お互いに揶揄すらし合えない関係って、息苦しいよな | 偕楽園血圧日記

お互いに揶揄すらし合えない関係って、息苦しいよな

 週末には30度近い気温だったというのに、また突然寒くなった。
 夜は毛布が欲しいと思うぐらいだ。


++++++++++++++
 安倍首相が改憲議論訴え 所信表明演説、韓国にも言及

 第200回臨時国会が4日召集され、安倍晋三首相は同日午後、衆院本会議で所信表明演説に臨んだ。憲法改正の議論を進めるよう呼びかけるほか、社会保障制度改革、消費増税に伴う対策などに触れた。外交では、北朝鮮との首脳会談に向けた意気込みを語り、関係が悪化する韓国についても言及した。
 首相は悲願とする憲法改正について、「令和の時代に日本がどのような国を目指すのか。その理想を議論すべき場こそ、憲法審査会ではないか」と議場の国会議員に呼びかけた。
 朝日新聞デジタル 10/4(金) 15:13

++++++++++++++

 臨時国会が開催され。安倍総理が所信表明演説を行った。
 いつものような中身のない野党のいちゃもん付けを長々と流すテレビニュースもたいがいだが、わざわざ「韓国にも言及」と見出しで打ちながら「関係が悪化する韓国についても言及した」としか書かない朝日新聞も、ひどいものである。

 この安倍総理の演説では、当の韓国の新聞が、

++++++++++++++
 安倍氏、国会演説で韓国にたった1回だけ言及「国同士の約束を順守せよ」

 安倍晋三首相は臨時国会が招集された4日、所信表明演説で「韓国は重要な隣国」としつつも「国際法に基づき、国と国との約束を順守することを求めたい」と述べた。
 全体を通じて韓国に関連する言及はこの一行だけだった。
「徴用問題は1965年請求権協定ですべて解決済みなので、韓国は大法院判決による国際法違反状態を是正せよ」というこれまでの主張を繰り返した。
(後略)
 中央日報日本語版 10/4(金) 15:16

++++++++++++++

「たった一言、それも『約束守れ!』しか言わない」と吹き上がっているのに。その発言内容すら朝日の記事にはない。

 いったい何がしたいのだろう?


 三重の県議が、

++++++++++++++
 三重県議、朝鮮語使い不適切投稿 議長が異例の批判声明

 三重県議会の自民党系会派に所属する小林貴虎氏(45)=津市選挙区=がツイッターで朝鮮語を使った不適切な投稿をし、県議会の正副議長が「差別は決して許されるものではない」との異例の声明を発表した。小林氏は「軽率だった」と認め、投稿を削除した。
 小林氏は8月中旬にツイッターで、小池百合子東京都知事の仮装についてやり取りする中で、「ヘイトニダー」などと書き込んだ。「ニダ」は朝鮮語で「ですます調」の言葉遣いの語尾に使われるが、日本ではSNSで「嫌韓」をあおる書き込みに、からかい半分で使われるケースも多い。
 書き込みに対し、県議会の他会派から「ヘイトスピーチ(差別扇動表現)だ」と批判が上がり、小林氏が所属する自民党県議団の中森博文団長も「厳しく対応したい」との姿勢を示した。中嶋年規議長は1日の会見で、「一部の国や民族、特定の国籍の外国人らを排斥する不当な差別的言動は決して許されるものではない」との声明を、正副議長名で発表した。
 朝日新聞デジタル 10/2(水) 18:29

++++++++++++++

「なんとかニダ」という文章をツィッターに書き込み、「差別だ」と糾弾され、謝罪をしたという。

 やれやれ。正しくは何と書いたのか、こういう記事ではぼかされるのでわからないのだが、「ですは日本、アルは中国、ニダは韓国」ともいわれるごく普通の3か国の「表現」まで「差別」といわれてしまうようになったのか。
 実際のところ私の知り合いの中国人に「アル」を使う者はいないけど、彼らがそれに対して「差別」というのを聞いたことはない。

 中国本土のメディアも、

++++++++++++++
 中国メディアの今日頭条は2日、日本の漫画やアニメにはしばしば「中国人キャラクター」が登場するが、このキャラクターには日本人の固定概念が反映されており、中国人からすると理解に苦しむものもあるとする記事を掲載した。
 記事は、かつて推理小説が大衆の人気を集めた黄金期に、英国の推理作家ドナルド・ロックスが記した「ロックスの十戒」について触れ、推理小説を執筆する際のルールの一つに「中国人を登場させてはならない」というものがあると紹介。これは、中国人が武林の達人として物語に登場すると、推理の軸が揺らいでしまうとして含められたものと説明した。
 しかし、時代は移り変わり、「現代のアニメや漫画、ゲームには必ず中国人キャラクターが登場するようになっている」と指摘。なかには中国人キャラが主役として描かれるものもあるが、「日本のアニメーターが描き出す中国人キャラクターには大きく分けると3つのパターンしかない」と主張した。
 その3つのパターンのうちの1つは「カンフーの使い手」であること、2つ目は「中華料理を作る料理人」であること、3つ目は「チャイナドレスを着て、女性の髪型は二つにまとめたお団子ヘアー」というものだと主張。
 これらのパターンは日本人の中国人に対する固定概念を示しているとし、中国人からすると理解に苦しみ、複雑な気持ちになるようだが、ストーリーを展開させるうえで重要な役割を果たす中国人キャラクターも多いゆえに、「中国の要素は日本のアニメや漫画の関連産業に大きな利益をもたらしているのは間違いない」と主張した。(編集担当:村山健二)
 サーチナ 2019/10/06 11:12「日本の漫画やアニメに登場する中国人キャラは『だいたい3つのパターン』=中国」より

++++++++++++++

 こういう「類型的キャラ」に対して「差別だ!」などと騒がず、「我々の文化が寄与している」と大きなところを見せてくれているし。

「なんたらデース」というアニメキャラのように、こういう「記号」は「なんたらデース」というアニメキャラのように、揶揄として使われることもあるので人によっては不快に感じることもあるだろうが、「差別」というのは大げさ。こんな程度の揶揄もできない関係という方が不健全だ。
 この建議が実際のところは「ニダ」以外のところで「排斥を煽る」ことを書いていたというならばそこを問題にすべきで、語尾のことに話をすり替えてはいけない。そういうことをすると彼らは次からは「そういうところ」に付け込んでどんどん話をすり替え、「少しでも自分が上」に立とうとするようになる。

 韓国関係では、先月には、 

++++++++++++++
 「朝鮮通信使は凶悪犯罪者集団」杉並区議、本会議で発言

 東京都杉並区の佐々木千夏区議(46)が、区議会本会議で「朝鮮通信使」について、「女性に対する暴行、殺人、強盗を繰り返す凶悪犯罪者集団」などと発言した。区議会の複数の会派が「差別的な発言だ」として、発言の取り消しを求めるなどの対応を協議しているほか、市民グループも抗議文を出す予定だ。
 発言があったのは、今月12日の本会議一般質問。佐々木区議は、同区で使われている社会科教科書の記載について、「朝鮮通信使が歓迎を受けたというのは、全くのうそ。女性に対する暴行や殺人を起こしている」「創氏改名も全くのうそ」などとして、副読本を配ったり、教員への勉強会を開いたりするよう求めた。区教育委員会は「文部科学省の教科書検定に合格したもの。補足説明する必要はない」と答弁した。
 共産、立憲民主など複数の会派は、発言が「ヘイトスピーチだ」として区議会での対応を協議している。区内の市民グループも辞職を求める抗議文を出す予定だという。
 佐々木区議は朝日新聞の取材に、「複数の区民から、教科書が問題だという連絡を受けて質問した。歴史的事実なので、発言を取り消すことは考えていない」と答えている。
 朝鮮通信使を研究する京都造形芸術大学の仲尾宏客員教授(日韓・日朝関係史)は「朝鮮通信使は、朝鮮国王が任命した正式な使節団で、儒教の教えを守っている人たち。略奪や暴行をしたという史料は見当たらない。責任ある立場の公人の発言として問題だ」と指摘する。
 佐々木区議は4月の区議選で、「NHKから国民を守る党」から立候補し初当選。その後、除名され、現在は「正理の会」に所属。同区議によると、正理の会は自身が所属する宗教団体の名前だという。(杉原里美)
 朝日新聞デジタル 9/19(木) 0:18


 女性区議、朝鮮通信使は「凶悪犯罪者集団」…口頭注意

 東京都杉並区の佐々木千夏区議(46)が区議会本会議の一般質問で、江戸時代の朝鮮通信使について、「女性への暴行、殺人、強盗を繰り返していた凶悪犯罪者集団だった」と発言した。区議会の井口かづ子議長は19日、佐々木区議の質問の中で、在日朝鮮人らに対する不適切な発言があったとして、口頭で注意した。
 佐々木区議の質問は12日。井口議長は読売新聞の取材に「歴史認識は人によって異なるが、隣国を傷つける発言は議会人として品位にかけると思う」と述べた。
 朝鮮通信使は朝鮮王朝が江戸時代、日本に派遣した外交使節団。朝鮮通信使を研究している仲尾宏・京都造形芸術大客員教授(日韓日朝関係史)は「朝鮮通信使が犯罪をしたとする史料は見たことがない」と指摘している。
 読売新聞オンライン 9/21(土) 10:45

++++++++++++++

 こんなことを言ったとして問題になっている。

 朝鮮通信使には、実際のところ行列が通った地方との悶着も報告され、ネットでは有名な「鳥泥棒」の絵も残されている。

++++++++++++++
 朝鮮通信使は、室町時代から江戸時代にかけて、当時の李氏朝鮮から日本に何度も派遣された外交使節団を指す。ネット上では、通信使が1748年に淀藩(現在の京都市内)を訪れたときの当時の絵図を元に、鶏を盗んだり町人と争いをしたりしていたとの推測が出回っている。また、ほかの史料や歴史書からは、通信使が物を盗んで船に積んだり食事に難癖をつけたりした、日本人を罵倒して>攻め滅ぼしたいと日記に書いていた、といった情報が流れている。
(中略)
 この点について、京都市歴史資料館の学芸員は9月19日、「そのような史料があるとは、聞いたことがありません」とJ-CASTニュースの取材に答えた。
 淀藩の絵図については、次のようにみる。
「藩では、通信使をもてなすために下行所という建物を建てて、通信使の団員に鶏や魚、米を支給していました。ほかの史料でも、盗難があったという表現は一言もなく、盗んでいるとは言い切れないと思います。また、絵図は、あくまでも見て楽しむもので、争いを面白く描くのは昔からあることです。当時のにぎわいを書かせており、絵師が直接見たわけでもないでしょう」
 一方で、団員が鶏を抱えて走るのを藩士が追いかけているような場面もある。この点については、こう言う。
「言葉が通じなかったのかもしれませんが、自炊するための食材を無断で持ち出した可能性はあります。食材を黙って持っていかれると困るので、藩士が制止したということも聞いています」
(J-CASTニュース編集部 野口博之)
 J-CASTニュース 9/19(木) 20:09配信「杉並区議『朝鮮通信使は凶悪犯罪者集団』発言が物議 史料に詳しい学芸員の見解は」より

++++++++++++++

 こんな記事を書くところもあるが、「言葉が通じなかったのかもしれませんが、自炊するための食材を無断で持ち出した可能性はあります。食材を黙って持っていかれると困るので、藩士が制止したということも聞いています」って、それがすなわち「鳥泥棒とそれを追いかける人物の図」ではないか。半島では知らないが、それは日本では「泥棒」というのだ。

 が、そういう悶着があったからといって「凶悪集団」とまで言うのは言い過ぎなのは確かでもある。とはいえ、それも300年も前の話。しかも今の大韓民国の話ではなく、李氏朝鮮時代の話である。「隣国を傷つける発言」として「差別「差別」と騒ぐのはおかしい。
 この区議が「昔の朝鮮人はこんなことをしていた、だから韓国人は~」というようなことを言ったというのならば、それは「過去を持ち出して今を差別する」ものとして責められることもあるだろう。だが、昔のものへの評価をもって「差別」という糾弾を行うのは、ただの言論弾圧である。
 そしてそれはまさに「慰安婦」だの「旭日旗」だの、極端なところでは「秀吉がどうの」で日本人を貶めようとする韓国がやっていることでもある。この区議の発言で「隣国を傷つける」という人間は、今韓国がやっていることに対しても同じことを言わなくては。

 1週刊誌が「韓国はいらない」と見出しを打っただけで「差別だ差別だ!」と大騒ぎ、謝罪に追い込むようなことも行われるし(2019/09/04の記事、「『自由を与えるのは俺たち』だと思っているようだな(怒)」参照)
「韓国のことはたとえ事実でも彼らに都合の悪いことは言ってはいけない」というこんな圧力騒ぎが続くと、そのうち「韓国のことを口にしたら大変なことになる」という人が増え、やがては総理の所信表明ですら「一言も」触れられないことになってしまうことだろう。


 おまけ。

 安倍総理の所信表明につれられた野党の文句だが、その中で一番ひどかったのはどれかといえば、

++++++++++++++
 共産・志位氏「厚顔無恥な世界史の歪曲」 首相の所信表明演説に

 共産党の志位和夫委員長は4日の記者会見で、戦前の日本による提案が国際人権規約につながったとした安倍晋三首相の所信表明演説について「これほど厚顔無恥な世界史の歪曲(わいきょく)はない。歴史への無反省が表れた」と批判した。
 首相は演説で、日本が1919年の第一次世界大戦に関するパリ講和会議で「人権平等」を提案したことに言及。「欧米の植民地が広がっていた当時、日本の提案は強い反対にさらされた」と紹介した後、「日本の大いなる理想は国際人権規約をはじめ国際社会の基本原則になった」と続けた。
 志位氏は「国際人権規約の基本理念は『民族自決権』だ。それを踏みにじって(朝鮮半島の)植民地支配をしていたのが戦前の日本だ」と指摘。「(首相の)歴史への無知と無反省が表れた。こういう姿勢だから日韓問題もより悪くなる」とこき下ろした。【小山由宇】
 毎日新聞 10/4(金) 17:46

++++++++++++++

 これかな。

 まあ、日本が国際連盟で提唱した「人種差別反対」が今の差別反対機運のベースになったかどうかは学問に判断してもらうしかないが、「朝鮮半島植民地論」で「差別」を語るのは、あまりに無知。
「日韓は国家合併した」ということすら知らない志位氏には、「正しい日本史の資料」で勉強しなおしてもらう必要がある。

 というかこの「歴史知識」は、 

++++++++++++++
 植民支配しておきながら「日本、植民主義に対抗して人種平等」叫んだ安倍氏

 安倍晋三首相が4日に招集された臨時国会の所信表明演説で日本を「植民主義に対抗した人種平等主唱国」と表現し、論議を呼びそうだ。事実上、日本がアジアの人々を解放させると言って戦争の口実とした日本軍部の「大東亜共栄圏」の主張を擁護したとも解釈でき、周辺国の反発を招くものとみられる。
(中略)
 現在の日本の平和憲法を変えるという意志を強調するために、安倍首相が取り上げたのが第1次世界大戦の戦後処理のために開かれた1919年のパリ講和会議だった。
 この会議に日本代表として出席した牧野伸顕全権の発言と主張を「憲法と同じように新しい時代の理想と未来を提示した代表的な事例」として紹介した。
 安倍首相は「1000万人もの戦死者を出した悲惨な戦争を経て、どういう世界を創っていくのか。新しい時代に向けた理想、未来を見据えた新しい原則として、日本は『人種平等』を掲げた」と述べた。
 続いて「当時、世界中に欧米の植民地が広がっていた当時、日本の提案は、各国の強い反対にさらされた。しかし、(牧野全権は)決してひるむことはなかった」とし「毅然とこう述べた。『困難な現状にあることは認識しているが、決して乗り越えられないものではない』」と紹介した。
 あわせて「日本が掲げた大いなる理想は、世紀を超えて、今、国際人権規約をはじめ国際社会の基本原則となっている」とした。
 安倍首相のこのような言及は、第2次大戦当時に日本が歩んだ帝国主義侵略史に言及しないまま、それ以前のことだけを前面に出す「歴史隠し」であり「歴史ロンダリング(洗浄)」という論争を呼びかねない。日本帝国主義時代における南京虐殺や関東大震災朝鮮人虐殺事件など、植民支配下にあった国民は組織的に虐殺された。東京都心では現在も嫌韓デモが起きている。
(後略)
 中央日報日本語版 10/4(金) 17:16

++++++++++++++

 この「日帝支配」というファンタジー史観を語る韓国紙とまったく同じではないか。

 いったい彼はどこの国の人間なのだろう?
 そもそも「国境をなくせ! インターナショナルだ!」と掲げる共産主義政党の代表が国境をなくす併合を否定し、共産主義を非合法としている国と同じことを言うのだから、いやはやこれは面白すぎる。


 本日の巨大魚。

++++++++++++++
 1mの巨大たい焼きに挑戦、富山 鋳物の町・高岡の高校生ら


(写真、共同通信より。焼き上がった巨大なたい焼きを囲む、私立高岡向陵高の生徒ら=5日午後、富山県高岡市)

 鋳物や銅器の町として知られる富山県高岡市の私立高岡向陵高で5日、同校の生徒と地元の鋳物メーカーなどが協力し、全長1メートル、厚さ10センチのたい焼き作りに挑戦した。約1時間半かけ、たい焼きが完成、試食会も行われた。
「世界一のたい焼きに挑戦!」と銘打たれた産学連携プロジェクトの一環で、地元の鋳物メーカー「北辰工業所」が金型を製作、同校生徒が調理を担当した。
 大型のバーナーを用意。小麦粉や牛乳、卵を使い、飽きないようにと、中身にはこしあんだけでなく、カスタードや白玉も入れた。材料の総重量は約10キロ。
 たい焼きを切り分け、高校生や保護者ら50人が試食した。
 共同通信 10/5(土) 16:27

++++++++++++++

 おお、すごいなこれは。
 バーナーで焼くとは。ムラにならないように焼き上げるのが難しかっただろうなぁ。ちょっと焦げてるところるあるけど(笑)。

 こういう大きな「鯛」を見ると、祖母からよく聞いた父の子供時代のこと話を思い出す。
 大きな鯛をして「目の下1尺」と表現されることがある。もちろんこれは頭から尻尾の方に向かった長さをいう。だが父はこれを「目の下」だから目から顎に向かって「1尺ある鯛」のことだと思っていたというのだ。
 この鯛焼きは……間違いなくその「目の下1尺」の鯛だよ、父さん。