■摂食障害「治った」の定義いろいろ | ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

〇ダイエットとリバウンドの繰り返し
〇痩せたはいいけど生き辛い
〇過食が止まらない、摂食障害の治し方がわからない
*テーマ「生き辛さ」「対人関係」に振り分けた記事は食症状落ち着いた人真っ只中の人全ての方へ。初めての方はリンク集1と2から読んでね。

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

 

クリック摂食障害blog ranking

クリック過食症・過食嘔吐blog ranking

クリック摂食障害ブログランキング

 


▼@さいたま・申込受付中

右矢印7/16摂食障害の方のご家族(恋人)対象の会

 

当事者対象の会(家族恋人も参加可)

 

右矢印7/29食と体重の縛りから楽になる食と脳(体/心/症状)講座

右矢印8/5太るの怖い食べたい症状の根っこの生き辛さ講座

>>美人塾ってなあに?

 

 

 

こんにちは~ヾ(=^▽^=)ノ

ステップあやです。

 

パソコンつけると特にファンでもないはずなのに、たまたま目にしたAKBのニュースに心奪われてすべき事放り投げて調査にのりだして、過ぎた時間に気づいてあちゃー・・・

 

・・・ってことを繰り返してる自分の多動っぷりに、我ながらうんざりしますがw、今度こそ、一昨日の続き(消えないように気をつけて)書きます。

 

 

一昨日の記事ってこれね。

 ↓↓

右矢印どうなったら摂食障害が治ったっていえるの?ってなぜ知りたいの?

 

 

その疑問の答えを知りたがるひとに、

なんでそれ知りたいの?っていう逆質問でした。

 

 

 

摂食障害の初期は

好きでダイエットしてるだけだ

自分の意志で吐いてるだけだ、って

思って病気の意識がなかったり

意識があっても、治す気はなかったり

 

症状の辛さ真っ只中になると

症状が苦しくてどう考えても

これおかしいよね、病気だよね、

って思ってるからか、

 

そういう時期にある人からは


あんまり、この質問
(どんな状態になったら治ったっていえるのか)

をもらうことは少ないのね。

 

 

逆にそれを、知りたがる人は、


拒食とか過食とか、吐くとか下剤とか

摂食障害のメインの症状が

落ち着いてきた、と実感してる人が

(全員じゃないけど)殆どだと思います。

 


たとえば

日常生活ができないほどではないけど、
過食がたまに出るとか

 

日常生活が”できない”ほどではないけど、

体重や体型が気になる心が

背後霊みたいについてまわるとか

日常生活ができないほどではないけど、
まだ「体によいと信じてる食べ物、食べ方」
以外は怖くて毎日の生活がしんどい感じとか
 

日常生活ができないほどではないけど、

まだ、やると決めた運動をやらないといられない、
かといってやめるのも辛い心だったり

 

日常生活ができないほどではないけど、

たびたび、人のできてることや

世の中の”普通”と比べて

何かができないことが気になってたり



内容は人それぞれだけど

「ましにはなったけれども
 まだできてない、と感じてるモヤモヤ」


があるひとが 

 

○そのモヤモヤが治るのかどうなのか

○今の自分がまだ治ってないなら
 今の状態でいいとおもえるけど
 なおってるならただの甘えで 
 頑張らないといけないのか


など、不安になって
この疑問にぶつかる場合が多いと思います。



でもね、実際は

「治った」の定義って
摂食障害の経験者でも言うこと
ちがうんだよね。


ある人は

○デブでもいいじゃん!体重や体型に捕らわれてつまらなく過ごしてるなんてばかばかしい!って思えたとき

っていうし、ある人は

○人一倍気になるけど

 それが私だからこれでいいんだ、

 気になる心消さないでいいんだと思えたとき。

というし、またある人は

○過食の衝動がなくなったとき
 (たまになんとなくやっちゃうけど)

 

というし、またある人は

○何でも罪悪感なく 

食べられるようになったとき

というし、またある人は

○食をまったくコントロールしないのは

  個人的にイヤだから、
 「食べるダイエット」ができるようになったとき

というし、

○運動で健康的に痩せよう!

 と切り替えられたとき


というし、


○自分が好きと思えたとき

っていう人がいるかと思ったら

 


○自分を好きになれなくても

  私は私だし別にいいかと思えたとき

っていうひともいるし。

 

 

 

皆違うこといってるよ。

 

ここに載せた回復者の人の声も

色んな声があるけど、

こうなんなきゃダメってことじゃないよ。

 

 

でも、

まったく違う人でも

共通点はある。

 

 

それは何かというと、

 

人それぞれ体型も、

体型に対する感じ方も、

自分の対する感じ方も、

ひとそれぞれ、形は違うけれども

 

「今ここの自分に対して

 (よいと思えてもおもえてなくても)

 自分はこれでいいんだ」っていう許し

 

にたどり着いてるところです。

 

 

「太ってもいい」って思えた人にしても

「いいなんてまったく思えないけど

 いいと思えなくていいんだ」って

思えた人にしても、そうじゃんね。

 

 

「生きやすくなった」という人にしても

「生き辛さはあるけど、あっていいんだ」

と思えた人にしても

 

まったく逆のこといってても

結局のところ

自分が感じることについて

「いいんだ」っていってんの。

 

↑いいと思え”なくていいんだ”、も含めて、だけど。

 

 

それ以外は、

治った形ってみんな違うんだよね

 

 

ただ回復にも段階があるから
治ったとおもってても、
またそこからひとつ楽になると

 

「あの時やっぱり苦しかったな」

「まだ治ってなかったな」

って振りかえって気づくことも多いのですが

 

楽になったと思ってたときより

更に楽になった、だけだから

それはそれでいいんだよね。

 

 


私なんかはね。。

これ言うとみんなびっくりするけど

 

 

見た目的に普通体型以上で
吐かなくなった時点で
 

拒食しててても
特定の食べ物しか食べられなくても
運動強迫が変わりに強くなっても
食や運動の縛りで日常生活がしんどくても

治った、って思ってたのよ(^^;)


心のほうも生きるのはしんどくても

 

死にたいどうやったら死ねるかって
後ろ向きの努力しなくなったら

「私は病気じゃない」っておもってた(^^;)。

 

 

それでも

 

症状消そう消そうじゃなうて

できることはするけれども

 

症状も気になる心も含めた今の自分に

できることはやる

普通と比べてしがみついてる辛いことは

思いきってやめてみる

 

という決意して

自分の人生生きる決意はできたよ。

 

 

ただ、、

 

 

人のふつうとくらべてしまって

 

デキナイコトが多いことを

自分の甘えのせいに

しちゃうばかりのときは

 

病気だからできないんだって思ったら

楽になれて、また、

人やふつうと比べず

自分のペースで自分の幸せのために

やってこうって思えたりしたこともある。

 

 

でも、それもまた、だんだん

病気っていえるほどの症状が

なくなってきたら、

 

ただの甘えなんじゃないかと
頑張らないとダメなんじゃないかと
思ったりもして

 

そこで、

治ったってなに?どういうこと??

 

って知りたくなってたのね。

 

 

↑↑私のブログにもこういうかたはけっこう多いです^^;

 

 

でも

 

人は皆違う。

 

人にはらくにできても
自分にとっては多大な努力が
必要なことがあるって知ったり

できないは

できないやらない

 

人はどーでも自分が

 

楽しめることだけやる
やなことはそもそもやらない、

って生き方やに
疑問すら感じてない人や
自己否定してない人がいるって知って

 

そういうひとを、

観察したりしてるうちに

 

治ったらどーなるのか、って

疑問については

 

自然と熱心に考えなくなりました。

 

病気じゃなくても
人や世間の普通と比べず

自分がラクに楽しく生きていいいんだ
って思えてきたから。

 

 

そう思えず

気になってたときは

 

病気だからって思わないと

安心できなかったり

 

やっぱり

やりたくないことはやらないとか

苦しい頑張りやめるなどの引き算は

病気治すための一定期間だけなら

やっと許せたけれど

 

 

病気じゃないなら
もっと苦しんで努力してないとダメ
って思ってたのかもしれません。

 

 

↑↑ これ変だよね。そうじゃないよね。

 

この生き方で病気になったのに

治ったらまた元の生き方しなきゃダメ

ってなんやねん(*'▽')

 


 

病気治してる間も

病気なおってからも

 

その時の自分が
少しでも楽に楽しく心地よくなることを
選んでいこう、って 


逆につらいことは、
世間や親や人の普通が
あーだからこーだからって

「正論」持ち出して
自分におしつけんの、やめていい。

 


ってことに、気づいてからは
ずっとそれを指針にやっていったよ。


今まで、

したくないのに我慢してやってたこと

やめてみたり


逆に我慢してやってなかった
したいことをやってみたり。

病気だって

病気じゃなくたって

 

ここにいる自分が

こうであることは

変わらないのだから。

 

 

そんな今ここの自分が

心地よく生きること、

それだけつづけていく。

 

 

名残みたいな考え方の癖や

食や運動の拘りがあっても

 

それが病気でも病気じゃなくても

 

そのわたしが楽しめる方法、

頻度、ないかな、

逃げた方がいい物、人、環境からは

逃げようやめよう、

 

それをしていけない理由ってないんだよね。

 

過去の自分のように

それじゃいけないという人、思うがいる、

っていうだけで(^^;)

 

 

そうじゃない人もいるし

今はそうでも変わる人もいます。

 

いちいち人に合わせてたら

自分が死ぬよねw

 

 

そういうのを、ダメダメ言う人に

囲まれてた時は

やっぱりきびしかったけど

 

そっちにひっぱられると思えば

離れることもしたし

離れられないなら

私の事情として話してみたりもしました

 


そんなふうに

 

 


進むも進まないも
自分基準にしていたら

なにかしら
「自分にとっての」
心地よく生きる方向性
」は
自然に見えてくるものでした。

 

 

ただひたすら、

「辛い思いして頑張るのがいいこと」
っていう風潮を「正」として
自分に押し付けてたころは


何をやっても、やめても

頑張れても、頑張れなくても
何だか辛い、人生やめたい、

ってなってたけどね。

 

 

「治った」の定義も気になるのも

すごくわかるし

自然なことだとおもうけど

 

また新たな

こうあるべき/べきでない形として

自分を縛る道具にして

苦しんでほしくないなあっておもいます。

 

 

治ったかどうか知りたい気持ちって

 

摂食障害まっただなかのときの
体重の数字とか、

正しい食べ方情報野正解を

ひたすら求めるあの感じと

似てたなって思います。


自分がやってること
自分でいいって思えないから
外に正解不正解の答えがあるきがして

 

だから知りたくてモヤモヤするけど
知ったら知ったでモヤモヤすんの(^^;)


 

皆さんにも

どうして知りたいの?ってきいてくと
 

摂食障害が治ってるならば

心地よく生きてちゃいけない

(病気じゃないのに疲れる前に

 休むのはダメなんじゃないか)

という不安にたどりついたり

 

摂食障害が治ってるならば

心地よく食べてちゃいけない
(治ってるなら甘えてるだけだから

 また苦しいダイエットしなきゃ)
って不安にたどりついたり

 

逆に

 

摂食障害が治ってるなら

食や運動とか気にしてないで

もっと自分に厳しく仕事とか家事

やらないとダメなんじゃないか
って不安にたどり着いたりします。

 

 

それは、、全部、違うよ(笑)

治ってても治ってなくても

今の自分が少しでも心地よくなるほうを
選んでいくことは

 

治るまでの期間だけやることじゃなくて
一生続けていくことなので

病気かどうかは関係ないよ。



右矢印”治らないかもしれない”不安も味方につける
 

右矢印休むとか心地よい方選ぶとかっていつまで?治るまで?

 

 


治ったらこの症状は楽になりますよ

っていう誰かの答えを知ることで

楽になることも確かにあると思います。

 

(たとえば過食はその食欲のまま我慢できるようになることじゃなくて、衝動自体がとまるんだ知ったら楽になれたり、一回でも過食したら治ってないわけじゃないと知って楽になったり・・・etc)

 

でも、誰かの「治った状態」をきいて

今の自分に、いいとか悪いとか

評価を下していたり、

 

自分が心地よいことを選ぶのは

ダメなんじゃないか

あの人たちみたいに頑張らないととか

他人基準に戻りそうになっているならば

 

ちょっと、その「治った状態」を

これって決めようとすること自体が

苦しみを作りだしてしまうと思います。

 

そんな方は、

 

「気になってしまうけど 
 答えは人によって違うから
 今の自分が楽に心地よくなるように
 してあげればいいんだよね」って、

自分に声をかけてあげる。

それだけでも
一つ楽になるんじゃないかとおもいます。
 

 

 

 

健康な人にも
心が曇ることも傷つくこともあります。

 

ただ、待つしかないこと
ただ、感じるしかないこと


っていうのもあります。

 

健康な人のそれとは違う!

っていうのも私も思っていたし

本当だとおもうけど


心が曇ること=絶対悪としていたり
感じたら何らかの方法で消すべきもの、

と悪者扱いしていると
その考え方自体が
流れていく雲をせき止めて
不調が長引いたり
不調を感じる自分を自己否定して
ドツボにハマって行ってしまうと思います。

昔の私も
「待てない人」だったので(^^;)
いつも、何か

解決するために

 

うまくなるために

 

嫌な感情なくすために

 

ってとに角、

いい状態を求めて

不調を否定してばかりで

体も心も休めなくて、

いっつも疲れてしまっていました。

 

それでも

(楽になる努力と称して)

不調を否定し続けると


やろうとしても何もできないように

 

真剣なウツが到来して
なんにもできないようになりました。

 

 

楽になることも

完璧主義的に頑張りすぎてたから(笑)

 

そんな私のやり方から
脳が心身をまもるためには
わざわざ何も出来ないうつ状態にして
やろうとおもってもできない状態を
作るしかなかったのだとおもいます。

 

 

雲はあっても晴れは晴れ。心だって同じこと。

 

 

 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです 

 ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

>>美人塾ってなあに
~全国各地・不定期開催 ~

摂食障害 生き辛さ
当事者対象の会

 (ご家族・恋人参加可)

  ▼次回”埼玉「大宮駅」徒歩5分
*上野/池袋から25分程度、新幹線止まります


 右矢印7/29食と体重の縛りから楽になる食と脳(体/心/食症状)


 右矢印8/5太るのが怖い食べたい症状の根っこ「生き辛さ」

右矢印
*************************************************

摂食障害の方の ご家族と恋人対象の会

 ▼次回”埼玉「大宮駅」徒歩5分
*上野/池袋から25分程度、新幹線止まります

右矢印7/16・詳細・お申込み

******************************************
*その他の地域・次回以降の開催予定をメールでお知らせ希望の方は>こちら

 

 
個人セッションのご案内
右矢印対面セッション
Skype・LINE、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ


↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮 

*2017年は夏と冬に帰国予定
 
 

右矢印ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

ステップあやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります