• 20 Mar
    • 英検1級スピーチ案 4 (格闘技・第三諸国への債務)

      内容や論理はかなり稚拙です。あらかじめご了承ください。文法などについては、一応ネイティブチェック入ってます。タイポがあるかも知れませんのであしからず。。Should potentially dangerous sports like boxing be banned?Some people may say fighting sports such as boxing is very dangerous and should be banned, yet I disagree with the idea that potentially dangerous sports should be banned for the following reasons.First, no matter how dangerous they look and what potential risks they carry, fighting sports are still sports. Sports have rules and as long as they are played according to these rules, I believe there is no need to ban them. All sports more or less entails some degree of risk, thus it is unfair to just blame boxing and similar fighting sports.Second, fighting sports give many vigorous youth opportunities to sublimate their excess energy. If these potentially dangerous sports were banned, those vigorous youth would not be able to vent their energy, and causing this world to be full of violence.In conclusion, I strongly believe potentially dangerous sports like boxing should not be banned.Should Third World debt be forgiven?It would seem that canceling debt of Third World helps poor countries. However, I believe that forgiving debt will not free those poor nations from poverty. I have some reasons that Third World debt should not be forgiven.First, I strongly believe that when you borrow something, you must return it to the lender. Cancelling debt is not good for the borrower, because they might take it for granted and become totally dependant on the help of others.Second, since we are in a world wide economic crisis right now, most of developed countries are suffering severe economic problems and under tight budget constraints, they have little leeway to forgive large sums they have lent to the third world. Lastly, given the severity of the current situation, third-world debt should be repaid but should be interest-free and extended for an indefinite period. At the same time, developed countries should share their technology and skills with the Third World, rather than just provide financial assistance.In conclusion, I believe Third World debt should not be forgiven because I think there it is beneficial to neither the Third World nor the developed countries.

      テーマ:
    • 英検1級スピーチ案  3 (安楽死・自宅介護)

      あくまでも、参考程度ですので。Should doctors be permitted to help terminally ill patients die?I am familiar with many of the pros and cons regarding euthanasia. Let it be said that I am generally against suicide; however, I agree that doctors should be permitted to assist a terminally ill patient with requested self-euthanasia.First of all, I am a proponent of euthanasia under said conditions; especially if such a patient is in great pain. Doctors should be permitted to help patients from agonizing pains if they were solicited by the patients to relieve the agony. It is cruel to let the patients suffer, and moreover, it can be painful for families to see their loved one is in agony. Of course, we must pay scrupulous attention before we make a final decision.Secondly, there are many other patients who desperately need medical attention right this moment. It may sound cruel, but I think doctors should spend their time on other, curable patients. In doing so, the medical resources can be used more efficiently.In conclusion, and as I stated before, doctors should be permitted to perform euthanasia.Should children care for elderly parents at home?Children taking care of their elderly parents at home has become one of the serious plobrems in our society. I think it is ideal for children to take care of their elderly parents at home, yet it has become hard to do so in real life.First, more and more young people are stressed out from their complex jobs nowadays so it will increase their burden to care for delerly parents; especially if their parents have developed dementia or become frail, the situation will worsen.Second, the decline of extended families has made it more difficult for children to care for their aging parents at home. Many children have to commute from their house to their parents' and it will end up exhausting the caretaker's energy.Lastly, since we are amid a prolonged recession, it is difficult for children to care for their parents economically, unless the government does some thing to ease the burden. The role of government is becoming more crucial for our increasingly aging society.In conclusion, to some extent, I belive that children should take care of their elderly parents at home, yet it is difficult to do so under present circumstandes.

      テーマ:
  • 19 Mar
    • 英検1級 スピーチ案 1 (食料自給率・臓器移植)

      ひまわりさんが、40本目指してスピーチ案をアップしていらっしゃるので私も書いたものをアップしますね。ただし、レベル的には合格ぎりぎりの最低レベルです。スピーチ作りのヒントにでもなれば嬉しいです。2トピックスずつアップします。Does Japan need to increase its level of food self-sufficiency?I strongly believe Japan needs to increase its level of food self-sufficiency for the following reasons.First, Japan's food self-sufficiency is the lowest among major developed countries, and it is thus the world's largest importing country. If something should happen to the countries that export food, for example abnormal weather or some sort of food crisis, it would prevent them from exporting food to Japan. That will wreak havoc on the Japanese diet. Second, several instances of the contamination of imported foods scandals have had a tremendous impact on our dietary lives. Although the regulation of food inspection is getting stricter than before, it still needs to be improved for imported foods. Lastly, the transportation of these foods consumes enormous amounts of fossil fuels and emits lots of greenhouse gasses into the atmosphere. If the level of food self-sufficiency increased, we could save energy resources as well as reduce greenhouse gas emissions at the same time.Considering these facts, I strongly believe that Japan should increase its level of food self-sufficiency.(農林水産省のサイトを参考にしました)*3/20一部変更しました。Should organ transplants be made more available in Japan?Organ transplants are not rare medical procedures in many countries nowadays, yet getting an organ transplant is not easy in Japan. I would strongly agree that organ transplant surgery should be made more readily available in Japan to save more lives for the following reasons.First, the current Organ Transplant Law in Japan is said to be the most stringent in the world, and it is one of the causes that makes organ transplant surgery so difficult to attain in Japan. It is true that the object of the law is to make absolutely certain whether a donor-to-be is certifiably brain dead, as well as to make sure and his family agree about donating the organs. Yet, too much bureaucratic red tape hinders doctors from saving patients' lives.Second, some desperate patients go abroad for their operations. It surely costs way too much, and moreover it takes away from the other country's patients' opportunities to get transplant operations. We must procure donors domestically. Otherwise, the poor nation's patients have to wait for another years because of Japanese patients.In conclusion, I strongly believe organ transplants should be made more redily available in Japan to save more lives.*To increase organ donors in Japan, the government should reduce the restrictions for the procedure, and promote public awareness about organ transplants.

      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 英検1級合格記 ~お役立ちサイト編

      英検1級の勉強でお世話になったサイトを紹介します。単語クイズ系のサイトは超有名なので、今回はエッセイやスピーチに役立つサイトをご紹介します。まずは、目指せ英会話マスターかなり有名なので、ご存じの方も多いとは思いますが、たくさんのスピーチ例をアップしていらっしゃってとても勉強になりました。そのほかに、英検1級に関する情報もたくさんあります。こちらでも、英検1級スピーチのサンプルエッセイとエッセイを書くときの注意点などが詳しく掲載されています。英検1級の対策をしようは、英単語や熟語がお勉強できます。同じ管理人さんが他のサイトも運営なさっています。ずっと更新がなかったのですが、また始まったようですね。。英語検定問題集というサイトもあります。good essay topicsエッセイトピックスが満載産経新聞のコラム・オピニオン欄2次対策に究極の上級英語 ボキャビルにESL Discussions エッセイやスピーチのヒント用Useful Expressionsスピーチに使える表現スピーチの作成2次対策

      5
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 英検1級合格記 ~その6 スピーチ

      ふぅ~。やっとここまでたどり着きました^^;2次ですが、多分多くの方が情報集め苦労なさっているのでは?どうして1級2次対策本って少ないんでしょうね。出る順で、2次対策付きの1級本が出ていますね。私も、1級受ける前なら絶対買っていましたが。。。もっと早く出て欲しかったT_T2次のスピーチ用原稿は、過去問から作りました。1次のエッセイ用の原稿もスピーチ用に書き直して(エッセイは書く時間が結構あるのでかっこつけた文章も少しは書けるんですけどスピーチだと無理なので)シンプルな原稿を書きました。本当にシンプル!まず、 Some people may say ・・・・;however, I believe ,,,, for the following reasons.  (具体的に理由何個とは言わない。2個しか言えないかも知れないから^^;)First,Second,Lastly, In conclusion, I believe ・・・と言う具合。本当はトピックセンテンスにインパクトを持ってくるともっといいんでしょうね。。2行くらいアネクドートをいれるとか。。でも本番だとテンぱっちゃって無理。練習するときはいつも時間を計って!私は体得するまでには至りませんでしたが2分という長さと自分の喋る速度が身に付いていれば、時間内で(時間をフルに使って)スピーチすることができると思います。私は、いつもは3分半くらいかかっていたので、本番では焦って時間前にさっさと終わってしまいました。きっと減点の対象になったと思います。。これは、2度目の試験の1週間くらい前に知ったんですが「日本の論点」という文春が出している本が2次のトピックに酷似しているらしいです。その本を読んでおけば、大抵の意見はカバーできるのでは?私は時間が足りなかったのでできませんでしたが。あと、2回とも準備したトピックは出ませんでした。そうなると、あとは想像力と経験のみが頼り。それから!!これが一番2次で大切だと思うのですが、、、「トピック選びは慎重に!」私は1回目の試験で、一番不得意な経済関連?cooperate social responsibility とかなんとかとうトピックを選んでしまいました。他には家族や父親に関するトピックもあったのに。。おかげで質疑応答は最悪でした。結果も42点!の不合格B今回は、ちょっと悩んだけど個人の努力で社会を変えることができるかというトピックを選びました。自分のことを言えばどうにか喋れそうだったので。5つあるトピックの中、家族や社会に関するものが必ずあります。もし、用意していたトピックが出なかった場合は自分の体験を通して語れそうなトピックを選んだ方がいいと思います。そうすれば「沈黙」だけは免れますからね。それに経験を通しているので言葉に説得力があります。こんな感じでしょうか。。わかりづらい部分もあると思いますので、ご質問等ございましたらどうぞ。少しでも、どなたかの参考になれば幸いです。m(u_u)m

      2
      テーマ:
    • 英検1級合格記 ~その5 エッセイ

      ライティングも苦手でして。。ひな形(トピックセンテンス・サポート3つ・コンクルージョン)を守って書きました。本番では辞書も引けないし、手書きなので「読みやすい字」を書く練習をしました。採点する人は人数が少なく、ぱっと読める字じゃないと点数に響くって聞いたことがあったので。辞書を使うと、かっこいい単語やフレーズも使えるけどいざとなると出てきません。あまりそういう単語やフレーズに捕らわれず、シンプルでわかりやすい表現が書けるよう日頃から練習した方がいいと思いました。あとは、空白を埋める!練習方法として、トピックセンテンス1行、サポートになるキーアイディア3つを即座に思いてメモ書きするというのもやってみました。それは50個くらいやったかな。 アイディアだけなのでとりあえず、トピックを見たらすぐに思い浮かべられるようにする「反射訓練」のようなものです。それまでの私は、自分に大した意見が無く、ちょっと突っ込まれるとすぐにあやふやになっていました。今でも大差ないんですが、、、以前よりは大分「持論」のようなものを言えるようになってきたと思います。他の方のエッセイサンプルなどを参考にするのもいいと思います。自分の考えに近いとなおさらいいですね。いろいろな表現を真似するのもいいと思います。エッセイは数をこなすのが一番ですね。私もますます精進しなければ!

      テーマ:
    • 英検1級合格記 ~その4 読解

      読解、、苦手です。TOEICでも、リスニングは満点取っていながらリーディングが370点とお粗末な結果に。。(30分も時間が余っていたんですけどね^^;)長文読解問題120を何度もがんばりました。まず、速読の練習から。長文問題は3分くらいで読めるようにしました。そうすれば何回も見返しできますから。あとはキーワードらしきものに線を引いたり。。読書は好きなのに、英文記事を読むのはあまり好きではありません^^;特に政治経済。無理して政治経済関連を読んでいましたが、、未だに苦手です。なので、読解のコツ、、私が伺いたいです~~どなたか!読解のコツ教えてください!

      テーマ:
    • 英検1級合格記 ~その3 計画を明確に

      話の内容が前後しているように見えますが、私の場合準備期間が2年、受験を決めてから1年でしたので、決めてからのことも触れたいと思います。まず、ブログで宣言する。(背水の陣)それをはっきり、見えるところに書く。参考にしているブロガーさんの真似をしてみました。しっかり計画を立て、それに標準を合わせることで調整もしやすくなると思います。学習計画を立てるに当たって、いろいろな啓発本を参考にしました。それによると、やはり「明確な目標を立てる」カウントダウン式にゴールから発想して何時までに何をやるべきか計画を立てると良いとか。まず、3ヶ月でパス単をほぼ覚えました。(忘却曲線通り、今では結構忘れていますが^^;)絶対に3ヶ月で単語をマスターする!と心に決めてひたすらやりました。期限付きだとかなり集中力が上がると思います。私の場合は上がりました。数ヶ月単位で目標を立てながら、微調整していきました。4月から7月まで仕事がめいっぱい入っていて、その間計画通りに勉強がはかどりませんでしたけど。^^;その時はDSの英検ソフトを使って問題集などを解いていました。

      テーマ:
    • 英検1級合格記 ~その2 リスニング編

      リスニングは、得意だと思っていました。というのも、ほぼ毎日NPRやVOA、BBCのポッドキャストを聞いていたしアメリカのドラマもストレスを感じず見ていたから。2008年に受けたTOEICではリスニング満点でした。そこで、リスニングの練習は後回しにしていたんです。それが裏目に出ました。本番では、もう散々。会話文10点 一般分12点 どれも合格者の平均以下。そこで、お勧めがディクテーション。リスニング用の問題を、きちんとディクテーションできるようになればリスニングの点数はきっと上がると思います。是非、お試しになってください。私もこれから頑張ります^^;ちょっと短いですが、リスニング編はこれにて。。

      テーマ:
    • 英検1級合格記 ~その1 ボキャビル編

      遅くなりました^^;ボキャビル関連本です。一番使ったのは、パス単。その次が出る順。1100words,プラ単あまり使わなかったけど一応やったのはこれ。これから使い倒さなくちゃ。こうしてみると、やっぱりネットの単語サイトをよく利用していたようです。あとは読書。パス単に出てきた単語が次々出てきて楽しかったです。英検1級は、やっぱり大人の単語なんだなと言うことを実感。さて、次はリスニング編です。

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 英検1級合格まで~その1~

      なかなかアップできなくてスミマセン。あれこれ始めちゃって一杯一杯で^^;私がこれまでやってきたことを、思い出しながら書いてみます。決して「こうすれば合格する」という類のものではありませんので。ご了承くださいませ。~その1~受験まで (語彙編)英検受験を決める2年前あたりから、受験を前提に本格的に学習を開始しました。半年ほど勉強時間を記録していましたが、そのころ月平均90時間最長104時間は勉強していました。主に取り組んでいたのは語彙力アップとリスニング。iKnow!今はsmart.fmですね。そこで単語を覚えました。iKnow!がいいのは、スペルを正確にタイプしないとクリアできないところです。しばらくさぼっているとおさらいばっかりで先に進めません。これも覚えるのには好都合でした。SAT, GRE, GMATなどの単語を覚えたら結構ボキャブラリーが増えました。パス単や1100words you need to knowのシリーズも頑張りました。そのほかには、相互リンクさせていただいている 英検単語テストや、 単語力、英検1級単語、P-study systemなどもよく利用しました。基本的に単語を覚えるのが好きなので苦にはなりませんでした。お手製の単語カードも作りました。このカラフルな紙は、色見本です。オットが会社からもらってきたものを再利用。色が綺麗で紙質がいいので気に入っています。こんな感じで、2年ほど語彙力増強に励んできたおかげで??1次は語彙で救われ合格。 22/25 所要時間5,6分本も結構読みましたねぇ。。明日、私が持っているボキャビル関連本などアップしたいと思います。次はリスニング編です。。

      6
      テーマ:

プロフィール

сана (サナ)

性別:
女性
自己紹介:
外国語の本を読むのが好き❤ 英語の本はどうにか辞書無しで「大体」読めるようになりました。韓国語の本...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。