大分の旅

テーマ:
写真だけで振り返っていました、先週末の大分の旅です。
もう少しだけお付き合い下さい。
※写真はその記事を参照して下さい(笑)

まずは土曜日。
今回、マイルを使った特典航空券での旅でした。
なので、乗りたい便ってなかなか取れないんですよねぇ。
でも、行きは乗りたかった便に乗れました。
まあ、6時起きになってしまいましたが。

普段は東京、、、東の方へ向かう飛行機ばかり乗ってるので、
西へ向かう飛行機は見える光景が新鮮でした。
途中、瀬戸内海の小島なんかを見つつ、大分空港へ。


大分空港の滑走路と平行して飛んでました。


そこから大旋回して、着陸。
慣れててもやっぱりドキドキしてしまいます。

飛行機を降りたらバスに乗って飛行場へ。
ここからリムジンバスに乗って別府北浜へ。
飛行場が海のそばにあるので、道路もずっと海沿いを走ってました。


元々は海の無い奈良県民なので、海にはテンションが上がってしまいます(苦笑)

ここからバスを乗りついで高崎山へ。
で、案内所で聞いたらバスが出たばかりからちょっと待たないとって事でした。
でも、バスが遅れてたので、やってきて、直ぐに乗れました。
が、、、このバス、途中、別府駅に寄ってもう一度、戻ってきます。
なので、道路を挟んだ反対側にあるバス停に行けば余裕で乗れてました。
これをちゃんと案内して欲しかったです。

でも、とりあえず、高崎山へ到着。
道路を挟んだ反対側には水族館もあるんですね。

高崎山に入山したら早速お猿さんが。
上にあがるとたくさんのお猿たちが。
スタッフの方がずっと色々と猿についてお話されてました。

更にその間におやつタイムが2回ありました。
この時、脚を開いて待っていると、猿が股をくぐっていくといい事があるかも。
って事で私も脚を開いて待ってました。
すると、、、何度か猿が股をくぐっていきました。
いい事がありそうです(笑)

あっちこっちで毛繕いをしてました。
更には寒かったからか抱き合ってる猿もいました。

子猿は可愛かったんだけど、やっぱりオス猿は威圧感がありました。
目を合わせちゃいけないって事で、ドキドキしながら写真を撮ってました。
って事でホント、一生分くらい猿を見ました(笑)

下山して再び、バスで別府北浜へ。
お昼ごはんを食べてなかったので別府駅まで歩きながらお店を物色。
途中、生ビールセットを出してるお店で「生ビール+りゅうきゅう」というのが。
この「りゅうきゅう」が分からなかったので、スルーしてしまいました。
後から思えばこのお店に入っておけば良かったです。
このりゅうきゅう、漬け込んだお刺身らしいです。

そして、駅前に24時間営業の居酒屋さんがあったのでここに入りました。
新鮮な海鮮が自慢のお店だったんだけど、、、
地元の海鮮が全くありませんでした(笑)
何故か大分での最初の食べ物がくじらのユッケでした。


唐揚も中津が有名だからと思って頼んだら、
ごく普通の唐揚でした(苦笑)
食べてる時に気付いたんだけど、このお店、全国チェーン展開してるグループ店でした。
そりゃあ、こうなるよね。
何か凄く残念でした。

で、バスに乗って旅館へ。
結構、山の方にある旅館でした。
案内された部屋は、バリアフリーのツインのお部屋。
そして、半露天風呂がありました。
そう、窓を開けたら露天風呂になるんですね(笑)

とりあえず、まずは大浴場へ。
小さめの露天風呂を含めて、独占状態でした。
お風呂、堪能しました。

そして夕食へ。
お刺身とかはあったんだけど、
あんまり大分感があるメニューはありませんでした。
チーズ入りの茶碗蒸しはちょっと面白い味でした。
パイ包みになってるクラムチャウダーとか、
綿菓子を入れて甘さを調整するすき焼きとか。

でも、、、その間、300mlの地酒を1本。
更に2合の熱燗を2本飲みました。

そして、部屋に戻って早速、半露天風呂へ。
これ温泉だったのかなぁ。
普通に蛇口を捻ってお湯を出してたし。

露天風呂としては良かったんだけど、
かけ流しじゃないので、冷めるのも早い。
なので、少しずつかけ流し状態にしながら入ってました。

その後は部屋で買っておいた720mlの日本酒を空けました。
どれだけ飲んでたんだろう(苦笑)

二日目、朝食へ行ったら団体さんが食べてて、
団体とはメニューが違うらしく、後から来て下さいと。
そして、団体も居なくなりゆっくり朝御飯を。
これまたあんまり大分感が無かったかも。
でも、、、夜もそうでしたが、スタッフに美人が多かったです(笑)

で、朝風呂をしつつ、部屋にあった洗顔料を試しました。
まずは竹炭で細かい汚れを落とし、
コラーゲン入りのやつで顔を擦ると古い皮膚が。
更に化粧水的なのがあったので、これを付けてみたら、、、
メッチャ、肌がスベスベになってました。
これにはビックリでした(笑)

早々にホテルをチェックアウト。
本当は駅までバスで行くつもりが、乗る予定のバスの時間まで30分あったので、
つい歩いてしまいました(笑)
すると、、、駅まで行かなくても、次の目的地に行くバスがある事に気付きました。

で、そこからバスに乗って鉄輪(かんなわ)へ。
当初の予定より20分くらい早く着きました。

この日は地獄めぐりをしてました。
色々な温泉がありましたが、温泉って事で、
熱帯魚やらワニやら色々といました。

もっと短い時間で終わるかなと思ってたけど、
意外と時間が掛かってました。
前半の5つの地獄を見終わってから、後半の2つの地獄まで距離もあるので、
一旦、軽く昼ご飯に。
ご夫婦でやってる夜は居酒屋さんをしてるらしいお店へ。

で、大分なので鶏天と瓶ビールを。
鶏天ってポン酢?とカラシが着くんですね。
イメージと全く違いました。

この日はお客さんが出て行ったと思ったら次のお客さんが着たりで、
店のご主人が「えっ?また?」って感じで疲れ果てた顔をされてました(笑)

そして、後半の2つの地獄も見終わり、バスで亀川駅へ。
ここからこの旅、初めての電車です。
電車に乗ってたら見覚えがある光景が。
そう、また高崎山でした。

そして、大分駅到着。
大分駅でトイレに行ったら、、、入口に暖簾が掛かってました。
トイレまでお風呂屋みたいでした。

まずはホテルへチェックイン。
飲みに行く予定のお店がオープンするまで休憩してました。

今回、一応、事前に幾つかお店はピックアップしてました。
が、Twitterのフォロワーさんが大分に詳しいらしく、
「何でも聞いて」って事だったので、お店を聞いてました。
すると、すぐに教えて下さって、そのお店がホテルのすぐ近くだったので、
このお店に飲みに行く事にしました。

カウンターがいい感じでした。
座ると大将が魚に向かって険しい表情をされてました(笑)
まずは生ビールから。
そして、メニューを見ると大分の地酒が結構ありました。
付き出しはまぐろのカマでした。

で、とりあえず、大将にお任せの刺身の盛り合わせを頼みました。
これが美味しかったです。
炙りもすごく香ばしくて、、、
更に大将が釣ってきたというオニカサゴのお刺身も頂きました。

更にはふぐの白子焼きを。
ふぐの白子は久々。
しかも、かなりの大きさでメッチャ、美味しかったです。

その間も日本酒を5杯、頂きました。
店員さんに聞いたんだけど、、、大分のお酒で何度か飲んでるのが
「ちえびじん」です。
が、このお店で頂いたのは「知恵美人」と漢字表記。


これ、「知恵美人」の方はお父様が、「ちえびじん」の方は息子さんがやられてるんだとか。
息子さんに商才があって、「ちえびじん」の方が全国に出回ってるんだとか。
逆に地元では「ちえびじん」はなかなか手に入らないそうです。

そして、最後はりゅうきゅう茶漬けで締めて、大満足でした。
まあ、、、久々な金額になってしまいましたが(苦笑)

ホテルに戻って、軽くウイスキーを。
でも、そうそうにへばってしまいました。

最終日、外は雨模様。
とりあえず、朝御飯へ。
ここで、大分最後の名物の「団子汁」を頂きました。


団子って事なので、丸いやつかと思ったら、平べったいのが入ってました。

で、帰りの飛行機は余裕のある便が取れなかったので、13時前の便に。
なので、ホテルをチェックアウトしてそのまま空港へ向かいました。


ちょっと余裕があるから御飯でも食べてと思ったんだけど、
食べなくて良かったです。
手荷物検査場が長蛇の列になってました。
通過するまで10分くらい掛かりました。

この日は雨のためか、飛行機の到着遅れで出発時間が遅れてる飛行機が続出。
なので、人で溢れてました。
とりあえず、私は生ビールと唐揚のセットを。
これが、、、唐揚を食べると冷たくて固い。
なので、まさかの温め忘れかと思って店員さんに聞いたら、
これはこういう物で、レンジで温めると味が落ちるらしいです。
仕方なくそのまま食べてたんだけど、爪楊枝が刺さりにくいくらい固かったです。

そして、帰りの飛行機はもう揺れまくりでした。
外は真っ白だし。

と、初の大分の旅はこんな感じでした。
今回は別府・大分とごく狭い範囲しか行ってませんが、
また、違う場所にも行ってみたいです。



って事で、全国制覇まで残り3県になりました。
次の旅も楽しみです。