自分の家を「住みよく」するために金をかけるのは当たり前じゃないか | 偕楽園血圧日記
2018年07月08日(日)

自分の家を「住みよく」するために金をかけるのは当たり前じゃないか

テーマ:報道

++++++++++++++++
 各地で記録的大雨 土砂災害や川の氾濫に厳重警戒を

 活発な前線の影響で、西日本や東日本に発達した雨雲がかかり続け、四国で猛烈な雨が降るなど九州から関東甲信にかけての各地で記録的な大雨となり、土砂災害や川の氾濫の危険性が高まっています。西日本と東日本では、7日にかけて猛烈な雨が断続的に降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒し、自治体からの情報をもとに避難したり、外に出ることが難しい場合には無理に避難せず、建物の2階以上に上がったりするなどできるだけ安全を確保するよう呼びかけています。
 気象庁によりますと、本州付近に停滞する梅雨前線の活動が活発になっているため大気の状態が非常に不安定になり、特に四国で発達した雨雲がかかり続けています。
 午前6時までの1時間に、愛媛県が内子町に設置した雨量計で80ミリの猛烈な雨を国土交通省が高知県香美市に設置した雨量計で67ミリの非常に激しい雨を観測しました。
 また、九州北部から関東甲信にかけての広い範囲で非常に激しい雨が降っていて、午前6時までの1時間に福岡県が糸島市に設置した雨量計で67ミリ、佐賀県が唐津市に設置した雨量計で57ミリ、神奈川県が南足柄市に設置した雨量計で54ミリの非常に激しい雨を観測しました。
 午前6時までの48時間に降った雨の量は、高知県の馬路村魚梁瀬で916.5ミリ、香美市物部で648ミリに達しています。
 また、京都市右京区京北で午前2時半までの24時間の雨量が290ミリに達し、平年の7月1か月分の雨量を上回って統計を取り始めてから最も多くなったほか、和歌山市で午前6時までの12時間に、平年の7月1か月分の2倍以上にあたるおよそ300ミリの雨が降り記録的な大雨となっているところがあります。
 NHKニュース 2018年7月6日 7時52分


 豪雨 73人死亡 7人重体 63人不明

 NHKが各地の警察や消防を取材してまとめたところ、今回の記録的な豪雨で、8日午後6時半現在、全国で73人が死亡し、7人が意識不明の重体になっているほか、少なくとも63人の安否が不明となっています。

 死者73人
広島県では呉市で8人、東広島市で7人、三原市で5人、広島市で4人、竹原市で3人、福山市で2人、府中市で1人、安芸高田市で1人、坂町で1人が死亡していて、今回の記録的な豪雨で広島県内で死亡した人は合わせて32人にのぼっています。
 愛媛県では、宇和島市で6人、西予市で5人、大洲市で4人、松山市で3人、今治市で2人の合わせて20人が死亡しました。
 また岡山県では、倉敷市真備町で5人、笠岡市で3人、井原市で1人の合わせて9人、山口県では岩国市で2人、周南市で1人の合わせて3人、京都府では綾部市で2人、亀岡市で1人の合わせて3人、岐阜県関市で1人、滋賀県高島市で1人、兵庫県猪名川町で1人、高知県大月町で1人、福岡県筑紫野市で1人、佐賀県伊万里市で1人が死亡しました。

 重体7人
 さらに土砂崩れなどのため、広島県の広島市で2人、東広島市で2人、鹿児島市で2人、京都府綾部市で1人の合わせて7人が意識不明の重体となっています。

 安否不明63人
 このほか、広島県で42人、岡山県で7人、愛媛県で5人、高知県で2人、福岡県で2人、京都府で1人、佐賀県で1人、兵庫県で1人、奈良県で1人、大阪府で1人の安否が不明となっています。
 各地で消防などが救助活動に当たっていますが、活動や状況の確認が難航しているところもあり、被害の全容は分かっていません。
 NHKニュース 2018年7月8日 18時49分

++++++++++++++++

 今日の水戸は朝から晴れて暑い一日になったが……西日本の方はとんでもない大水になっているようだ。
 土砂崩れもあるとはいえ出水で70人を超える人が亡くなるなど、尋常ではない。
 溺死や生き埋め、苦しかっただろう。せめて安らかに眠っていただきたい。

 そしてまだこれからもしばらくは危ない状態が続くでしょうが、決して「ちょっと見に行ってみよう」とか思わないように。避難されている方には「今はとにかく我慢」を心掛けていただきたい。東人大震災を受けた地からの進言です。


 それにしても、大変なことである。
 この事態をまた「政治的」な攻撃道具に使おうとしている勢力もいるようだが、これを「政治」の案件として考えるならば、数年前に内閣が提唱していた「国土強靭化計画」のことを思い出して、「それがどうして進まなかったのか」を考えるべきだろう。
 いや、(内閣官房「国土強靱化基本計画」)を見ると、それは今でも「進められて」はいるようだ。が、

++++++++++++++++
 国土強靱化アクションプラン2018のポイント
○基本計画策定以降の4年間を経て、基本計画に基づく取組は概ね順調に進捗。
<主な実績>
・ほぼ全ての都道府県が国土強靱化地域計画を策定(平成30年5月1日現在、45都道府県が策定済み)
・5年間での達成目標に対し、平成29年度に進捗率が8割を超える統合進捗指数(IPI:フロー相当)は45プログラム中34プログラム(約4分の3)
・平成29年度末までに目標を達成した重要業績指標(KPI)は、115指標中31指標。以下についてはKPIを平成29年度末に新たに達成
(内閣官房「国土強靱化基本計画」)より

++++++++++++++++

 というのだから、「遅々として進まない」というところ。
 この根っこに「公共事業悪玉論」があるのは、もはや言を俟たない。

 小泉内閣時代から顕著になっていたこの「公共事業悪玉論」は、いつしか国民の「基本概念」となり、麻生内閣での「リーマン後の景気対策」も含めた「全国の学校の耐震化」などの大規模事業にも「無駄無駄」という言葉が浴びせられることにもなった。
 その集大成が民主党政権での「事業仕分け」。「スーパー堤防はスーパー無駄遣い」とうすら笑いを浮かべながら口にした民主党議員の顔は、今でもネットで見ることができる。
 その彼らの基本的な考えは、(2010/01/17の記事、腐った組織が幅をきかす)で取り上げたように、「川が氾濫するのはしょうがない」であった。「金をかけて堤防を作っても対処できないことはあるのだから、初めから洪水は容認して、水が出たら後で補償すればよい」というものだったのだ。
 今回の水害を見て、「後で補償すればよい」などという人間がいたら、いったいどんな気持ちになるだろう。が、一時我が国の政府は、そんな施策をとろうと考えていたことがあるのだ。
 そして、そんな政府を選んだのは、「公共事業悪玉論」を是とする我々有権者である。

(2017/10/05の記事、「教訓」は足枷の別名ではない)で取り上げた神栖市の住民投票でも、「大規模な防災アリーナは必要ない。『身の丈にあった』ものにすべき」という意見が大勢を占めるなど、まだ日本社会には「公共事業悪玉論」を支持する意識が強い。
 だが、それでは人は守れない。

 今回の水害を「気象条件の変化」のせいにする意見をネットで見かけたが、ならばそういう気候変動に合わせた防災体制を整える、そのための施設も考えていかなくてはならないだろう。「被害が出たら補償すればいい」路線にあまんじようというのでなければ。
 どこかの地方の首長が、国から金が出るから懐は痛まないからと「箱モノ」を立てて維持費で財政圧迫をしたような事例をクローズアップして唱えられた「公共事業悪玉論」を今こそ振り捨てて、「必要な事業にはきちんと金を使う」という当たり前の視点を、今こそ取り戻すべきだ。


 本日の「invisible drink」。

++++++++++++++++
 弁当注文できる自販機=サントリーとぐるなびが開発

 サントリーは5日、ぐるなびと共同で、自動販売機を使った宅配弁当サービスを開発したと発表した。オフィス内の自販機で注文ボタンを押すと、近隣の飲食店がお昼までに弁当を届けてくれる。多忙で外出できない会社員に利用してもらい、自販機離れに歯止めをかけるのが狙いだ。
 法人向けに始まったサービスは「宅弁(たくべん)」。飲み物を買うように自販機にお金を入れてボタンを押すだけ。午前10時までに注文すれば正午までに弁当が届く。注文すると、飲み物を10円引きで買えるコインが出てくる。既に設置が始まっており、1000台の設置を目指す。
 時事通信 7/5(木) 21:00

++++++++++++++++

 ふ~ん。これがあれば、先月問題になった「弁当注文で仕事を抜け出していた神戸市水道局員」も処分されなくても済んだのにねぇ。
 というか、今のご時世、弁当の注文は「スマホでOK」で済むんじゃないのかなぁ。昔から我が国には「電話で出前注文」という文化があったのだから、それを「スマート」にしていけばいいだけなんじゃないだろうか。


 そういえばその「神戸の弁当注文」の話、

++++++++++++++++
 勤務中に弁当注文→市職員減給、背景に市民の通報…この懲戒処分は妥当なのか?

 仕事中に弁当を注文したため、減給処分ーー。神戸市水道局の職員に関するこんなニュースが6月中旬に報じられ、ネットで話題となった。
 神戸市水道局の担当者によると、同局の男性職員(60代)は2017年9月~18年3月の間、勤務時間中に、近くの飲食店に弁当の注文をするため、3分程度の中抜けを26回した。男性は午前11時~11時半ごろになると、庁舎から約100メートル先にある近くの飲食店に行き、弁当を事前に注文。昼休みになると再び店を訪れ、弁当を受け取っていたという。
 今回の処分の背景には、市民からの通報も関係しているようだ。担当者によれば、職場と現場を往復する間で、職員が公用車でコンビニに寄っているのを見たといった通報が、年1~2回寄せられていた。
(後略)
 弁護士ドットコム 6/30(土) 10:02

++++++++++++++++

 こういう話もある。

 確かにツイッターでも言われているし、私が知る公務員から聞いた話でも「そういうことを監視することが正義だと思っている市民」というのはいるという。
 そういう人間たちが「勤務中にジュースを飲んでいた!」のようなクレームをつけるから、今では「透明な飲料」というものが出るようになっているのだから、いやはや、彼らの「正義」はどんどん社会をギスギスさせて窮屈にさせていくだけの「害悪」にしかなっていない。

 そういう勢力と「公共事業悪玉論」を振りかざしていた勢力は結構重なっているように思うが、それはさておき、この「透明競争」はとうとう、

++++++++++++++++
 アサヒ、透明なクラフトビール発売 麦芽比率の調整などで実現、「クリアクラフト」


(写真、SankeiBizより。アサヒビールが発売した透明なビール「クリアクラフト」(右)と通常のスーパードライ=26日、東京都千代田区)

 各社から相次いで投入される「透明飲料」で、ついにビールが登場した。アサヒビールが業務用のたる詰めの透明なクラフトビール「クリアクラフト」の販売を開始した。
 ビールといえば、黄金色だが、麦芽の比率を調整し、色のつかない原料を使うことで透明にした。透明な液体で涼しげな印象を与え、消費者に驚きを与えたいとしている。
 直営4店舗で、1杯500円で提供しているが、東京・丸の内の「スーパードライKITTE丸の内店」では話題性もあり、他のビールの6割増しと好調だ。
(後略)
 SankeiBiz 6/27(水) 7:15

++++++++++++++++

 こんなものを生み出してしまった。

 なんだかもう「目指すところ」がなんなのかわからなくなってきているが……この「Hentai性」はなんだかとても日本的でもあるな(苦笑)。



 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス