わたくシゴトです画

テーマ:
昨日、三文姉妹プロデュースの『わたくシゴトです画』を見てきました。


三文姉妹を見るのは今回が初めて。
ようやく見れました。

この三文姉妹は、あちゃさん、、、高野亜沙美さんとかまくらあやさんによるユニットです。
あちゃさんの舞台はよく見てるのに、この三文姉妹はいつもタイミングが悪くて。
今回ももう少しで見れなかったところでした。

公演があることを最初知らなくて。
東京遠征の予定は組んでたものの、別の芝居を見に行こうと思ってました。
で、2月頃にたまたま、Twitterでこの公演の事を知りました。
キャストに顔馴染みな方もたくさんいらっしゃるので、
予定を変更してこちらを見に行く事にしました。

ただ、、、今回の公演、脚本家が9人、演出家が8人、役者が23人参加しています。
なので、「ピカソ編」「ダリ編」「ゴッホ編」の3つに分かれています。
高倉良文さんも脚本を提供されてます。
キャストにはネコ脱出からよっしーと加島晴さんが出演。
他にもみやびさんや西宮詩葉さんも出演。

顔馴染みな役者さんが出演される作品はすべて見たかったんだけど、
が、私が見れるのはこの日の千秋楽のマチネの「ゴッホ編」と大千秋楽の「スペシャルMIX編」のみ。
スケジュールに入れた時には何とか全員見れないかと祈り気味でした(笑)

すると、、、
Twitterを見てたら唐突にチケットの発売が始まってました(笑)
で、キャストを確認したら、顔馴染みな役者さんは皆さん、
この「ゴッホ編」に出演されてました。
更に良文さんの脚本もこの「ゴッホ編」でした。
一安心でした。
まあ、最悪、「スペシャルMIX編」では見れるだろうなとは思ってましたが。

今回の会場は、あちゃさんが所属されてる事務所が経営する駿河台下スタジオ。
昨年にオープンしたばかりなのに、やたら来る回数が多いです(笑)
社長ともすっかり顔馴染みになっちゃいましたしね。

で、今回のミッションは相馬光さんに話し掛ける事。
過去にネコの公演に客演されてるし、
Pop☆FLAVERメンバーですしね。
私にとってはちょっとハードルが高かったですが(苦笑)

で、まずはゴッホ編。

「プレゼンレン ゴッホバージョン」
作・演出:高野亜沙美(三文姉妹)

かまくらあや(三文姉妹)
高野亜沙美(三文姉妹)
アンドロイド:真加藤沙織

何か、、、あんまり覚えてないです。
すみません。

「職業体験」
作・演出:増田雅也(A-ZOjaya)

中村:浅川拓也(劇団四輪季動)
ナビゲーター:寺田ムロラン(グリーンメディア)
学生1:青井晧栄(フジプロダクション)
学生2・カメラマン:西村優(J-beans)
OL1:わたなべさと海(パンチドランカー)
OL2:川手ゆき子
少女:山田まいこ
プロデューサー:相馬光(Pop☆FLAVER)

これは、職場訓練として、一方的にシチュエーションを設定して、色々と体験させる、、、というお話。
結果的にはナビゲーターも職場訓練だったというオチ。

「自殺防止アンドロイド」
作・演出:高野亜沙美(三文姉妹)

コウ:吉川英夫(ネコ脱出)
少女:相馬光
開発者:西村優
助手:みやび
偉い人:寺田ムロラン
秘書:わたなべさと海
母親:真加藤沙織
妹:山田まいこ
キャスター:加島晴(ネコ脱出)
コメンテーター:たまきゆりな
元カノ:高野亜沙美

政府が自殺を防止のために、アンドロイドの開発を要請します。
そして生まれたのは、、、
見てて色々と混乱してしまいました。

「おにのことはさ」
作・演出:兒島利弥

鬼:青井晧栄
福:川手ゆき子
あや:かまくらあや
ゆか:加島晴
室長:寺田ムロラン

ごめんなさい。
これがあんまり合わなくて。
内容が入ってきませんでした。

「髪写真」
作・演出:仲島義侍(シーズプレイファクトリー)

写真家:浅川拓也
画家:増田雅也
モデル:西宮詩葉(A-ZOjaya)
少年:山田まいこ
老婆:川手ゆき子

そうなんですよ。
これも、全く、思い出せなくて。
すみません。

「エージェント」
作:高倉良文
演出:山田健介

新人:西村優
ボス:かまくらあや
J:たまきゆりな
ヘビータンク:みやび
キッド:川手ゆき子
コブラ:青井晧栄
隊長:高野亜沙美

これは見たことがある作品で、素直に笑えました。
面白かったです。

そして、アドリブ芝居対決が。
人数が多くて3分はなかなか厳しいですよね。

終演後は顔馴染みな役者さん達とお話しつつ、
次の千秋楽に向けて、時間を潰してました。
でも、、、全く、時間に余裕がありませんでした。

そして、次の「MIX回」です。
「MIX回」は他のピカソ編とダリ編で上演された作品と、
先ほど見た、ゴッホ編を合わせて、
出来るだけたくさん上演しようという公演。

「職業体験」

上記参照(笑)

「自殺防止アンドロイド」

上記参照(笑)
但し、、、

元カノ:川手ゆき子

「暗闇結婚式」
作・演出:高野亜沙美

新郎:山田健介
新婦:山田まい子
司会:かまくらあや
田中部長:わたなべさと海
友人A:松本さえ子
友人B:みやび
友人C:咲麻あさ実
友人D:池ノ谷さゆり
高崎:西村優
子ども:寺田ムロラン
大人:高野亜沙美

これ、新郎側の会社が電力会社。
が、式当日に停電になってしまうというお話。
なので、懐中電灯を使ってのお芝居。
ちょっと、ストレスを感じてしまいました。

「シンデレコ」
作・演出:うじすけ

シンデレコ:加島晴
担任の先生:西宮詩葉
イケてる子A:相馬光
イケてる子B:松本さえ子
ジミな子A:かまくらあや
ジミな子B:高野亜沙美
保健の先生:たまきゆりな
MC:増田雅也
王子:浅川拓也
お付きの者A:石上卓也
お付きの者B:西村優
女子:真加藤沙織
女子:池ノ谷さゆり
女子:咲麻あさ実

これ、ミュージカルです(笑)
シンデレコが保健の先生から貰った「魔法の水」を飲んで、明るい女の子になるというお話。
加島さんが頑張ってました。
面白かったです。

で、ここで最後に何を上演するかをお客さんの拍手で決めてました。
そして、予定を変更して、即興芝居対決に。
ここで、私が書いたタイトルが選ばれました。


良かったです(笑)

「BARリアル」
作・演出:藤重道治

さよこ:松本さえ子
あさこ:咲麻あさ実
まさお:増田将也
まこ:真加藤沙織
うーさん:エキストラ

これ、いいお話でした。
一年前に横丁の路地裏で凍死した弟の恨みを果たすために、この横丁を燃やすためにやってきた姉。
が、真実を知る。
見入りました。

って事で、色々な脚本、色々なジャンルの芝居を見れて楽しかったです。

終演後は顔馴染みな役者さん達とお話を。
そして、言われるがままにチェキを買ってしまいました(笑)





で、ミッションの相馬さんとお話でき、ツーショットも撮ってもらえました。
お酒の力もあって頑張れました。