髑髏城の七人 Season風

テーマ:
劇団☆新感線の『髑髏城の七人』のSeason風、見終わりました。


IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として始まった、
この『髑髏城の七人』。
花鳥風月と続くこのシリーズ、3つ目の「風」です。

今回の捨之介は松山ケンイチさんです。


今回のシリーズでは初めて、天魔王も演じます。


オーソドックスなパターンですね。
捨之介のイメージは何となく出来るんだけど、
天魔王のイメージが全くしなくて。
どんな天魔王を見せてくれるのか楽しみでした。

蘭兵衛が向井理さんです。
これも、イメージが沸かないなぁ。
優等生な印象が強いから蘭兵衛の狂気をどう演じるのか見物でした。

兵庫を山内圭哉さんが演じます。
舞台で拝見するの超久々です。
以前は僧正ってだけで見に行ってたのになぁ。
舞台で見るの、3年振りです。
兵庫は面白そうなんだけど、僧正ってアクションできたっけ?(笑)

極楽太夫が田中麗奈さん。
妖艶さという点ではちょっと違うような気はしますが、、、
でも何となくイメージは出来ます。
ただ、アクション系はイメージできないですが。

生瀬さんの狸穴はかなりイメージできます。
オトボケ感をメッチャ、出しそうですよね(笑)
面白そうです。

そして、じゅんさんが贋鉄斎です。
かなり自由に遊べる役なので、笑わせてくれそうです。
最後の100人斬りでは、捨之介とどんなコンビネーションを
見せてくれるのかも楽しみです。

更にアンサンブルを見てみると、何と小板チャンが出演です。
顔馴染みな役者さんが新感線の舞台に立つ。
凄いですよね。
更には30-DELUXの森大さんも出演。
アンサンブルを見るのも楽しみでした。

会場はIHIステージアラウンドです。
初めて行った時(4月)は周りに何もありませんでした。
今回もやっぱり何もありませんでした。
結局、豊洲市場が開場しないと、お店も出来ないですよね(笑)

今回の席は真ん中寄りだけど、後方の席です。
客席が回転する時に軽いGが掛かる席ですね。

改めて、今回のキャストです。

捨之介/天魔王:松山ケンイチ
無界屋蘭兵衛:向井理

極楽大夫:田中麗奈
兵庫:山内圭哉
沙霧:岸井ゆきの

狸穴二郎衛門:生瀬勝久
贋鉄斎:橋本じゅん

三五:河野まさと
安底羅の猿翁:逆木圭一郎
毘か羅の瞬尾/東雲:村木よし子
礒平:礒野慎吾
おえま:保坂エマ
因達羅の蛇眼:吉田智則
宮毘羅の猛突:松田慎也

服部半蔵/髑髏党鉄機兵/他:武田浩二

髑髏党鉄機兵/服部忍群/旅人/他
加藤学
川島弘之
南誉士広
熊倉功
縄田雄哉
藤田修平
森大
田沼ジョージ

青吉/髑髏党鉄機兵/他:穴沢裕介
黒平/髑髏党鉄機兵/他:蝦名孝一
無界男衆/髑髏党鉄機兵/他:小川慧
おいた:小板奈央美
おさき:笹丘明里
赤蔵/髑髏党鉄機兵/他:鈴木智久
おすず:鈴木奈苗
無界男衆/髑髏党鉄機兵/他:鈴木凌平
おしろ:田代絵麻
白介/髑髏党鉄機兵/他:棚橋麗音
おはち:鉢嶺杏奈
おとも:藤咲ともみ
黄平次/髑髏党鉄機兵/他:渡部又吁

舞台は、、、
オープニングはかなり変わってました。
狸穴と礒平から始まりましたから。
それに、髑髏党の前に荒武者隊が出てましたし。

でも、それ以外は割とオーソドックスな展開でした。
過去に見たことがあるようなシーン満載でした。

で、捨之介ですが、、、
松山さんってカポイエラとかが得意なんですかねぇ。
殺陣のシーンで足技が多かったです。
そして、捨之介はイメージ通りでしたが、天魔王も凄く良かったです。

向井さんは、、、
あんまり舞台向きじゃない?
台詞が凄く平坦に聞こえました。
そして、やっぱり、蘭兵衛の狂気の部分が全く伝わってきませんでした。
やっぱり、、、イメージ通りでしたね(笑)

田中さんは意外でした。
テレビでしか見たことありませんでしたが、あんな芝居も出来るんですね。
結構、はまってるなと感じました。

僧正はあの口調の哀しみ方、グッときました。
殺陣は、、、やっぱり、あのくらいですよね(笑)
楽しかったです。

じゅんさんはイキイキしてました。
捨之介に向かって「今、何て名乗ってるんだったっけ?エルだっけ?」
笑いました。
さすがです。
百人斬りのシーンも息ピッタリでした。

生瀬さんはさすがです。
殺陣は危うかったけどね(笑)
刀を落としたりしてたし。
でも、笑えました。

礒平が浣腸されるシーン、いつもフューチャーされるから楽しいですよね。
どこまで遊んでくれるのか楽しみになっちゃいます。

そして、小板チャン。
役名がおいたって(笑)
最初は分からなかったけど、途中から認識しました。
やっぱり、舞台映えしますよね。
素敵でした。

森さんは全く分かりませんでした。
まぁ、傘を被ったりしてますしね。
カーテンコールでようやく分かりました。
男性キャストに知り合いが出てても見つけるのは困難ですね。

さて、このシリーズ、花鳥風月と続きます。
これで花鳥風と見てきました。
となると、ラストの月も見たい所ですが、
キャストを見て、急に行く気が失せてしまいました。
なので、自重します。

が、、、その後に「極」というのが上演されるらしいです。
これには興味が。
キャスト発表が楽しみです。

AD