あなたは「数学が嫌いだから文系」という人間になっていないだろうか? | 偕楽園血圧日記
2018年11月10日(土)

あなたは「数学が嫌いだから文系」という人間になっていないだろうか?

テーマ:政治

++++++++++++++
 読書量多いほど算数向上=「問題正確に読み取る」―民間調査

 読書量が多いほど学力が向上し、特に算数で影響が大きい―。
 こんな結果がベネッセ教育総合研究所(東京)の調査で明らかになった。同研究所は「与えられた問いや条件を正確に読み取る力を高めているのではないか」とみている。
 調査は2016年8月から17年12月の間、小学5年生(調査開始時)4万2696人がベネッセの電子書籍サービスを利用して本を読んだ数と、学力テストの結果を分析した。
 その結果、10冊以上読んだグループは4教科(国語、算数、理科、社会)の平均偏差値が1.9ポイント上がったのに対し、読書をしないグループでは0.7ポイント下がった。いずれの教科も読書量が多いほど偏差値が上がり、特に算数では「多い」と「しない」グループの間に4.8ポイントの大きな差が付いた。
 当初の学力が高い子どもと低い子どもに分けて読書の効果を調べると、低い子どもの方が読書による学力の伸びが大きいことも分かった。 
 時事通信 11/7(水) 5:09

++++++++++++++

「進研ゼミ」で有名なベネッセの調査で、こんな傾向がデータとして出たという。

 まあ、当たり前だろうな。
(2016/03/07の記事、きちんと学ぶことに文系も理系もない)でも書いたように、理系というのは論理力が必要になる系統なので、もともと読解力というものが求められるもの。(2012/01/13の記事、♪もう~終わりだね 君が小さく見える)で取り上げた「8×5問題」で指摘したように、「文章を式に落とし込む」ような能力が求められるものなのだから。

 よく「理系文系を茶化す」話で「文系は感情的で理系は人の気持ちを数式にしようとする」というものがあるが、本当の文系は文章の解析能力があるので数式を読むこともできるし、理系は論理力が求められるので文章を解析して内容を理解することができる。もっとも、だからといって文系が数式を説く「テクニック」を持っているかは別だし、理系の「論理的な考え方」が感情論にならないというのも別の話ではある。私は物理屋なので「完全文系」の人間の考えはよく知らないが、少なくとも理系の人間に「論理的につながらない話を聞くとイライラしてくる」人が多いのは間違いないけど(苦笑)。

 子供の頃の読書というのは文章を頭に入れるための「訓練」なので、文系だ理系だなどといわずに「やるべき」ことで、それが「学問に向かう素養」を作るということにもなるのだ。
 くれぐれも「数学が嫌いだから文系」というただの「勉強嫌い」の言い訳のための「理系は国語が苦手で文系は数学が苦手」などというレッテル貼りに引っかかってはいけない。


 と、いうところで……。

 昨日取り上げた東海第二原子力発電所の再稼働の話で、

++++++++++++++
 <東海第2原発>6市村首長「自治体了解なしに再稼働なし」

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働を巡り、原電と結んだ新たな安全協定で「実質的な事前了解権」を認められた6市村でつくる「原子力所在地域首長懇談会」(座長=山田修・東海村長)が9日、村役場で開かれ、「1自治体でも了解しなければその先(再稼働)に進めない」との認識を確認した。山田村長が会合終了後に明らかにした。
 懇談会には6市村の首長のほか、原電常務の剱田(けんだ)裕史・東海事業本部長が出席。議事は非公開だった。
 山田村長によると、再稼働の賛否が分かれた場合の「拒否権」の有無を巡り、原電の和智(わち)信隆副社長が7日に「拒否権という言葉は新協定にない」と発言したことについて、発言の撤回と謝罪を原電に申し入れたという。
 協定には再稼働への賛否が自治体間で分かれた場合の規定がなく、各自治体の「拒否権」の有無を巡り、原電や各首長間で認識が食い違っていた。
 同原発は、原子力規制委員会が7日に最長20年の運転延長を認可し、再稼働に必要な国の審査はほぼ終了した。原電は2021年3月までに約1800億円をかけて安全対策工事を実施する予定だ。【加藤栄、太田圭介、吉田卓矢】
 毎日新聞 11/9(金) 21:48


 日本原電の「拒否権」否定発言に反発=東海第2の周辺首長、謝罪要求

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の周辺6市村の首長と原電幹部の会合が9日、同村役場で開かれ、自治体に付与されたとされる「事前了解権」の解釈をめぐり議論が紛糾した。
 原電幹部が「(再稼働の)拒否権」の否定とも受け取れる発言をしたことに首長側が反発。謝罪と撤回を求める一幕もあった。
 会合は非公開で行われ、東海村の山田修村長や水戸市の高橋靖市長らが参加。原電からは剣田裕史・東海事業本部長らが出席した。
 問題となったのは、東海第2の運転期間延長が認可された7日、原電の和智信隆副社長が報道陣に語った「拒否権という言葉は新協定の中にはない」という発言。一部の首長は原電と結んだ安全協定の「実質的に事前了解を得る」との規定に基づき、拒否権を得たとの見解を示している。
 出席者によると、和智副社長の発言に対し、首長側が強く反発。原電に対し、発言の撤回と謝罪を求めたという。 
 時事通信 11/9(金) 23:51

++++++++++++++

 わが水戸市長をはじめとする周辺自治体の首長が、「再稼働のための地元合意を求める協定書の中には『拒否権』という言葉はない」といったということで「謝罪しろ!」といっているという。
 恥ずかしいことをするなよ(汗)

 実際その協定書は全文公開になっていないようだが、「拒否権」という言葉がないという原電の言い分に間違いはないのだろう? ただ首長たちは「地元合意」というのが「拒否権を持たせてもらった」と思っているというだけで。
 そもそも、原子力の運用を定めた法律には「地元の合意がなければ運転してはならない」という条文はない。だからこの「合意を」というのはあくまで相手側が「行為」で言っていることだという認識は、持っておかなくては。
 なにか「自分の方が立場が上だ」と思っているようならば、沖縄のようにおかしな対立が起きるだけである。それで原電側が「了解なしの再稼働」をやったとしても、自治体側に停める手はない。裁判で留めようとしても、負けるよ。

 原子力の運営側は、もともとそんな義務はないものだが「迷惑施設だと考える人もいるから、説明して納得してもらいたい」という気持ちで「合意を得る協定」を持ち出しているのだ。ならば自治体側も、感情的な対立に持ち込むのではなく、原子炉の安全性をきちんと数値で判断していかなくては
 昨日取り上げた那珂市長のように、根拠のない政治的メッセージの数字にこだわり感情的に反対するのではなく、格納容器や圧力容器の脆弱化の進行を数値で聞き、その意味を咀嚼し、判断する賢明さを自治体側も持たなくてはならないのだ。
 対津波対策も、単に「高さがどうの長さがどうの」で判断するのではなく、どれだけの力が加わるのかまで計算してもらい(地震の予知のできない地学でも、それぐらいのことはできるだろう)、建物が耐えられるのかを考えなくては。
 もちろん、冷却電源の確保がどうなっているかも大切である。

 NHK水戸では、全国的に人気の「チコちゃんに叱られる」の時間にわざわざ「我々はどう原子力と向き合うべきか」という「不安煽り」の番組を流していたことがあるが、「向き合う」もなにも、原子力はただの技術なのだから、技術として扱えばいい。必要ならば使うし、もっといいものがあれば使わない。それだけである。なにも「核と人類は共存できない」式の宗教になどする必要などないし、そういう団体が声高に騒ぐから追従することもない。

 水戸や東海村周辺の首長たちには、人に謝罪を求める前に、自分たちがそういう「真摯な姿勢」を示しているかをまず問うてみてほしい。 
 自分が「数学が嫌いだから文系」になっていないかを自問してみるのも、その検証に使える指標になる。


 本日の量産型。

++++++++++++++
 ザクの頭からお湯が…職人技光る鉄瓶、シャア専用は断念


(写真、朝日新聞デジタルより。(左から)「鉄瓶ZAKU」、「鉄魂アッガイ」、「鉄魂ハロ」(C)創通・サンライズ)

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ザク」が、岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」になった。製造するのは本場、奥州市の職人たち。バンダイ(東京都)が8日、インターネット>で予約受け付けを始めた。
 ザクの頭部を模した鉄瓶は高さ約16・5センチ、重さ約2・5キロ。約700ミリリットルが入る。南部鉄器づくりが盛んな奥州市の水沢鋳物工業協同組合が職人たちに呼びかけ、製作した。目の部分のへこみなどを再現するには特殊な工程が必要で、型を作るのに半年かかったという。
 日本の伝統や技術をガンダムとコラボして発信するバンダイのプロジェクトで、人気が高い「シャア専用ザク」の製作も考えたが、角の部分でやけどする可能性があるため、量産型のザクを選んだという。同組合販売課の佐藤康平さん(32)は「ロボットと鉄で相性が良い。重量感、質感を楽しんでほしい」。
 朝日新聞デジタル 11/9(金) 5:25

++++++++++++++

 これ、バンダイからのメールにも載ってたな(笑)。
 すでに二次受注すら「在庫なし」になっているので、相当な人気のようだ。

 水(お湯)が出るのだから、鉄瓶の方をアッガイにすべきじゃなかったかなぁとも思うのだが、どのみち「口」から出すのは位置的に難しいし、「商業的(笑)」にはしょうがないか。

 ちなみに、記事には出ていないが、価格は鉄瓶ザクが24840円(税込み)、鉄塊アッガイとハロがそれぞれ2160円になっている。三次受注以降があればと思っている方には参考までに。送料は別なのでご注意を。
 詳しくはプレミアムバンダイ「南部鉄器 鉄瓶 ZAKU」をどうぞ。


 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス