万能感の消滅

テーマ:

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-12164322740.html

万能感がね、最初一瞬だけあって、でだんだんとなくなっていったってのは、自分の人生にとってはよかったかもね。

図工はダメダメだったし、作曲はまったくできなかったし(ピアノを上手に弾くのはかなりできた)、スポーツはごくごくふつーだったし(まったくできないのは逆に個性 ふつーってのがいちばん問題)。

逆にね、自分が「トータルゼネラリスト」であるという自覚が、かなり早くにきていたかもしれない。今考えるとそれはよかったな。それでしか生きられないっつーかね。ヘンな「プロ野球選手になりたい」みたいなどーせまったくかなわない夢も持たなかったしな。