自分に欠けているもの | Still Water ~聞こえなくても自分らしく~

Still Water ~聞こえなくても自分らしく~

聞こえない女性2人のブログです。
日々の生活や子育て、仕事を通して感じたことをつづります。


テーマ:

この春から急激に仕事量が増え、

やってもやっても片付かない、

そんな日々が続いています。

 

「自分の仕事は最後まで

責任を持って自分一人でこなす」

ことが私の長年の信条でした。

 

でも、それが通用しない時世に

なってきたのです。

 

聞こえない人の場合、

事務処理の多くは

複数の人とのコミュニケーションを

あまり必要としない単独で行う仕事や

定型的な仕事が中心となる傾向が

あります。

 

電話で相手へ内容を確認したり、

2人以上の人を集めて会議で

仕事の進め方を議論したり

するような仕事は、

当然ながら口頭での

コミュニケーションが必要となり、

【自分がどんなに努力しても

できない】

仕事となってしまうのです。

 

仕事をこなすために大切なことは、

知識やスキルはいうまでもないですが、

仕事を段取りよく進めていくセンスだと

いわれます。

 

・自分で考えて判断し、行動する

・相手に分かりやすく

説明することができる

・仕事上、関係がある人との調整が

できる

・相手の話や行動から状況を察し、

ニーズを把握する

 

どれも私にとって、

欠けていることです。

 

今までは上司や同僚との

信頼関係の中で、

私は聞こえないから、

与えられた仕事のなかで

頑張れば良いという行動を

評価してもらってきたのだと

思います。

 

でも、仕事量が増え、

自分一人では解決できない

問題となってきている中、

周りの人たちを巻き込んだ方が

よいことはすでに明らかな

状況です。

 

この時に一番大切なことは

【コミュニケーション力】ですが、

音声情報を耳から取り入れる

ことができない私にとって、

手話通訳や筆談以外の方法で

コミュニケーションを

補ってくれるもの、

つまり音声情報を文字化する手段や

ツールを活用すれば、

【聞こえない私でもできる仕事】に

近づくのではないかと考える

ようになりました。

 

一人で仕事の完成を目指すのではなく、

聞こえないからこそ、

人との関わりの中で自分の能力を

発揮できるようにしていかなければ

ならない時期に来ているのかもしれません。

マルセリーノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス