夢の契

テーマ:
昨日、HitoYasuMiの『夢の契』を見てきました。


HitoYasuMiを見るのもすっかり恒例になりました。
3人とも顔馴染みになってますしね。

このGWは元々、東京遠征の予定は無かったんだけど、
この公演の情報が出た時、何故か「見に行かないと」と強く思ってしまいました(笑)
なので、GW中のスケジュールを色々と変更して、
最終目的地として東京へ行く事にしました。

そして、これが令和の初観劇です(笑)

今回の会場は下北沢OFFOFFシアター。
一昨年だったっけ?
この会場での公演がありましたね。

前回のこの会場での公演の時、
ネコ脱出の高倉良文さんが日替わりゲストで出演されてたので見に行きたったんだけど、
見に行けず、残念でした。
そして、その時、同じく日替わりゲストで出演されてた、
インパルスの堤下敦さんが今回はガッツリ出演です。
何かと話題ですよね(笑)

Webに出てた作品紹介はこんな感じ。

女優として売れなかった女が、
培った演技力で男を次々と騙していく
ブラックコメディ。

これ、ある意味、ハードルが高くなってますよね(笑)
「培った演技力」ですもんね。

そして、今回のキャストです。

武藤典子:飯坂泰子
本村晶帆:大村仁望
糸原留美:川村美喜
大森一平:堤下敦
後藤武史:井吹俊信
城戸崎優太:西村晋弥
朝倉大吾:依田啓嗣

舞台はとある劇団に所属していた女優3人が10年続けてきた事に限界を感じて、その演技力を生かして結婚詐欺を行うという物語。

晶帆はダメ女。
男にお金を貢いだり。
そのため、糸原は晶帆をもてあそんだ相手をターゲットにして、相手の情報を色々と掴みます。
そして、その情報をもとに典子が相手に近付きます。

あっ、元々は3人がバイトしていたラーメン屋の店長の大森に晶帆が借金をしてました。
晶帆の事を思う典子は大森に近付き、借金をチャラにするようにお願いして、一夜を共にします。
そして、典子は大森からお金も受け取ってました。
それを知った糸原がこの事を思い付いたのでした。

出演する女優を食い物にしていた、演出家の後藤に近付き、短期間で200万円を騙しとる事に成功。

更に晶帆が昔、同棲してた城戸崎。
元々はミュージシャンだったが、アメリカへ音楽プロデューサーの勉強に。
晶帆に借金をしていたが、日本に帰ってきてから、晶帆には連絡せず、メジャーデビューしているアーティスト3組を担当している。
が、晶帆は城戸崎に未練があり、ここから歯車が狂いだします。

大森は父親が亡くなり、店を畳むことに。
そして、親から遺産として5000万円を引き継ぐと知り、糸原は大森をターゲットにしようとします。

が、大森は典子が結婚詐欺をしている事を知ってました。
それでも、典子を愛して、結婚したいと考えます。
そんな大森を典子は受け入れます。

典子は糸原と晶帆にその事を伝えます。
が、糸原はそんな事は許さないと。
そこにやって来た大森に対して、糸原はナイフを取ります。
そして、揉み合ってる間に大森を刺してしまいます。

晶帆はナイフを抜こうとしますが、「抜いちゃダメ」と言われてまた刺したり(笑)
その結果、止めを刺してしまいます。

そこに糸原に協力していた朝倉がやってきて、大森が死んでいるのを見てしまいます。
立ち去ろうとするのを糸原は許しません。
そして、糸原は大森をバラバラにして、埋めようとします。
が、埋めてる現場に警察がやってきて、、、

と言う感じでした。

最初のうちは劇団のあるある的なネタがあったり、笑えるシーンも散りばめられてたので、ニコニコしながら見てたら、いきなりぶっ飛んで、「なんだこれ?」な展開にビックリでした。
特に美喜さんのあんなぶっ飛んだキャラは初めて見ました。
凄かったです。

そして、この回ではアフタートークがありました。
HitoYasuMiのメンバーと井吹俊信さんが登壇してました。
あまり、アフタートークは参加したくないんですけど、
今回は10分間って事だったので、参加しました。

終演後、物販に3人が並んでました。
お話するためにはここに行かないと(笑)
フォトブックを買いつつ、3人とお話を。