずかしいですね


テーマ:

反抗期 真っ最中の娘は、最近とにかく怒る&泣く。


自分でしたいことがいっぱいあって、

自分の中に「こんなふうにする!」っていうのが決まっている。


それが思ったとおりにいかないと怒って泣く。


自立してきた証拠でいい成長をしている。


というのはわかるけど、実際めちゃめちゃしんどい時がある。


朝一番は「今日はにこやかママ 寛容なママでいよう」と思う。


家事中もなんだかんだとまとわりついてくる。

「ちょっと待ってね~」を連発。


余計に手間がかかるのを覚悟で手伝わせてみる。


洗濯もの干し中は シャボン玉。

おままごとの合いの手を入れつつお化粧。


暑い日差しの中 泥ダンゴ作り 1時間。


帰り道には「つかれたああああ」を励まし ゴマカシつつ歩く。


食事の野菜は食べない。


オムツは まだはいてる。

トレーニングも進まない。 替えさせない。


延々と続く鉢植えへの水やり。最終的には 水遊び。

まだまだ続く・・・


私は 子育てには向いていないと 時々思う。

特に体調の悪いとき(PMS)は最悪。


優しく接することができない。


いつもなら付き合えることに いらだちを感じて 怒ってしまう。


自己嫌悪でさらに落ち込む。


娘は本当に育てやすい おとなしいいい子なのに。


最近 爪をかむようになった。

それを怒ってしまった。


とってもいい子を傷つけてしまっているのかもしれない。

本当は私がもっと大人にならないといけない。


娘のおかげで楽しいこと幸せなことは たくさん増えた。

しんどいって思うことはバチ当たりだ。


でもしんどいんですぅ。


明日はもっと楽しい日にしようね。


ごめんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は恥ずかしながら臨月のとき並に太ってしまった。


すべての服がワンサイズUP。


やばすぎる。ほんの一口が積もり積もった。


パパとともにダイエットを決意!


一番大事なのは食事の改善。

分かっちゃいるけど料理ベタの私には至難の業。


でもがんばるよ。


とりあえず他力本願でヘルシア緑茶を1ケース購入。


夫婦2人して今日から早速はじめてみる。


たのんだぞ!高濃度茶カテキン


娘の入園式&2人目妊娠までにはなんとかしたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1ヶ月限定スポーツクラブの水泳体験入学を申し込みに行った。


乳児クラス(2~3歳)にしたんだけど、

子どもひとりでプールに入るらしい。


娘はまだママと離れて行動したことがない。


ましてや初めてのプールにひとりで入ることができるだろうか?


ママ同伴はベビー(5ヶ月~2歳)だけ。


赤ちゃんの中に入るのもなー。


ここは娘の力を信じるしかない!


ダメモトで申し込んだ。

いざとなったらママはプールサイドで見守るよ。


どんな反応を見せるかお楽しみ♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、お山の牧場に出かけた。


前回は、おととし(娘9ヶ月)に娘の離乳食を持ってきた。


地元では牧場といえばココ!

ってくらいメジャーな場所なんだけど、

そこに至るまでの道が一部険しい。


S字カーブ、完全に一台しか通れない場所が連続する。

おまけにガケ側にはガードレールもないし。


そんな悪路を通ってくるにもかかわらず、結構繁盛していた。


今回はグッドタイミングなことにバラ園のバラが満開。


お花のにおいをかいだり、落ちている花びらをひらったり、

乙女チックな時間をすごせました。


バラの迷路で鬼ごっこ&かくれんぼも楽しみました。


黒沢彫刻 そこにあった彫刻。


「これなにしてるんだろう?笛ふいてるのかな?」


「ちがうよ。シャボン玉ふいてるんだよ」


だそうです。


なんだか娘のイメージの世界を感じることが

できた気がしてうれしかった。


そうやって自分で解釈できるようになったんだね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の金曜日のこと


近所の公立幼稚園で月1回、

園児がホストとなって未就園児と遊んでくれるという

イベントがあり今回初めて参加した。


園庭は遊具がたくさんあるし、

室内もお遊戯ホールやおままごとコーナー、

金魚の水槽など設備的には充実している。


正直、公立は設備が古いとか整っていない印象が

あったけど、誤解だったかな?


受付嬢(年中さん)に名札とカードをもらって中に入ると、

いつもの公園メンバーが。


子育て支援センターなどのイベントでも

おなじみの面々がそろっている。


私もそうだけど行くタイプの人とは行く先々でお会いします(^^)


さて2階に上がると年長組の教室で熱烈お迎え。


お姉ちゃん2人に「一緒に遊ぼう!」と手をとられて娘はパニック!

いやと言えない娘は「ママママ!」としがみつき!


結局ママがやんわりとお断りして

教室のすみっこの鳥かごを見せて落ち着いた。


娘はまるで周りを見ないように鳥に集中してました。


その後 お遊戯ホールでおやつ、先生が手遊びやお歌をしてくれた。


いつものごとく娘は新しい環境になじめず、ママと遊びたがる。


すべり台にもお友だちが3人くらいいるともうその輪には入れない。


ママの手を引いて行くんだよねぇ。

ホントに内弁慶なんだから。


結局、最後にみんな解散してからのほうがのびのびと遊んでました。


お友だちと遊ぶことを無理強いするつもりはないけど、

この先大丈夫なの?ってちょっと焦る気持ちもあるんだけど。


ゆっくりとみんなになじんでいくのが娘のスタイルなのかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、自然の公園の青空広場(子育て支援のイベント)に出掛けました。


30分位遊んだら雨がパラつきだして、とうとう本降りに。
みんなあわてて解散になりました。(お弁当持って行ったのに~残念)


そのままバアバのお家に行きました。


お弁当をを食べ終わってテレビの前でお茶を飲んでいる時、
ダンサブルなラテンミュージックがスタート!


「 あなたにはもっとセクシーになる権利がある。


育毛は情熱だ! わきあがる発毛力!

  医薬品カ*ヤンガッシュ。 私も。」


すると娘は、


「あっバアバ!コレ!見て見て!パパのと一緒!」

「これねぇパパ、いっつも使ってるんよ」


パパの秘密を暴露しちゃいました。


えーなんで知ってるの?!


何気なく見てるだけなのに商品まで覚えてるなんて!
娘の鋭い洞察力に感心。


それにしてもあんまり変なトコみせられないねぇ。


無邪気に何でもしゃべっちゃうよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1歳から海水浴にデビューしている娘。


初めての海は、おっかなビックリ。

波も怖がって、ママにしがみついていました。
手に砂が触れるのもイヤだったみたい。


2歳の時は、ひとり浮き輪につかまって

「ゆ~らゆら~♪」と歌いながら楽しんでたね。


今年も海にプールにいっぱい出かける予定。

水着も新調しなくっちゃ!(去年はムリヤリ小さいのを着せてたし・・・)


地元に一軒だけのデパートに探しに行きました。

日焼けが気になるので半袖の水着を探していたら1つのショップで発見。


水着


なんてポップなんでしょう!MINI-K


普段着はユニクロ・イオン・コムサイズムのシンプル系なもの。


お出かけ着はバアバが買ってくれるミキハウスが多いウチの娘。

このブランドは初めてです。


パパとも「ポップすぎるけど水着だし。いいか!」ってことで購入。


「11,500円になります」


って高!!


でも衝動的に買っちゃった。


よーし。元をとる為に今年もガンガン海行くぞ!


それにしてもナルミヤ恐るべし。


話によると国立大付属小学校の高学年女児の

多くはナルミヤブランドを着ているそう。


おっ金持ちぃ。

でも私の好みとしては、シンプルでベーシックなものを着てほしいな。


娘も年頃になったらどんな風になるんだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月下旬にパパ方の祖父37回忌、

祖母17回忌の法事がありました。


朝、大阪にあるおじいちゃん宅に集合。


お正月に集まるメンバーが勢ぞろいで

「法事」といえども気分はウキウキ楽しいムード。


まずは、お坊さん(ちょっとなかやまきんに君似)が来て、

いつもより長めのありがたいお経を唱えてもらいます。


なかなかの美声で、「モンゴルのコーミーみたいだなー」

なんてウットリして聞いていました。


30分弱のお経の後、

世間話にありがたいお説教を織り交ぜた話を聴きながら

おまんじゅうを食べてお勤めはおしまい。


この間、娘は大人しくパパのお膝に座って、

キレイな数珠を眺めたり、

お坊さんの打ち鳴らす鐘を見入ったりしていました。


いつもと違う厳粛なムードを肌で感じていたようです。

感受性の強い娘です。


その後、お墓参りに。


お墓をきれいに磨きあげて、皆でお線香を上げました。


一通り参り終わって引き上げる前に、

パパが娘にヒシャクを持たせてお墓の水入れに水を入れさせました。


上手にお水を入れて振り返った娘の一言。


「ありがとうって言ってるわ」


きっと幼く純粋無垢な娘(2歳半)には、

大おじいちゃん大おばあちゃんの声が本当に聞こえたんだと思います。


娘の心の清らかさと、しっかりと見守ってくれている

ご先祖様の存在を感じたいい機会でした。


その後のお食事会では、

和気あいあいとお正月さながらの宴会ムードでした。


娘はここぞとばかりにはしゃいでました。

天真爛漫です。


ご先祖様、仏壇、お墓 今まで関心の薄いものだったけど、

娘のおかげで心から手を合わせることが出来そうです。


パパは長男。


今後、仏壇・葬式・仏事など

メンドウ(バチ当たりですみません!)なこと増えるだろうな~。


方法はどうであれ純粋にご先祖様に

「いつも見守ってくれてありがとう」って思う心を持ち続けたいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校生だったころの葵とナナコの物語、

現在の葵と小夜子の物語、2つが交錯する。


学生時代の風景 教室 休憩時間 体育祭

あのころの日常のにおいが思い出される。


小夜子の物語では、

現在 子育て中の私には共感できる部分が大いにある。


派手なグループやおしゃれなグループの生徒たちが、

いわばカースト上部に位置していて、


一度カースト最下位になってしまった生徒は、

なかなかその地位から抜け出せず、


かつてのようにおもてだっていじめられることはなくなったが、

ずっと使い走りをさせられたり、

無視されたり、からかわれたりし続けていた。


私は、普通の生徒だった。


成績は中位、顔もスタイルも十人並み、

共学だったけど男子とも気さくに話せるほど こなれてもいなかった。


私の学生時代にいじめは存在しなかったけど、

明らかにカースト制は存在していたと思う。


成績のいい子、 美人、派手でおしゃれな子、不良、

男子とも気さくに話せる天真爛漫なタイプ


カースト上部に位置する子たちはいつも堂々としていた。


そんな子たちに何となく引け目を感じていた。


中学生のころ母にこう聞いたことを思い出す。


「なんで私はモテナイんだろ。」


「あなたの良さが分からない人は ほっときなさい。

 ものの価値が分からないそれまでの人よ。

 あなたはいい子だよ。その良さに気づく人は必ずいるよ。」


いつも心の中で繰り返し言っていた。

ずっとそう信じてきた。


でもやっぱり引け目を感じてしまう。


大人になった今は、それを相手に悟られないように意識している。


きっと、ナナコという子は、

きれいなものばかりを見てきたんだろうと葵は思う。


汚いこと、醜いこと、ひどいこと、傷つけられるようなことを、

だれかが慎重に排した道をきっと歩いてきたんだろう


いつも明るく前向きで天真爛漫な人は、

純粋培養でみんなに愛されて大切に育てられたんだろうなって思う。


でもホントはナナコのようにネガティブな部分を

隠し持っているのかもしれない。


二十歳で指しゃぶってる男なんかいないよ


確かにそうだ!


毎日子どもと向き合っていると、

ダメなところが目に付いて気になってしまう。


結果的に子どもも自分もしんどいんだけどね。


私の場合、「心をおおらかに」ってかなり意識しないと出来ないのだ。


ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、

ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、

うんと大事な気が、今になってするんだよね


娘にも自分の自信になるなにかを見つけてほしいと思う。


今の私には家族が一番大切。

でも学生のときはやっぱりひとりがこわかったと思う。

私が出会わなかった(出会おうとしなかった)何かに出会ってほしい。



黙って腹にためこめば深刻味を帯びるが、

口にすればどうしたって喜劇なのだ


そうそう!パーっと発散しよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。