■摂食障害の頃、自分のことしか考えられなかった私 | ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

〇ダイエットとリバウンドの繰り返し
〇痩せたはいいけど生き辛い
〇過食が止まらない、摂食障害の治し方がわからない
*テーマ「生き辛さ」「対人関係」に振り分けた記事は食症状落ち着いた人真っ只中の人全ての方へ。初めての方はリンク集1と2から読んでね。


テーマ:

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

▼本文の前に・・
右差し摂食障害ブログ村raniking

右差し過食症・過食嘔吐ブログ村raning

右差し摂食障害「ブログランキング」

 


*はじめに

東京駅徒歩1分-追加開催決定

  こちら2/17午後-対人関係の生き辛さ-お申し込み
*摂食障害当事者/体験者/その他

 

↑↑いよいよ今週末音譜

 

 

長くなっちゃったので分けました。

前の記事の続きです。

 

本当に書こうと思ったのはこっち。

 

 

**

 

父は、

 

”家族が呼ばれるってことは
俺もうガンなんだ、

先生もう検査でわかってるんだよ。

と言って

がっかりしちゃってたの。

 

 

わたしも、なんだか今からもう

治療はせずに

家族と過ごすのが一番とか

言われるくらいだから

そうなの???ってドキドキしたけど

 

 

父には

 

まだ結果は先だって先生いってたじゃん!
ガンじゃないと思うよー!!

とか

気がきかない

なぐさめしかいえなくて

 

でも帰りの車の中では

私も悲しくなって

一人オイオイ泣いたんだよね。。


そんで思ったのは

 

私が病気のとき
父は何も心配してないように見えたけど
父も今の私と同じだったのかもしれない。

旦那だってそうだったのかな。

 

母は何も理解してなくて

いい加減にしなさい

意志の問題だ!っていって

本も読んだりはしなかったけど

 

食べないで痩せていって

食べて吐いてばかりで

そのうち会社も辞めてしまって

健康体以上になっても

ダイエット優先で色んな人、もの、こと

犠牲にしてる様子みてたら

 

病気だってわかってくれないことばかり

当時の私は悲しんでいたけど


分からないからこそ
この子この先どうなるんだろう
って心配してたのかもしれないな

って。


摂食障害が病気とわかっていて
よくなったり
悪くなったり
繰り返しても
繰り返しながら治る病気だって
ってわかっていても

それでも
自分は何もできないって辛いと思うけど、


分からないから私のことが心配で

しっかりしろとか
叱責することしかできなかったのかなって。

 

 

 

 

 

なんかそう思ったら

またなけた。

 


でも
思い切り悲しみながら
また別のことを思った。

父についてこんな風に
色々と考えて泣いたりするのも
すごく悲しいし
父の不安や悲しみや病気に対して
何もしてあげられない悔しさもあるけど

父に生きていて欲しいと思って
悲しんだり泣いたり悩んだり
ただそばにいることしかできないけど
たったそれだけのことが
できる私になっていてよかったな

ってそんなこともおもってまた泣いた。

母がなくなったときは
それができなかったから。

もう16年も前になるけど
母がガンで闘病中だったころ
私も摂食障害で闘病中でね、


そのころはわたし
自分が痩せた太ったとか
太ってしまうどうしようとか
ジムに行かなきゃとか行けないとか

母は病気の私をわかってくれないとか
母は苦しくても心配されるし
死ぬこともできるしいいな。。

とか本当に
自分のことしか考えられなかったんだ。


寄り添ってほしくて
わかってほしくて
それが叶わないことが悲しくて

母の不安に寄り添うことも
母の病気を知ろうとすることも
しようともしなかった。


自分のことだけで
いっぱいいっぱいだったから。

私のあの症状も
れっきとした病気だと今はわかるから
あの時の私を責めることはしないけど

やっぱり、

やせる太るでいっぱいで
人に対して優しさをもてなくなる自分は
痩せても痩せなくても
”なりたい自分”じゃなかった。。

あのころ
自分ことしか考えられない自分に
また自信をなくして
”中身だってこんななんだから
 せめて痩せてなきゃ”って
また変なほうにいってたけど

でも、わたしも
自分のことで
いっぱいになるくらい辛かったんだ。



それに気づくことも大事だったけど


私がなりたいのは
ほんとうは”やせたい”ではなくて
もっと痩せることで手に入ると思っていた
別のものだったのかなって気づくことと

それは痩せることでは
手に入るものではなくて
逆にいえば痩せなくても

手に入るものなんだ、

 

むしろ、体型コントロールを

人生の中心部にしてるから

手に入らないものなんだ、

 

 

って気づきはじめたことが
大きなターニングポイントになった。

 

 

 

**

 

 

 

 

この記事に
書こうとおもったのはこれだけ。


なにも考えてないような

何もわかってないような周りの

言葉や態度に
隠れていたのかもしれない
周りの人の気持ち、心配、思いやり、愛情と



誰かを思って悩んだり
悲しい気持ちになるのは
辛い気持ちではあるけど、


そういう心を取り戻せたことや
ただそばにいることができる
心になれたことは

ひたすら食事と体型を

コントロールできる私になったときより
今の私になれて良かったなって思うんだ。

愛されたいも

認められたいも

確かにあったけど

 


人を愛する気持ちが
分からなくなること、
愛する人に寄り添えない心になること

それの方が辛いことだった。

 

 

ポチっとな一日1回皆さんの応援クリックが励みです。

 

 

 

※ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 >必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから
 
 

 

▼今期の美人塾残りの会場
 

キラキラ東京追加開催決定
  こちら2/17午後(東京)追加開催決定-対人関係の生きづらさ

対象:摂食障害/生き辛さに悩む当事者、ご家族、恋人

次回以降の開催や臨時開催などの最新情報をLNEで受け取れるようになりました
↓↓
Add Friend
*PCの方は↑を押して出てくるQRコードをスマホで読み取ってください。 メールでお知らせ希望の方はこちら⇒★

 

 


個人セッションのご案内
↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮  

*次回は2017年12月半ば
 ~2018年2月末ごろまで。
・対面セッション
・Skype・LINE通話、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ

 

 

右矢印ステップあやの書籍その他お薦め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

ステップあやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります