椅子

テーマ:
私は基本、腰痛に悩まされてます。
まだ、治まり気味な時だったら、そんなに腰を気にしなくても大丈夫。
でも、酷くなってくると、椅子から立ち上がるのも一苦労。
くしゃみをした時とか、歩く振動だったりでも腰に響く事があります。
なので、長時間座る椅子っていうのが結構、重要です。

仕事中はデスクワークです。
基本的にずっと座ってます。
更に休日は観劇に行って、大体1時間半~2時間くらいはずっと座りっぱなしです。
なので、劇場の椅子も腰に優しければいいんだけど、
腰に厳しい椅子だと大変です。

よくブログに書いてるのがHEPホールの椅子。
これが腰によろしくない。
でも、行く事が多いから困ったものです。

背もたれにもたれると段々、姿勢が悪くなってしまいます。
なので、出来るだけ深く腰を掛けて、背中が垂直になるようにして座ります。
こんな座り方をするので前方の席だとステージが高いので見づらいです。
前方は段差が無いので後ろのお客さんには見えづらくなってしまってるかも。
なので、段差のある中段以降を選ぶことが多いです。

その点、キンケローシアターの椅子は凄く腰に優しいです。
さすが役者さんが作った劇場です。

きついのが桟敷席や背もたれの無い椅子。
これに長時間は腰に厳しいです。
なので、ウイングフィールドみたく、背もたれのある椅子が少ない場合、
何としてもこの椅子を確保すべく、特に早めに会場に行っちゃいます。

なので、某公演も今回は行くのを諦めました。
と言うのも、土日は東京で見に行けるとしたら平日のみ。
会場内は背もたれのある椅子と桟敷席が半々くらい。
19時開演なので、開場時間前に着くのは難しい。
という事は桟敷席になる可能性もある。
そんな賭けは出来ないので今回は諦めました。

そして、違う意味で相性が良くないのが職場の椅子。
自社の椅子がずっと腰に厳しかったんだけど、
ようやく腰に優しい椅子に買い換えました。
が、その直後に客先勤務に(苦笑)

今、座ってる椅子なんだけど、、、
椅子の生地が問題なのか、座ると太ももの裏に凄く汗を掻いてしまいます。
なので、椅子から立ったら、お尻から太ももに掛けて、
まるで、おもらしでもしたように濡れてます(苦笑)

これから夏になってから益々、汗を掻いてしまうような気がします。
既に椅子の生地が汗で汚れてしまってます。
座布団じゃないけど、もう少し、風通しのいい生地のクッションを買おうかなって。

ただ、それだけじゃなくて、何か座面の前の方が盛り上がってるような感じで、
太ももの裏に圧迫感があるんですよねぇ。
これも、汗を掻いてしまう要因の一つかもしれません。
色々と調整してはみるんだけど、しっくりとくる位置になりません。
ホント、どうしたもんだか。