超ピカイチ!

テーマ:
昨日、2019年の観劇初めとなる、
梅棒の『超ピカイチ!』の大阪公演を見てきました。



東京で見た時は定時制でしたが、大阪公演は全日制です。
これを見るのが楽しみでした。
だって、、、こっちには魚地菜緒さんが出演ですから。

昨年に見た定時制Ver.は初演とは役をシャッフルした公演となってました。
が、この全日制Ver.は初演時と同じ役柄となってます。
あっ、初演に続いて出演されてる方はね。
なので、当然、トイレの雲子さんも魚地さんです。

初演を見た時は魚地さんに度肝を抜かれました。
その後も別の公演に出演されるのも見てます。
ホント、凄いです。

そして、今回、ヒロインがオーディションで選ばれてます。
この定時制Ver.は大野愛友佳さんです。
やっぱり、お名前も存じ上げません。
ダンサーさんなのでしょうか?

今回の会場は森ノ宮ピロティホールです。
やっぱり、みんな大好き梅棒だけあって、
観劇仲間や演劇関係者をたくさん見掛けました。

で、今回の公演を見るのもこれが最後。
なので、一番、良い席で見たかったんだけど、
SS席が先行抽選が外れまくりでした。
ここまで外れまくったのは久々です。
仕方なく、S席になりました。

すると、R列と結構、後方です。
ただ、真ん中だったので、見やすかったですが。

で、今回のキャストです。

道玄坂光徳:鶴野輝一
(振り回される純情な感情)

浅香尚子:大野愛友佳
(嵐を呼ぶとびっきりヒロイン)

豪徳寺孟:千葉涼平(w-inds.)
(乱世に舞い降りた転校生)

権田原孫八:塩野拓矢
(孤軍奮闘スポ根キャプテン)

長谷川出雲:櫻井竜彦
(静かに燃えるマブダチ)

徳重マサチューセッツ翼:納谷健(劇団Patch)
(海を越えたヲタク留学生)

孔雀丸明:野田裕貴
(冴え渡る孤高の天才)

江夏惇:楢木和也
(闇に彷徨うエゴイズム)

淵上候介:YOH[KEMURI]
(夢に溺れるナルシシズム)

鷹橋大夏:YOU
(アンチ校則カリスマJK)

橋本小春:MOMOCA(LUCIFER)
(恋する原宿系ぽよよん娘)

公文式瑾太郎:天野一輝
(頭の中では守備職人)

先崎豪一郎:パイレーツオブマチョビアン
(沈黙のマッスルキャッチャー)

蓋村黄太:RYO(Beat Buddy Boi)
(バイブス重視の安打製造機)

張本角男:梅澤裕介
(千載一遇空回り教頭)

蝉時雨貂子:suzuyaka(Red Print)
(パッション秘めた学級担任)

蒙古斑彦摩呂:一色洋平
(モーレツ爆走体育教師)

二宮忠次郎:遠山晶司
(解き放たれた模範)

超ベートーベン:遠藤誠
(時を越えた楽聖)

トイレの雲子さん:魚地菜緒
(個室から来たメンヘラ)

舞台はやっぱり楽しかったです。
初演時は5回見てるので、内容もしっかり覚えてます。
なので、凄く楽しめました。
でも、やっぱり今回で見るのは終わりなので、
心の中ではちょっと泣き気味でした。

そして、魚地さん、メインの役以外では、
普通に女子高生役で出演されてます。
なので、ついつい追っちゃいますよね。

今回もクライマックスのダンスシーンでは目を奪われました。
さすがです。
やっぱり、凄いです。

そして、やっぱりsuzuyakaさんにも見とれちゃいますよね。
あの、セクシーなシーンも凄いんだけど、
それ以外でも、倒れるシーンの表情が素敵です。
倒れっぷりも見応えあります。

超ベートーベンの見せ場のシーン。
定時制では和也さんがこれでもかと引き伸ばしてましたが、
全日制では忠次郎とのコラボになってました。
いや、忠次郎主導になってました。
メッチャ、笑いました。

そして、今回、この作品を初めて見る方も多かったみたいですね。
ラストで黒幕の正体が明らかになった時にどよめいてましたから。
まあ、初演時は悲鳴に似た叫び声が上がってましたけどね。

ホント、楽しかったです。

終演後でロビーで餅つきイベントがありました。
が、出遅れてしまい、柱でほとんど見えず。
隙間から覗き込んで、今回は出演していない飯野さんがいることは分かりました。



すると、キャストが出てきて、みんなで餅つきが始まりました。
見えないので、スマホを持った手を伸ばして、頑張って写真を撮ってました。


でも、最後に飯野さんと久々にお話出来ました。