■頑張るママを気遣い言えなかった子供の心、本当にほしかったもの | ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

〇ダイエットとリバウンドの繰り返し
〇痩せたはいいけど生き辛い
〇過食が止まらない、摂食障害の治し方がわからない
*テーマ「生き辛さ」「対人関係」に振り分けた記事は食症状落ち着いた人真っ只中の人全ての方へ。初めての方はリンク集1と2から読んでね。


テーマ:

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

 

クリック摂食障害blog ranking

クリック過食症・過食嘔吐blog ranking

クリック摂食障害ブログランキング


 

▽本文の前に
ベル>美人塾のお申込み受付中です

右矢印7/16摂食障害の方のご家族(恋人)対象の会

当事者対象の会(家族恋人も参加可)

右矢印7/29食と体重の縛りから楽になる食と脳(体/心/症状)講座

右矢印8/5太るの怖い食べたい症状の根っこの生き辛さ講座

 


ちょうどお母さんの記事が続いて
いいタイミングなので、
こちらのメールを紹介します。
 
オーストラリアにお住まいの
おはるさんからのメールです。
 
**********
 
手紙あやさんこんにちは。
いつもあやさんのブログにとっても助けられています。

今日メールしたのは
とても大切な事に気がついたからです。

私は二児の母で
子育ての難しさに対面しています。
 
自分が私の母親と同じことをしている、
もう一人の「自分」を作っている様な
不安におちいります。
 
 
(摂食障害含めて
 ありのままの自分は存在価値がない
 
 子どもにダメ人間と思って生きるように
 させてしまうんじゃないかなど)
 
 
最近こんなことがありました。

私は母の対応に
悲しみや怒りを感じても
母には平常心装っていました。

”母は私達の為に
頑張ってくれているのだから” と、


そんな母に反抗や怒りを感じることを
禁止していたんだと思います。

欲しい物さえ
口に出すことはできなくて
 そのうち何が欲しいのかも
 今だに、わからなくなっていました。
 
けど
子供達に最近気がつかされました。

子供達は自分が欲しているものを
ちゃんとわかっていて
それをきちんと言葉で、態度で
伝えてくるんです。

この前 上の子が
学校帰りに注意したことを、
同じ事をわざと繰り返すので、
それを叱りました。
 
車の中でめそめそ声を殺して泣く長女。
 

家に着いて黙って車から降ろそうとすると

"I just love you"
(私はママが大好きなだけよ)
 
って叫んでワンワン泣き始めたの。
そしたら、下の子もめそめそ泣き始めて。。

「なんで注意した事またやったの?」
って聞いたら
 
"ママに”抱きしめて”欲しかったの
でもママ、私が求めるそれをくれないんだもの”
 
っていう意味のことを
(言葉は英語ですが)そういったのです。

なんか、
自分を見ているみたいだった。
自分の心の奥にあった本当の気持ち。

本当はぐちゃぐちゃになっても
言いたかった心の叫びを
自分の子供が訴えてる私にはできなかった事

私も泣きながら三人でギュッて
抱きしめあって

「ごめんね、マミーlove を伝えるの
 すごく下手くそで
   抱きしめるのも上手じゃなくて。
 マミーも頑張って練習していくからね。

 でもね、何があってもいつだって
 ママはあなたたちのことが大好き
  それは忘れないでね」
 
って何回も繰り返して伝えたんだ。

私にとってLoveは

あたり前にあるものではなく
欲しいと思った記憶もなかった。

でも本当に欲しかったものでした。

 

そんな温かいものがあること、

ずっと知らなかったんです。

 

私の母もきっと loveを伝えるのが
苦手な人だったんだと思う

でもだからこそ
その時に思ったんです。

私このままじゃいけない。
 
できることからでいいから
Loveを伝えていこうって。
 
子供達に私と同じ思いを

させちゃいけないって。

---------------
 
ステップあやです。
 
 これ読んだとき、なんか泣けた。
 
お嬢さんみたいに
自分が寂しかった気持ち
欲しかったもの、こと

こんなふうに感じるまま
私も親や大切な人に、

伝えられたらよかったなという思いと

そんな気持ち言葉にしても
否定されたりせずに

寂しい気持ちをそのまま
抱きしめてもらえたときの
お嬢様の気持ちを想像したら泣けてきた。


そうだよね。
言葉にして、いいんだよね。

欲しいものは、欲しい。
寂しいものは、寂しいって。

過去に自分の思いを言葉にしても
その気持ちを認めてもらえなかったり

ありのままの気持ちを

言葉で伝えたことがなくて

それを認めて貰える体験を

してこなかったりすると

いつのまにか

 

寂しい、辛い、そんな気持ちは
我慢するのが当たり前になって

そう感じてることすら
わからなくなってくけど。


でも、お嬢さんたちは言えた。

そんな思いをちゃんと言葉で伝えて

抱きしめてもらう体験ができてる。

 

素晴らしいと思う。

心配することないと思うよ。

おはるさんも
自分の寂しかった気持ちに気づけたから
そんな彼女たちの気持ちを

抱きしめることができるようになったんだよね。


自分の摂食障害という病気を通して
自分の生き辛かった心に気付き
それは寂しかったねって

自分が自分の味方になってあげる

すると
自分だけじゃなくて
自分以外の人の悲しみや辛さも

抱きしめることができるようになるんだ


摂食障害に悩む方は
伸び伸びと感情表現できずに
育ってきた方も多いのですが

そのきっかけは人それぞれ。

 

 

おはるさんの場合は
 
一生懸命頑張って自分たちを
育ててくれたお母さんの
頑張りを思い、気遣う気持ちから、
 
いつの間にか
 
怒りも悲しみなどの

負の感情を感じることにすら

罪悪感を持つようになり

 

ありのままの自分の感情を

のびのびと表現できなくなった。

 
自分がどう感じているかより
親/世間の顔色を伺っては
自分の気持ちに蓋をしているうちに

 
自分が本当は何を求めているのか
どんなことで満たされる人間なのか
逆に、寂しいな、いやだなと感じるのか
自分の感じることがわからなくなり

自分がわからないから
自分を自分で満たすことができない

その空虚感を、
分かりやすい体重(数字)や
人の評価で、自分を満たそうと
必死に追いかけるようになった
 
 

 

この辺はきっかけや環境が違う人でも
共感できることも多いんじゃないかな
 
 
”このままではいけない”

って書いてあったけど
 
自分の気持ちを抱きしめたから
子供たちの心も抱きしめられて
あったかく生きられるように、、、

 

もう既に、そうなってるよね。
 
私も小さい頃
おはるさんみたいなママに
抱きしめてもらいたかったな~。

悲しくなっても
自分の思いを伝えて抱きしめてもらえたら
それだけで、とても幸せで

満たされた気持ちになるもの。


そのように私は思いました。
 
メールありがとう。

これからもその幸せ大切にね^^。
 
ちょっとこのけんで
私と旦那の最近あった出来事を
思い出したので、またの機会にかきます。
 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです

 ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

右矢印美人塾ってなあに
~全国各地・不定期開催 ~
  ▼次回 は 「大宮駅」徒歩5分
 *上野/池袋から25分程度、新幹線止まります

 

摂食障害 生き辛さ
 当事者対象の会

  (ご家族・恋人参加可)
右矢印7/29食と体重の縛りから楽になる食と脳(体/心/食症状)

 右矢印8/5太るのが怖い食べたい症状の根っこ「生き辛さ」



摂食障害の方の
  ご家族と恋人対象の会

右矢印7/16・詳細・お申込み

*その他の地域・次回以降の開催予定をメールでお知らせ希望の方は>こちら

 

 
個人セッションのご案内
右矢印対面セッション
Skype・LINE、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ


↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮 

*2017年は夏と冬に帰国予定
 
 

右矢印ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

ステップあやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります