昨日、MousePiece-reeの『gift魂』の大阪公演3回目を見てきました。
公演自体は今日が千秋楽ですが、平日なので、見れず。
なので、この回が私にとっての千秋楽でした。
結局、東京公演と合わせて5回、見れました。

会場はin→dependent theatre 2ndです。
今年初めて来たのに、既に3回目です(笑)
この日は最前列でした。

まうすの公演を見に来ると、本当に顔馴染みな方々にお会いします。
特に最近、関西小劇場をあまり見てなかったので、
役者さんやスタッフさんにお会いする機会が激減してます。
なので、久々にお会いする方が多かったです。

Webに出ていたあらすじはこんな感じ。

大阪の下町に建つオンボロアパート「やわらぎ荘」
ここは一癖も二癖もありそうな連中が住み着いている。
このアパートの敷地内には簡易の交流スペースがあり、
皆、毎日そこに集ってはたわいもない話をして盛り上がっていた。

そんなアパートに最近引越してきた1組の夫婦。
オンボロアパートに越してきた理由は夫のリストラ。
落ち込む夫を明るく支えている妻だったが、
どうも最近よそよそしく冷たい感じもする。
夫婦は今年結婚20周年を迎えようとしていた。

夫は自分の不甲斐なさが原因だと感じ、
妻の冷めた気持ちを取り戻そうと20周年の派手なサプライズパーティを企画する。
その企画に一癖も二癖もある連中も乗っかってきて右往左往しながら準備が進んでいく。
果たして、夫のサプライズは成功するのか?
離れていった妻の気持ちを取り戻す事が出来るのか?
そんな中、夫婦に小さな奇跡が起こる。
その奇跡とは?

今回のキャストです。

ジージ:上田泰三
川口よしお:早川丈二
川口華:大沢めぐみ
脇田和巳:森崎正弘
大淀光枝:宇田川美樹(劇団6番シード)
竹本ゆきこ:長橋有沙
木下良一:井路端健一(演劇集団ザ・ブロードキャストショウ)
大淀南:濱辺緩奈
高橋剛:カン・ソンヒョ

舞台はやっぱり面白かったです。

まうすの舞台って、泰三さんが板付きで始まる事が多いんだけど、
今回は脇田が「やわらぎ荘」にやってきた歓迎会から始まります。
なので、最初から大勢いました。

で、脇田はリストラされてこのアパートにやってきたことになってますが、
本当は不動産屋の回し者です。
大阪万博のため、土地の値段が上がりつつあります。
そのため、このアパートを売るように仕向けるためにやってきました。

いつもこのアパートの前で新聞を読みながらビールを飲んでいるジージ。
ジージだけは脇田の事を怪しんでます。
ちなみに、ジージはこのアパートの住人ではありません。
近所に住んでるというのですが、、、

実はジージの正体は河童です(笑)
話の途中でも、「ジージは河童なんじゃないかと言われてる」という台詞もありますし、
そもそも、いつもきゅうりを食べてます(笑)

ジージが河童として現れるのはラストシーンだけです。
東京公演の時、上手側の最前列で見てたんだけど、
ラストシーンのよしおと華がすごく良かったので、
そっちに意識が集中してしまってて、
河童として現れてるジージに全く気付きませんでした。

なので、ラストシーンの後にもう1シーンがあって、
そこでジージが正体を現すんだと思ってました。
が、そのまま終わってしまったので、「あれっ?」って思ってました(苦笑)

で、東京公演の2回目を見た時は下手側だったので、
ラストシーンで上手側に河童が現れてるのにようやく気付きました。
結構、最後まで照明も当たってたんですね。
何で気付かなかったんだろう。

よしおと華は夫婦です。
よしおが会社をリストラされたのをきっかけに、
よしおの地元である大阪へ引っ越してきました。
よしおは中々、仕事が見つかりません。
なので、華が働いてます。

華は初めて大阪へやってきたので、
大阪人がボケるのを真に捉えます。
まあ、ボケ殺しですね(笑)

なので、こっそりと木下、、、チャーリーにツッコミを教わってました。
これが大きなオチになる訳で。
全力ツッコミです(笑)
これがメッチャ、面白かったです。

よしおは華の事が大好きです。
っていうか、丈二さんも大沢さんが大好きなんでしょうね(笑)
大沢さんが出演すると、いつもベタベタする役が多いです。
まあ、まうすは丈二さん以外は幸せですからね(笑)

今回もキャストと役が決まってたけど、
誰がどの役をするのかが決まってないって事だったらしく、
誰がどう見ても華は大沢さんしかいないですよね(笑)

よしおは華がよしおへのサプライズのために、
チャーリーにツッコミを教わってる事を知りません。
華は残業や早出と嘘を付いてました。
全力ツッコミなので、疲れてしまい、
段々、よしおに対して余所余所しくなってしまいます。
そんな華に不安を感じます。

よしおがジージに相談する場面。
二人でボケ合いです。
いつもの乗りツッコミは「フォロー」でした。
丈二さんが似たような言葉を言うと、
泰三さんが乗りツッコミをします。
これがメッチャ、面白くて。

泰三さんの仁鶴さんの物真似も絶品です。
実は、以前の先行予約特典で、泰三さんに目覚まし声をスマホに録音して頂きました。
その声も仁鶴さんの声でした(笑)

二人での腹話術ネタ。
更には恒例の「最上級の謝り」も面白いです。

そして、いよいよ登場です。
光枝と脇田がトランプを持って出てきます。
会場もざわつきますよね(笑)
今回のゲームは「チルチル・ミスチル・桜散る」でした。

ホント、毎回、ルールが分からないですよね。
でも、面白いんですよねぇ。
何かが揃っての「イノセントワールド」、これも意味不明です。

でも、最大の面白さはやっぱり森崎さんです。
いつものように、最初に森崎さんが負けて、
しっぺ+お尻を叩かれます。
が、次の人が負けて、森崎さんがお尻を叩こうとすると、
突き飛ばされてしまいます。

そして、最終的に振り回されて、泣き叫びます。
これがもう名人芸です(笑)
やっぱり、最強ですね。
後半に入ってから、「何や、イノセントワールドって。
そんなん匙加減やん」と言ってました(笑)

ただ、、、大阪公演の初日のゲネで腕を擦り剥いたそうです。
しかも、笑えないくらいのケガだったそうです。
舞台美術担当の方も、滑るような床の素材は高いから無理と。
奥様も倒れ方次第で骨折してしまうから、倒れ方を教えないととおっしゃってました。
でも、、、やっぱり面白いんですけどね。

南は光枝の娘です。
そして、アパートに住んでる高橋はガテン系の仕事をしてて、
イメージから「スミス」と呼ばれてます。
アパートには住んでないけど、よく現れる木下はそのチャラいキャラから、
「チャーリー」と呼ばれてます。
そして、3人は付き合ってます。
曜日によってデートする相手が変わります。

昨日、濱辺さんにも言ったんだけど、、、
最初の3人のシーン。
東京で最初に見た時はチャーリーが南の肩を抱きます。
すると、スミスがその手を払って、南の肩を抱いてました。

それが、大阪公演ではチャーリーが南の肩を抱くのは変わらないのですが、
スミスは南の腕に抱き付くようになってました。
そんな違いも見ながら楽しんでました。

よしおとジージが数字を言って、変なポーズを取り合うシーンがありました。
ここに南がやってきて、この変な遊びに参加してました。
南が散々やった後、「何やこれ?全然おもろないねん」と二人に突っ込むんだけど、
大阪公演の初日だっけ?
二人を並ばせて、「敬礼は?」までは良かったんだけど、
その後で、「足を180度に開いて」と。
二人が足首を広げてるのを見て、緩奈さん、思わず吹き出してました(笑)

ゆきこは地下幽霊アイドルをしてます。
気配を消すのが得意です(笑)
近くで大声を出してしまいます。

で、スミスは普段は無口なんだけど、実は地下アイドルヲタクです。
地下アイドルの話になるとキャラが豹変します(笑)
カンさんにも話しましたが、この豹変振りがかなりのツボでした。
面白かったです。

そして、光江は両親が建てたこの「やわらぎ荘」の大家です。
口は滅法悪いです。
でも、メチャクチャ、優しいです。
宇田川さんならではのキャラですね。

ジージに諭されたよしおは花火大会がある日が結婚20周年記念日なので、
みんなに協力してもらい、華へのサプライズを計画します。
ゆきこの持ち歌を使って、みんなで踊ります。
これ、振り付けは練習でのシーンでは意味が分からなかったりしますが、
本番で華がここに入ると「なるほど」という振り付けになってます。
ちょっとスリラーチックな振り付けとなってました。

で、この曲、「君の胸に南無妙法蓮華経」だっけ?
結構、頭に残ってます。
リピートしてしまいます。
「南無妙、南無妙、首った~け~」ってところ(笑)
しばらく、離れなさそうです。

そして、サプライズ本番。
音楽と共にみんなが動き出すんだけど、
その前のシーンでジージが落語をしてます。
当然、仁鶴さんの声で。
その時、出囃子を鳴らしてましたが、CDがそのまま入りっぱなしで、
サプライズの時に出囃子が鳴ってました。
これ、初めて見た時はメッチャ、笑いました。

サプライズの後でよしおは手作りの髪飾りを華にプレゼントしようとします。
が、チャーリーが華にツッコミの練習をするために待ち合わせしているのを
スミスが目撃してしまい、浮気していると勘違いしてしまいます。
そのため、サプライズ前にチャーリーを殴ってしまいます。
そして、みんなで横断幕を広げる時、スミスとチャーリーが引っ張り合いをして、
よしおにぶつかってしまい、作った髪飾りが壊れてしまいます。

落ち込むよしおに対し、浴衣姿の華はその壊れた髪飾りを付けます。
よしおは最近、華の態度がよそよそしかったため、
自分から気持ちが離れてしまったのかと思ってたと。
ここで、華の会心の全力ツッコミが。
「何でやねん!」
メッチャ、笑えました。

そして、花火大会が始まります。
よしおはもっと頑張ると言います。
すると、華は「頑張ってね、パパ」と。
華は妊娠していたのでした。
喜ぶよしおはみんなにも伝えます。
みんなも祝福します。

そう、東京公演を初めて見た時、
このシーンが凄く良くて、二人に見入ってしまって、
河童に気付きませんでした(苦笑)

本当に楽しかったです。

終演後は役者さん達とお話を。
今回、大沢さんとたっぷりお話しました。
終演後は毎回、ホント、独り占めって感じでした。
この日は終演後に私と同じ、赤まうすTシャツを着てたので、
一緒に写真を撮りました。

緩奈さんは誕生日が私と一日違い。
土曜日がお誕生日でした。
なので、大した物ではないんだけど、賢島でお土産を買ってました。
そして、お互いに「おめでとうございます」と言い合ってました。
今回、かなりのセクシー衣装でした。
大人ですね。

カンさんは今回、初めてお話させて頂いたんだけど、
すっかり顔馴染みになりました。
昨日でかなり打ち解けました(笑)

美樹さんは今回、衣装が1ポーズのみでした。
これがかなり暑いらしく、大変だったようです。
でも、凄く素敵でした。

長橋さんも今回、初めてお話させて頂きました。
顔も覚えてもらいました。
が、なかなかお話できませんでした。
残念。

まうすの三人も本当に素敵でした。
凄く楽しかったです。