2005年02月16日(水)

☆リストランテ&トラットリア☆

テーマ:グルメなイタリア語

+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。
以前、師匠のお店の紹介で「トラットリア ラ・モト」 を紹介しましたが…トラットリアって何だか分かりますか?
知っている人も多いと思いますが、知らなかった読者のために…
日本では料理を提供するお店を一般にはレストラン、食堂などと呼びますが、イタリアではそのお店の

料理やスタイル、値段等で呼び名が違い、店のだいたいの業態が分かるようになっています。
いくつかあげますと、リストランテ(Ristorante)、トラットリア(Trattoria)、ピッツェリア(Pizzeria)、

スパゲッテリア(Spaghetteria)、オステリア(Osteria)、タヴェルナ(Taverna)、バール(Bar)などなど…
+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。
今回はその中でリストランテとトラットリアについて…
まず、我々が通常レストランと呼んでいる業態にあたるのがリストランテ。
料理、インテリア、サービスのスタイルなど、どれをとっても最高級のクオリティを追求したお店です。
ですから、特別の日や接待、おもてなしなどで利用されることが多いみたいです。

これに対して、トラットリアはもう少しラフでカジュアルな雰囲気が売り物です。
特別な日というよりも、気軽に外食を楽しむためのお店。

メニューの構成はリストランテと同じように、アンティパスト(前菜)から始まり、プリモピアット(パスタや

リゾットなど)、セコンドピアット(魚介や肉の料理)とコース料理が揃っていて、料理が中心です。
ですから、飲み物だけ、パスタだけ、あるいはワインとアンティパストだけですませるような注文の仕方は

御法度です。

…と、言われていたのですが…最近では少し違ってきているようです(@ ̄▽ ̄@)
詳しくはこちらをご覧ください↓
最近のイタリア食事情に飛ぶっ☆彡 \(*^∇^*)
+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。,゜. o。 。+ ☆。,゜. o。 。+ 。+ ☆。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。