秋田の旅

テーマ:
先週末は秋田の旅でした。


が、、、ほぼ、観光は出来ずでした。

初日、飛行機の値段の都合もあって、
伊丹13時35分発でした。
でも、クラスJで10,000円です。
安いですよね。


なので、秋田に着く時間も遅く、
空港からリムジンバスに乗ってそのままホテルへチェックイン。

今回のホテル、部屋にマッサージチェアがありました。



色々と堪能しました。

そして、初日はそのまま飲みに行きました。
一応、事前に調べて地酒の多いお店へ。
が、料理がイマイチで。


あんまり秋田っぽい料理が無くて。

でも、いぶりがっこは強烈でした。


メチャクチャ、スモーキーでこれまで食べた事がないような感じでした。
例えるならラフロイグのクォーターカスクくらいでした。
あっ、分からないですか(笑)
食べてなくても、そのスモーキーな薫りが漂ってくるくらいでした。

で、食べ物は諦めて普通に飲み食いしてました。

秋田二日目は観劇。
朝ごはんはバイキングでした。
秋田っぽいものもたくさんあって、食べ過ぎてしまいました。
その後、しばらくホテルで飲んでました(笑)

元々、バスで能代へ向かうつもりでしたが、
電車で行こうかなと思い立って早めにホテルを出ました。

途中、公園では蓮の花がたくさん咲いてました。



が、ここで写真を撮ってたために、電車に2分の差で乗れませんでした(笑)
なので、結局、バスで移動。

舞台が12時半開演。
能代駅には11時半少し前に着きました。
軽く食べておきたいなと思ったものの、お店がなく。
どうしようかと思ってたら、会場近くに喫茶店が。
とりあえず、パスタと瓶ビールを(笑)
あっ、上演時間が1時間20分くらいと聞いてたので、
膀胱ももつかなと思って。

観劇後は電車で移動。
電車に乗ると地方に来たなって感じがしますよね。

能代はバスケットが有名なので、駅のホームにバスケットゴールがありました。



五能線を一駅乗車した後、東能代からは特急に乗りました。





私は車掌さんが着た時に特急券を車補で買いました。
でも、乗ってた50分くらいの間、検札がありませんでした。
降車後も特急券の回収もなく、
これ、特急券を買わなくても良かったんじゃないかと思っちゃいました。
本数がかなり少ないから車掌さんも暗黙の了解的な感じなのかなぁ。

秋田駅へ戻ったら15時半過ぎ。


駅ビルのお店へ入り、比内地鶏きりたんぽ鍋を食べました。


ちょっと私には味が濃すぎるような気がしました。

で、一旦ホテルに戻って休憩して、また飲みに出ました。
が、日曜で閉まってるお店が多くて、
結局、ホテルの1階の居酒屋へ行きました。
ここでもあんまり秋田っぽいものは食べなかったような。

そして、秋田最終日。
朝食バイキングは前日でどんな感じか分かってたので、
軽めに食事を食べつつ、デザートを食べ過ぎてしまいました(笑)
それからチェックアウト時間までずっと飲んでました。

チェックアウト後、周辺をぶらり。
ほぼ、観光らしいことをしてなかったので、
ホテルの近くの赤れんが郷土館へ。



その後、昼ごはんに比内地鶏親子丼を食べつつ、日本酒を。


地酒を結構飲んだんだけど、飲みたい地酒を置いてる店が少なくて。
ここでようやく「新政」を飲めました。

そして、リムジンバスで空港へ。
お土産を物色してたら、余裕が無くなっちゃいました。
それでも、優先搭乗で真っ先に乗り込めました。
すると、客室乗務員さんが付き添ってきて、話し掛けてくれました。
こんなサービスもあるんですね(笑)

って事で、せっかく秋田まで行ったのに、
観光らしいことはほぼ出来ず、ただ飲んでただけでした。

本当は男鹿とか角館とか大館とか田沢湖とか、
行きたい場所はたくさんあったのに、全く行けず。
またリベンジしたいです。


AD

コメント(2)