つまらないものにははっきりとそういおう | 偕楽園血圧日記
2018年06月29日(金)

つまらないものにははっきりとそういおう

テーマ:日記

 なんなのだろうなぁ、この暑さは。
 このまま八月までずっと熱いのだろうか?


 日本代表、決勝トーナメント進出!
 だが、おめでとう……とは、ちょっとすっきりとは言えないなぁ。なんだあの最後の10分のプレーは。
 こんなつまらない試合をやったことを、彼らには猛省してもらわなければ。
 ただ、「フェアプレー」が評価ポイントだと広く知れ渡ったのはいいことだろう。VARの導入と併せて「汚いプレー」が減ることを期待したい。

 ツイッターでは「俺はサッカーを知っている。にわかとは違うぜ」という人間がやたらとこの戦術を擁護し、「マウント取ろう」とくだらないことをやっているが、つまらないプレーはつまらないプレーなのだ。
 これが「攻めてくる相手を躱しながらボールを確保し続けた」というのならばまだ見られた。ブラジルなどもよくそういうプレーをする。が、ポーランドの方も、なにを忖度(苦笑)したのかセンターラインあたりから前に出てこようとしなかったし。
 そもそも、コロンビアが2点取って「余裕」がある状況ならばまだ知らず、「もしこちらの試合が終わっても数分残っていた向こうの試合でセネガルが追いついた」りしたら途端に水泡に帰すようなものは、作戦ではなくただの「ギャンブル」である。
 たまたま今回はうまくいったが、いつも成功するとは限らない。こんなものを「よくやった」などといってはいけない。はっきりとブーイングを送るのがサポーターの仕事というものだ。
 というか、今回このパス回しを擁護しているような人間は、キックオフ前に「引き分け以上でいいのだから守備を固めてボールを確保し続けていけばいい」などといっていようものなら、「そんなことでどうする! 前向いて攻めろ!」と反論したのではないか?

 この試合では、川島が前半にここ2試合の「判断ミス」を帳消しにするスーパーセーブを見せてくれたりもしたが、相変わらず「不用意にバックパスをして相手に渡してしまう」ものも何本かあった。
 それを直した上で、今回出なかった主力だけではなく、出ていた選手も10分近くフィールド上で「体力温存」していたのだ。次の試合ではその10分ぶんを、存分に走り回ってもらおう。それが日本代表がやるべきことだ。
「ベルギーは優勝候補で強くてなんたらで」? なにをいっているのだ。日本はワールドカップの大会でかつてベルギーと戦い、引き分けたこともあるのだ。本番で初めて勝ち点を取った相手である。物怖じする必要はない。


 おまけ。

 ワールドカップでサッカーに人々の目が集まっているこの時期に、

++++++++++++++++
 J2水戸がJ1ライセンス申請

 サッカー、J2の水戸ホーリーホックは、J1に昇格するために必要となる「クラブライセンス」を29日、Jリーグに申請し、この中でホームスタジアムを笠松運動公園陸上競技場にしたと発表しました。

 Jリーグの「クラブライセンス」制度では、クラブの経営状況やホームスタジアムなどについて、J1からJ3までそれぞれ一定の基準を設けていて、ライセンスを交付されたクラブだけが、それぞれのリーグ戦に参加する資格を持ちます。
 ホーリーホックは、これまでJ2のライセンスを取得していましたが、
ホームの「ケーズデンキスタジアム水戸」の収容人数が1万5000人という基準を満たしていないことから、J1のライセンスは交付されずにいました
 このため、ことしは収容人数が1万6000人余りの笠松運動公園陸上競技場をホームとすることでJ1のライセンスの取得を目指し、29日、Jリーグに申請したということです。
 今後はJリーグによる審査が行われたうえで9月末までに結果が出るということで、ホーリーホックは、J1のライセンスが交付されなかったりJ2の上位に入って昇格できなかったりした場合は、これまでどおり「ケーズデンキスタジアム水戸」をホームとして使う予定だということです。
 水戸ホーリーホックは「J1でプレーする環境を整え、昇格に向けた機運を高めていきたい」と話しています。
 NHK水戸 茨城 NEWS WEB 06月29日 17時33分

++++++++++++++++

 J2の水戸ホーリーホックがJ1ライセンスの取得申請を行っているのだが……ホームグラウンドを水戸市内の球場から那珂市にあるグラウンドに替えるという。水戸市内の球場では観客収容数がJ1に基準に満たないためとか。
 これがつまり、「身の丈」だとか「公共工事は無駄」とやってきたツケなのだ。

 Jリーグのチームは、「欲しい」自治体があちこちにある。
 水戸ではせっかくホーリーホックやバスケの茨城ロボッツといったチームがあるというのに、それを市の資産としてうまく活用できていない。挙句に市外にホームを持たれるようなことになってしまう。
「生き金としての投資」を考えられない共産主義思想に取りつかれた人間がいちゃもんをつけてくるからといってそれに引きずられると、社会がどんどん貧しく、かつつまらなくなっていくだけなのだ。


 本日の独立。

++++++++++++++++
 宇宙国家「アスガルディア」、指導者にロシアの科学者が就任


(写真、ロイターより。6月25日、国際科学者チームが企画した衛星軌道上の宇宙国家「アスガルディア」の指導者にロシアの科学者で実業家のイーゴリ・アシュルベイリ氏が選出され、ウィーンのホフブルク王宮で就任式が行われた(2018年 ロイター/Lisi Niesner))

[ウィーン 25日 ロイター] - 国際科学者チームが企画した衛星軌道上の宇宙国家「アスガルディア」の指導者にロシアの科学者で実業家のイーゴリ・アシュルベイリ氏が選出され、ウィーンのホフブルク王宮で25日、就任式が行われた。
 2016年10月に「建国」が宣言されたアスガルディアは、北欧神話に登場する天の世界にちなんで名づけられ、すでに20万人の国民が登録。出身国は国連加盟193カ国を上回る200カ国に及ぶ。
 憲法と議会も整っている。10年以内に人口1億5000万人を目指すとともに、人類が恒久的に居住できる人工重力を持つ「宇宙の箱舟」を複数建設することを目指しているという。
 数百人が出席した就任式でアシュルベイリ氏は、「きょうの日は人類史上最も偉大な出来事を記す年代記に記録されるだろう」と演説した。
 アスガルディア国民になるための費用は不要。オンラインで登録し、年間100ユーロ(約1.3万円)の登録料を支払う。世界人口の2%に相当する「最も創造的な人々」を誘引したいという。アシュルベイリ氏は「引き続き選別を行っていく。IQテストも行われるかもしれない」と語った。
 また、5─7年以内に世界中にインターネットのアクセスを提供する衛星を打ち上げ、10─15年以内に「宇宙の箱舟」の運用を開始し、25年以内に月面に永続的な入植地を建設することを目指していると説明した。
 ロイター 6/27(水) 10:22

++++++++++++++++

 なるほど、「西暦ツーオーエイティーン、軌道上のステーションは『アスガルティア』を名乗り、地球連邦政府に対して独立戦争を仕掛け」てくるわけか。
 地球連邦政府ってどこにあるんだ?(笑)
 いや、「世界人口の2%に相当する『最も創造的な人々』を誘引したい」ということなので、どちらかといえば「ガンダムSEED」のザフトの思想に近いのかな?

「25年以内に月面に永続的な入植地を建設」ねぇ。
 そういえば何年か前に「月の土地分譲します」というのが流行っていたことがあったが、その会社との間に法的な争いとか、起きないのかな?



 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス