「差別」にすり替えた恫喝など蹴っ飛ばそう | 偕楽園血圧日記
2018年09月30日(日)

「差別」にすり替えた恫喝など蹴っ飛ばそう

テーマ:報道

 水戸は今のところ静かなものだが、西の方ではまた大雨が降っているという。
 自衛隊が出動しなければならなくなるような災害が起きませんように。


 自衛隊といえば、(2018/09/23の記事、彼らは北に旗を立てて集ったということだ)で取り上げた韓国政府の「国際観艦式で旭日旗を掲げないでくれ」という厚かましくかつ非常識な「要請」を、

++++++++++++++
 「旭日旗」掲揚自粛、日本は断固拒否 海自「要請は非常識」

 防衛省・自衛隊は、韓国側が求める自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を断固拒否する構えだ。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別するために課せられた国際ルールで、韓国側の要請は「非常識」(海上自衛隊幹部)と指摘せざるを得ないからだ。
 小野寺五典(いつのり)防衛相は28日の記者会見で「自衛艦旗の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する」と強調し、国際観艦式に派遣する海自護衛艦に、従来通り旭日旗を掲げる方針を示した。
 海自幹部も「国籍を示す自衛艦旗は国の主権の象徴でもある。『降ろせ』というのは非常識かつ礼儀を欠く行為で受け入れられない」と韓国側への不信感を隠さない。
 旭日旗は日本海軍の軍艦旗として使用され、海自の自衛艦旗にも採用された。先の大戦で日本と激戦を交えた米国を含め、現在では国際社会に広く浸透している。しかし、韓国内の反発は根強い。
 平成28年に行われた日米韓など各国海軍による共同訓練の際には、韓国世論が海自の旭日旗を問題視。各国艦船の韓国・済州島入港が中止された。海自幹部は「困難な政治問題があっても軍事交流には持ち込まないのが国際的な共通認識だが、韓国では反日世論が優先される傾向が強い。北朝鮮問題で日米韓の連携が重要になるが、こんなことが繰り返されれば信頼関係は築けない」と語る。
 産経新聞 9/28(金) 20:43

++++++++++++++

 日本政府はきっぱりとはねつけた。
 韓国紙の大好きな書き方をすれば「一蹴した」というところである。

 当たり前だろう。国際ルールとして船はその所属国の旗を掲げなくてはならず、それをしない船は「所属不明船」すなわち海賊扱いされるのだし、中でも軍艦は、国旗ではなく「それが軍に属するものである」ということを示さなくてはならないのだから。
 さらに、軍艦が軍艦旗を降ろすのは「降伏」する時でもある。韓国政府は、そんな非常識なことを押し付けようとしてきたのだ。

 上記エントリーでも書いたように、「旭日旗騒動」は、2011年のアジアカップの日本戦でゴールを決めたキ・ソンヨン選手が「倭猿ざまあみろ」というパフォーマンスをし、咎められたら「観客席の旭日旗が見えてかっとなってやった」といったことが発端である。
 当該試合では観客席に旭日旗などなかったというのに、日本のテレビメディアなどが別の試合の映像などを使ってその「嘘」を応援したおかげで、たびたび名前の出てくる「反日差別で食っている」ソ・ギョンドクという人間が売名行為に使うようになり、せっせと「無能の働き者」を務めた結果、五年としないうちに韓国人の記憶が上書きされ、「旭日旗は第二次耐雷以来ずっとアジアで忌避されているハーケンクロイツと同等のもの。戦犯旗」というトンデモ論が出来上がってしまった。
 たった二人のキーマンの言動がメディアという増幅装置によって広められたこの「嘘」は、国際的評価を受けている日本と比べることで常に劣等感と嫉妬心にさいなまれている韓国人の「上下関係をつけて日本を見下したい」という精神に合致した。それだけのものである。
 産経までが「反発は根強い」と書くが、実態はこんなもの。「これが見下しに使えない」となったら、途端に「忘れられる」話である。

 だから日本は政府として、こんなくだらない「嘘」をどんどん蹴っ飛ばしていく必要がある。
 今までは「正しいことは黙っていてもみんなに広がる」という態度をとってきた我が国だが、国際社会では「言わないことは相手の言い分を認めたこと」だと理解されるということを知らなくては。
 この「旭日旗降旗要請」を一蹴したところから、まずは初めて行こう。


 さて、

++++++++++++++
 朝鮮学校無償化除外、2審は適法「総連が介入」

 朝鮮学校が高校授業料無償化の対象から除外され、平等に教育を受ける権利を侵害されたとして、学校法人「大阪朝鮮学園」が国に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は27日、国の処分は適法と判断した。高橋譲裁判長は「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)から教育の自主性をゆがめる不当な支配を受けている疑いがある」と述べ、国に朝鮮学校の授業料無償化を命じた1審・大阪地裁判決を取り消した。原告側は上告する方針。
 同種訴訟は全国で5件あり、高裁判決は初めて。うち4件で1審判決があり、大阪地裁を除く広島、東京、名古屋の3地裁は朝鮮学校側の請求を退けた。

 2010年4月に高校授業料無償化法が施行され、公立高は無償になり、公立高以外の学校には国の就学支援金(1人当たり原則年11万8800円)を支給。文部科学相の審査を受けて指定されれば、外国人学校も対象となった。大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する学園は10年11月に申請したが、審査は進まず、文科省は13年2月、朝鮮総連の強い影響下にあると疑われることなどを理由に同校を含む全国の10校を除外した。
 教育基本法は、特定の勢力が教育を不当に支配することを禁じており、裁判では、朝鮮学校が朝鮮総連の強い支配下にあるかどうかが最大の争点になった。
 高橋裁判長は、▽朝鮮総連傘下の出版社が発行し、北朝鮮の指導者を礼賛する教科書が使われている▽朝鮮総連が学校に財政的支援をしている▽幹部レベルでの人事交流がある――ことなどを挙げ、「教育の目的を達するために必要な限度を超えて朝鮮総連の介入を受けている」と指摘。朝鮮学校で就学支援金の管理が適正に行われない恐れがあることにも言及した。
 また、無償化の対象とするかどうかは教育行政に精通する文科相の裁量だとし、「教育基本法が禁じる不当な支配を受けている疑いがある以上、朝鮮学校を対象から除外した国の判断は不合理ではなく、裁量権の乱用もない」と結論付けた。
 昨年7月の1審判決は、「教育内容などで朝鮮総連の一定の関与は認められるが、学校は運営の自主性を失っていない」と判断していた。
(後略)
 読売新聞 9/27(木) 15:38

++++++++++++++

 朝鮮学校に通う生徒に対する「授業料無償化措置」を求めて提訴していた朝鮮学校側に、敗訴の決定が下された。
 これもまた「当たり前」のことである。

 さっそく彼らは、

++++++++++++++
 朝鮮学校訴訟 「学ぶ権利はどうなる」敗訴の学校関係者怒り

 27日の大阪高裁の控訴審判決を受け、大阪朝鮮学園の関係者は判決への不満をあらわにした。
「学ぶ権利はどうなる」。午後3時過ぎ。裁判所の正門に集まった生徒や支援者ら約100人を前に弁護士が「不当判決」などと書かれた紙を掲げると、怒号が飛び交った。
 判決後、学園側関係者5人が大阪市内で記者会見。大阪朝鮮高級学校の卒業生、申泰革(シン・テヒョク)さん(26)は「朝鮮学校は自分たちのアイデンティティーを肯定してくれる唯一の場所。自分を肯定して生きていくことを否定されたのと同じ」と悔しさをにじませた。
 文部科学省高校修学支援室は「国の主張が認められたと受け止めている」とするコメントを出した。
 産経新聞 9/27(木) 19:16


 <高校無償化訴訟>「いじめそのもの」 卒業生ら落胆

◇高校無償化訴訟、大阪朝鮮学園側逆転敗訴
「子どもたちを司法が見捨てた」
 大阪高裁の判決後、そう書かれた垂れ幕を弁護士が掲げた。正門前に集まった数百人の保護者や卒業生からは落胆の声が上がり、チマ・チョゴリ姿の女子生徒らは抱き合って涙を流した。
 傍聴した卒業生の金明和(キム・ミョンファ)さん(46)は、ショックで裁判長の言葉が途中から耳に入らなかったという。「訴えが認められた1審では『日本社会に受け入れてもらえる』と喜んだのに」と肩を落とした。卒業生の60代女性も「より良い教育を子どもに受けさせたいという思いが、なぜ認められないのか」と憤った。
「奪われ続けた声がある」「怒りが今また声となる」。朝鮮半島の統一旗をあしらったうちわを掲げた保護者らは、無償化運動のために作られた歌を合唱して抗議を続けた。
 判決後の記者会見では、大阪朝鮮学園の玄英昭(ヒョン・ヨンソ)理事長が「決して容認できない。在日朝鮮人への差別をあおる判決で、子どもたちへのいじめそのものだ」と批判。卒業生の申泰革(シン・テヒョク)さん(26)は在学中に無償化の審査が止まり、「政治に振り回され、無力だった」と振り返った。【戸上文恵、茶谷亮】
 毎日新聞 9/27(木) 22:42

++++++++++++++

「権利がどうの」「いじめがどうの」といい、新聞の中にも、

++++++++++++++
 <高校無償化訴訟>朝鮮学校側逆転敗訴 政治、生徒を翻弄

◇高校無償化訴訟、大阪朝鮮学園側逆転敗訴
 高校無償化は教育の機会均等を目的に導入されたが、朝鮮学校は8年間にわたって除外されてきた。生徒らは日朝関係や政治の思惑に翻弄(ほんろう)され続けている。
(後略)
【遠藤浩二】
 毎日新聞 9/27(木) 22:32

++++++++++++++

「政治がー」と生徒を被害者扱いした記事を書くところもあるが、論点をそらすんじゃない!
「学ぶ権利」というならば、在日外国人でも日本の法律で認められた「一条校」に通えば授業料無償化の対処になる。https://ameblo.jp/statesgrow/entry-10486683318.html(2010/03/20の記事、「みんな平等」で損をするのは弱いもの)で書いたように、韓国系の学校である京都国際学園は、きちんと「一条項」として登録され、無償化の対象学校になっている。
 そして、同エントリーで指摘したように、同校は韓国語教育を行うなどしっかりと「民族教育」をも行っている。(「学校法人京都国際中学高等学校」および「ウィキペディア 京都国際学園」参照)
 この話は「生徒の権利」の話ではない。単に朝鮮学校が「一条校」としての資格を持たないというだけのことなのだ。これを「子供がー」とすり替えて同情を引こうなど、図々しいにもほどがある。

 そんなに無償化対象にしてほしいのならば、朝鮮学校がきちんと書類をそろえて「一条校申請」をすればいいのだ。
 きちんとした内容の書類がそろっていたら、どこかの自治体と違い、行政は嫌がらせで拒否することもなく粛々と認定をしてくれることだろう。
 もっとも、その書類の中には財務内容を明確にした経理関係のものも必要で、それが出されたら、今回「不当な支配がある」とされた朝鮮総連との関係が明るみに出てしまうことになるだけだが。

 まったく。こういう在日朝鮮人やそれを支援する日本人が国際社会で「在日は日本国内の少数民族」であるかのような嘘を言いふらすおかげで、

++++++++++++++
 地方参政権付与を日本政府に勧告 在日コリアンを巡り国連委

【ジュネーブ共同】国連人種差別撤廃委員会が30日公表した対日審査報告書は、在日コリアンが何世代にもわたり「地方参政権もなく、国家公務員の管理職などに就けない」差別的な状態にあることに懸念を表明、地方参政権を付与するよう日本政府に勧告した。
 また朝鮮学校が高校生向けの就学支援金制度の対象外となっていることに懸念を表明、同学校の生徒たちが差別なく教育の機会を与えられるよう要請した。
 日本政府は、朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係から「法令に基づく学校の適正な運営が行われていると認められない」として支援金制度適用から除外したと説明している。
 共同通信 08月31日 09:09

++++++++++++++

 国連もこんな「勘違い」をした勧告を出したりもする。

「在日コリアン」なる存在は日本国籍を持たない外国人なのだから、「何世代になっても『地方参政権もなく、国家公務員の管理職などに就けない』」のは当たり前。十年以上前に東京都の管理職になれなかった在日朝鮮人が「みんな帰れといいます」という記者会見を開いていたこともあったが、それをしたければ国籍を取って帰化すればいいだけの話だ。

 この頃ツイッターでこのころすでに決着した話をまた蒸し返す漫画を描いて偉そうにしている人間もいるようだが、「外国人と自国人を区別する」のは、国際的な常識であり、それを「差別」という方が、「自分たちを優遇しろ」といっている「滞在先国家を差別するトンデモ思考」なのだ。


 おまけ。

 韓国の新聞に、「<インタビュー>自民党青年局長「慰安婦合意、国家間の約束守り日本も歴史を反省すべき」」(中央日報日本語版 9/28(金) 8:16配信)という見出しの記事があった。

「またとんでもないやつが与党の中から出てきたな」と思って本文を読んでみると、

++++++++++++++
 <インタビュー>自民党青年局長「慰安婦合意、国家間の約束守り日本も歴史を反省すべき」

 安倍晋三首相など歴代5人の首相が経た自民党青年局長は人材の登竜門と呼ばれる。45歳以下の若手国会議員60人と青年党員10余万人をまとめる自民党青年局長の鈴木馨祐・衆議院議員(41)は中央日報とのインタビューで韓日関係の未来に対して「韓国と日本双方にとって『強すぎる中国』も『弱すぎる中国』も望ましいことではない。このようにそれぞれ違った点から中国や北朝鮮問題など共通の課題と関心事を一緒に見つめることが重要だ」と述べた。
 鈴木氏は28歳の初当選からすでに4回の当選経験がある。10日、衆議院議員会館事務室で行われたインタビューは、1998年10月8日に発表された「金大中(キム・デジュン)・小渕宣言(21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ共同宣言)」20周年を機に行われた。

--韓国や韓国政治に対する普段の考えは。
「不満があるとするなら、韓国の一部の政治家とメディアに極端な時があるということだ。もちろん日本も同じだ。政治的な目的で攻撃する政治家がいて、日本にも韓国をわざと悪く言う人がいる。歴史について日本も反省しなければならない。だが、(慰安婦合意のように)一旦政治的に合意したことを変えるのは良くない。政権同士で約束したものではなく、国対国で約束した合意なら守られなけらばならない。それでこそ信頼が築かれる」
--望ましい韓日関係のために必要なことは。
「英国とフランス、ドイツとフランスのように、隣国間にはさまざまな問題と争いがある。ところが中国や北朝鮮問題のように、もっと大きく重要なことが多い。このような問題に対して一緒に対応したほうがいい」
(後略)
 中央日報日本語版 9/28(金) 8:16

++++++++++++++

 というもので、「慰安婦などを反省しろ」といったのではなく、枕詞のように「戦時中の反省」ということを言っているだけ。
 鈴木議員、分かっただろう。韓国紙は人の言葉をこうやって印象操作をするということが、そして彼らに対して軽々しく「謝罪」の言葉など述べてはいけないということを。

 このあたりは安倍総理も徹底できていないことで、それが中途半端に韓国を増長させる要因にもなっている。
 だからいいかげんに、「日中韓で北になんたら」という幻想を自民党は捨てるべきなのだ。
 彼らへの対処の合言葉は、「情けは無用」だ。


 追記。
 当エントリーに「なんとか人は遺伝子がどうの」という下品なコメントが付けられたので、削除しました。

 そういう言葉を使うと、相手はその言葉を叩く方向に軌道修正して「差別差別」と騒ぎまくることは、杉田議員の一件でわかるはずです。
 汚い言葉や差別表現を使うのは相手の利にする行為であり、そういうことをするのは「無能な味方」か「モール」であるとみなされることを忘れないようにしたいものです。


 本日のスピード。

++++++++++++++
 戦前の訪欧飛行「神風号」がプラモに 当時世界最速記録


(写真。朝日新聞デジタルより。発売される「神風号」の精密模型(ファインモールド社提供))

 1937年に東京―ロンドン間飛行で当時の世界最速記録を樹立した朝日新聞社の訪欧機「神風(かみかぜ)号」の48分の1の組み立て式精密模型が発売される。
 神風号は同5月12日の英国王ジョージ6世の戴冠(たいかん)式に際し、日英友好を訴えた朝日新聞社の訪欧飛行に使われた。旧陸軍試作機を長距離向けに改造した純国産機で、名前は出発前に53万6507通の応募から選ばれた。機体長8・2メートル、翼幅12メートルで最高時速は500キロ超だった。
 朝日新聞社の飯沼正明操縦士らが搭乗し、同4月6日午前2時12分に東京・立川飛行場を離陸。途中11カ所に着陸し、ロンドン郊外の飛行場まで1万5357キロを94時間17分56秒、給油や休養を除く実飛行51時間19分23秒で飛んだ。
 朝日新聞デジタル 9/28(金) 0:47

++++++++++++++

 よんぱちかぁ。1/72とか1/144でも出してくれないかなぁ。


 ところで、朝日新聞がこの97司偵の「色替え」機の模型を記事にするとは。
 彼らにしても「これはこれ」で会社の誇りになっているのだろうか?
(2017/06/20の記事、「反抗期の壁新聞」では民主主義は維持できない)で触れた、レッドブルエアレースで飛んだ零戦に文句をつけていた系列週刊誌の人間は、これには「戦前・戦中の美化!」とかケチをつけないのかな?


 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス