めまいと便秘:めまいの原因となる便秘の予防と治し方


「便秘の解消法:女性の便秘解消対策、便秘・慢性便秘の予防と治し方」 朝、目覚めて立ちあがったとき、頭の向きを変えたとき、立った状態から椅子に腰かけたときなどで、めまいを起こした経験ありませんか? 朝の寝起きでめまいがすると、1日中ブルーになってしまいますよね。めまいは、女性に多い症状です。最近、めまいのある女性が増えてきています。さまざまな原因でめまいが起こりますが、便秘もめまいを起こす原因となります。便秘の女性は、めまいもまた引き起こされることがよく知られています。便秘によって増えた悪玉菌が分泌する有害成分によって自律神経が乱れ、また血管が収縮することによってめまいが生じます。便秘を解消して、めまいの原因を取り除くことが、とても重要となります。ここでは、めまいと便秘:めまいの原因となる便秘の予防と治し方についてお話します。


めまいの症状がある人は、20万人とも1,000万人ともいわれていて、実際のところ、めまいのある人の数は、正確には分かっておりません。ただ、毎日ではないれど時々めまいがある、数秒ぐらいの短い時間のめまいである、立っていられないほどのめまいではない、等の比較的軽いめまいのある人は、特に女性を中心として、非常に多いといわれています。このような軽いめまいの症状を持つ女性は、ほとんど病院で診てもらっていないのが実情のようですので、正確なめまいの患者数は、分かっていないということになります。


めまいの症状は、4つのタイプに分けることができます。「立ちくらみのようなめまい」、「回転性めまい」、「浮動性めまい」、「平衡障害性めまい」です。


「立ちくらみのようなめまい」は、クラッとするタイプのめまいです。座っていたり、寝ている状態から立ち上がるとクラッとする、時に目の前が暗くなる、失神を伴うなどのめまいの症状が現れます。立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、便秘や低血圧などの血圧の変動が原因であると考えられています。


「回転性めまい」は、グルグル目が回るタイプのめまいです。自分自身がグルグル回っている感じ、あるいは周囲がグルグル回っているように見えるなどの、めまいの症状が現れます。また、めまいと共に、音が聞こえづらい(難聴)、耳がつまった感じがする、耳鳴りがする、といった耳や聴覚に関連した症状も現れます。回転性めまいの特徴は、急に発症し、吐き気・嘔吐、耳が聞こえづらくなるなどの、随伴症状が現れることです。回転性めまいの多くは、耳の異常が原因で起こりますが、便秘はその症状を強く発現させます。脳出血や脳梗塞といった脳の病気でも回転性めまいが起こることがあります。


「浮動性めまい」は、フワフワふらつくタイプのめまいです。体がフワフワした感じでふらつく、まっすぐに歩くことができない、姿勢を保つのが難しい、といっためまいの症状が現れます。また、めまいと共に、頭痛、顔面や手足のしびれ、運動麻痺などの随伴症状も現れます。浮動性めまいの症状は、急に、あるいは徐々に現れ、フワフワゆれる感じと、頭痛、しびれ、運動麻痺などの神経に関係する随伴症状を伴うことを特徴としています。浮動性めまいの多くは、脳の病気が原因となりますが、回転性めまいと同様に、便秘によってめまいの症状が強く現れます。


「平衡障害性めまい」は、体のバランスが取れず、立ったり歩いたりすることが難しい感じがする、といっためまいの症状が現れます。平衡障害性めまいは、平衡感覚機能が何らかの原因で障害を受けたために起きるめまいの症状となります。平衡機能は、2つの方法で、自分でチェックすることができます。1つ目は、目をつぶって片足で立つ片足平衡機能チェックです。目をつぶって、両手を肩の高さまで上げて横に開き、片足を上げる。手足でバランスをとって、5秒以上できればOKです。2つ目は、三半規管チェックです。片指を目の前に突き出し、左右にゆっくり60度の角度で動かし、視線が追随できればOKです。


このように、めまいの症状はさまざまです。こうしためまいの症状も、常に同じとは限らず、ある時は「立ちくらみのようなめまい」、またある時は「回転性めまい」などと、時と場合で異なることが多いです。また、めまいの起こり方も、突然に、自然に起こる場合、体を動かした時に起こる場合、頭の位置を換えた瞬間に起こる場合、あるいは、急に立ちあがった時に起こる場合、などさまざまです。さらに、めまいの持続時間についても、一瞬の場合、数時間続く場合、あるいは数日から1週間以上も持続する場合などさまざまです。


めまいの症状と同様に、めまいの原因もさまざまですが、便秘はそれ単独でめまいを起こさせますし、また、何れのタイプのめまいにおいても、めまいの症状を重くします。すなわち、何れのタイプのめまいにおいても、めまいの症状は自律神経を経由して現れます。便秘の状態では、大腸菌などのヒトの健康に有害な悪玉菌による大腸内での腐敗発酵がすすんでいて、アンモニアやインドールなどの有害物質が大量に生成されています。これらの有害物質は、大腸から吸収された後、自律神経系に作用し、自律神経の働きを乱します。これによって、めまいを起こしたり、あるいはめまいの症状を重くさせたりするのです。


便秘によって増える悪玉菌が分泌するそれら有害物質は、自律神経の乱れのみならず、血管を収縮する作用も併せ持っております。血管が収縮し、血管が細くなりますと、血流が低下して酸素を運ぶ能力が低下します。これにより、脳内神経や自律神経に影響を及ぼし、めまいが発症します。めまいが生じる原因の多くは、自律神経の乱れと血管の収縮によるものです。ただし、脳腫瘍、脳梗塞や脳出血などの脳卒中による脳神経系の直接的な障害、あるいは心筋梗塞、不整脈、心不全、動脈硬化等の疾患による血流障害によってもめまいが生じることがあります。めまいが生じたら、何が原因であるのかを特定することがとても大切となります。それにより、めまいに対する治療や対処が異なるからです。


めまい対策のための便秘の解消は、自律神経系を乱す腸内の悪玉菌を減らし、それに代わって、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことが最も有効な方策となります。下剤や便秘薬は、このような腸内環境を変える作用がありませんので、めまい対策としての便秘解消には適していないということになります。イヌリンという水溶性の食物繊維は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌を増やした上で、便秘を解消させますので、めまい対策としての便秘解消に適した有用成分となります。今では、スティムフローラのように、不純物を含まない極めて高純度のイヌリン食物繊維が健康補助食品として市販されています。めまいの原因となる便秘の予防と改善に、このような健康補助食品を活用することもめまい対策につながります。


さまざまなタイプのめまいがありますが、まずは、便秘を解消することが、女性の悩みであるめまい対策の基本となります。その上で、めまいを起こす他の原因があればそれを明らかにし、解消することによって、めまいの総合的な対策を取ることができます。 めまいを伴う便秘の解消には、イヌリン食物繊維がとてもよく効きます。
便秘の解消法:女性の便秘解消対策









水溶性食物繊維・サプリメント スティムフローラ -Stimflora -

貴重な天然成分イヌリン食物繊維99.5%のプレバイオティク・水溶性食物繊維サプリメント。

タブレットタイプなので、水に溶かさず、そのままお召し上がりいただけます。

快適な、毎日のお通じのために。

http://www.stimflora.jp/


【関連記事】

 コロコロ便と便秘:コロコロ便の原因となる便秘の予防と治し方

■ 慢性便秘の治し方・解消法:慢性便秘の原因、種類、症状、予防と対策

■ 残便感・便秘と痔:残便感を伴う便秘や痔の予防と治し方

■ 硬い便の解消法:硬い便となる便秘の予防と治し方

■ 生理不順・月経異常と便秘:生理不順で生じる便秘の予防と治し方

■ 月経前症候群・PMSと便秘:生理前の便秘の予防と治し方   

■ 生理前の便秘:月経前症候群(PMS)としての便秘の予防と治し方

■ 月経前不快気分障害・PMDDの治療と便秘

■ 生理痛の痛みと便秘:生理痛に伴う便秘の予防と治し方

■ 中高年女性の便秘解消法:閉経による便秘の予防と治し方

■ 更年期障害と便秘:更年期障害による便秘の予防と治し方

■ 片頭痛と便秘:片頭痛に伴う便秘の予防と治し方

■ 頭痛・頭痛薬と便秘:頭痛薬によって生じる便秘の予防と治し方

■ 貧血と便秘:鉄欠乏性貧血を原因とする便秘の予防と治し方

■ 吐き気・嘔吐と便秘:吐き気や嘔吐の原因となる便秘の予防と治し方

■ 肩こりと便秘:肩こり・頭痛に合併する便秘の予防と治し方