蓮とさよならカエルのおはなし

テーマ:
昨日、朗読×音楽なかがわ・なかがわの『蓮とさよならカエルのおはなし』を見てきました。


このイベント、AND ENDLESSの中川えりかさんと、
二胡奏者でシンガーでもある中川えりかさんという、
同姓同名の二人によるイベントです。
東京では何度か上演されていますが、今回、初の大阪公演です。

アンドレのえりかさんとは顔馴染み。
そして、二胡奏者のえりかさんも一昨年、別の劇場でご挨拶させて頂きました。
その二人に加えて、緒方ちかさんと劇団ZTONの為房大輔さんもゲスト出演。
これは見に行かない訳にはいかないですよね。

そして、塚本千代さんも出演です。
過去にアンドレの公演で何度か拝見してます。
名作の『美しの水』での後白河法皇役はかなりの印象的でした。
これも、嬉しかったです。

当初の予定とは違う週になりましたが、何とかスケジュールを確保してました。
会場はシアターカフェNyanです。
ここ、来月一杯で閉鎖してしまうそうです。
関西ではカフェ公演の先駆けみたいな会場でしたが、無くなるのは残念です。

で、昼に舞台を見てから時間があったので、立ち飲み屋へ行ってしまいました。
その結果、日本酒5合を飲んで、会場へ向かってしまいました(苦笑)
でも、割と平気でした。

今回、たまたま、Twitterで先行予約をしていることを知って、
すぐに予約しました。
「がわチケ」での予約は2回目です。
先行予約の席数が少なかったので、一瞬、焦ってしまいました(苦笑)

で、今回のお話、原作は伊織夏生さんです。
お名前は知ってましたが、どんな作風の方なのか知りませんでした。

で、今回の出演者です。

旅人:中川えりか(AND ENDLESS)
カエル:塚本千代
イワシタ:岩下政之
ツェウェル:緒方ちか
男:為房大輔(劇団ZTON)
ウーハティ:豊田豪(海賊のように飲む会)

《演奏》

唄・二胡:中川えりか
二胡:こたにじゅん
ギター:小川逸史

舞台は、、、
私は朗読劇というのが苦手です。
やっぱり、動きがないので、頭で整理しきれずに、物語が頭に入って来ないんです。
なので、眠くなってしまうという負のスパイラル(笑)

でも、今回は大丈夫でした。
やっぱり、えりかさんの歌の力が大きいです。
二胡という独特な音色と、それにマッチしたこれまた独特な歌声。
これが朗読ながら物語の世界観を作り上げてました。
なので、入り込めたのかも。

楽しめました。

で、今回の公演、この日は終演後にBARタイムに入ります。
要はそのまま残って、お酒を飲んでてもいいってことです。
19時開演で上演時間が90分。
なので、まだ時間が早めなので大丈夫。
更に翌日は何の予定も入れてませんでしたしね。

で、アカラのえりかさんとは一度お話させて頂いたんだけど、ようやくちゃんとお話できました。
更には塚本さんともゆっくりお話できました。
メッチャ、嬉しかったです。