「こんな人たち」を許してはいけない | 偕楽園血圧日記
2018年06月09日(土)

「こんな人たち」を許してはいけない

テーマ:犯罪

 いったいどこまで暑さが続くのだろうか。


++++++++++++++++
 区長選に異例のてこ入れ=立憲・枝野氏

 立憲民主党の枝野幸男代表が10日投開票の東京都中野区長選にてこ入れを図っている。
 党の基盤を強化するため、首長選に注力する戦略の一環。長妻昭代表代行の地元でもあり、区長選としては異例とも言える熱の入れようだ。
 枝野氏は8日、JR中野駅の北口と南口でそれぞれ街頭演説。「国会の選挙と同じように、あるいはそれ以上に、区長をどう選ぶかは大事だ」と呼び掛け、演説の合間には選挙カーに乗って区内を回った。9日にも最後の訴えを行う予定だ。 
 時事通信 6/8(金) 20:08

++++++++++++++++

 立民の枝野代表が、東京の区長選挙の応援に行ったという。

 時事通信も驚いているが、私も驚いた。というか、政治に少しでも興味のある人ならば、都知事選ならばともかく、区長選で国会の政党代表が「現地入り」するなど、誰もが驚くことだろう。感覚としては、県庁所在地でもない地方都市の首長選に国政政党の代表が来るようなものである。
 どうして枝野氏は同じ時期に行われている新潟県知事選挙の方を応援に行かず。こちらに来たのだろう? 立憲民主党としては、それほどこの「地方選」に思い入れがあるのだろうか。

 中野区長選挙では、夕刊紙ぐらいしか記事にしないが、

++++++++++++++++
 保守系候補に左派集団ら“選挙妨害” 吉田氏ポスターに誹謗中傷、脅迫まがいのヤジ 東京・中野区長選

 東京・中野区長選(10日投票、11日開票)で、保守系候補に対する“選挙妨害”が話題となっている。ポスターへの落書きや破損だけでなく、街頭演説や討論会で、複数の人物が怒号のようなヤジを飛ばしているという。関係者によると、都議時代に「朝鮮学校への補助金削除」を指摘したころから、左派集団のターゲットになっているようだ。
 被害に遭っているのは、新人で元都議の吉田康一郎氏(51)。先月末、JR中野駅前で行われた立候補予定者による公開討論会でも、「ヘイト候補 吉田康一郎 落選」という巨大な横断幕が掲げられた。
 吉田事務所の関係者は「ポスターに誹謗(ひぼう)中傷の落書きをされたり、見えないよう紙を貼られた。街頭では、『ヘイト』や『レイシスト』『どうせ当選するわけがない』『当選したら“お祝い”しに事務所までいってやる』などと脅迫とも受け取れるヤジを大声で飛ばされる。選挙妨害だと受け止めている」と語った。
 ちなみに、日本政府は北朝鮮や朝鮮総連の影響下にある朝鮮学校を高校無償化の対象外としている。補助金中止にしている地方自治体も多い。
(後略)
 夕刊フジ 6/8(金) 16:56

+++++++++++++++

 こんな「堂々とした」選挙妨害が行われている。

 夕刊フジの記事だけではそのひどさが分からないので、現地の様子を撮ってくれた方のツイートを拝借すると、

 


 こんなことが行われているというのだ。

 


 こちらの方の報告によると、この横断幕を持っている人物は「しばき隊」の関係者だという。

 昨年の都議選の時にも、彼らは都議会候補の応援に来た安倍総理の演説を妨害した。
 その行為に対して「(民主主義の根幹たる選挙を妨害するような)こんな人たちに負けるわけにはいかない」といった総理に対して、マスメディアは「国民を『こんな人たち』呼ばわりする傲慢!」と罵り、彼らを増長させた。(2017/07/02の記事、「今のマスコミは2009年よりひどい」参照)
 おかげで味を占めた勢力が、また選挙の公正さを壊す妨害活動をしているのだ。

 この候補は「都議時代に朝鮮学校の補助金削減をいったということがあるから『そっち系』が騒いでいる」と夕刊フジやネットでは指摘があるが、ならばなおさら、「特定の国の外国人のために働く『こんな人たち』による選挙の妨害など、許してはいけない。

 枝野立民代表は、どういう料簡で、この選挙の応援に行っているのだろうか。


 おまけ。

 ところで、またぞろマスコミが「選挙結果が安倍の命運をなんたら」と言い出している新潟県知事選挙の方だが、

+++++++++++++++
 新潟県知事選 野党系候補の応援演説で首相らを批判 佐高信氏「安倍のバカなバカ騒ぎ」、山口二郎氏「腐った男いらない」

 評論家の佐高信氏や法政大学法学部の山口二郎教授らが8日夜、新潟知事選の立候補者、元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦=の応援に駆け付け、新潟市中央区のJR新潟駅前で安倍晋三首相や、ほかの知事選候補者を批判する演説を行った。

 佐高氏は「安倍晋三は拉致問題を食い物にして首相になり、無責任なことやってる。本当に拉致問題を解決したいなら平壌に乗り込め。そして帰ってくるな」と絶叫。聴衆からは「そうだ」と大きな声が上がった。
 さらに、佐高氏は「安倍のバカなバカ騒ぎを打ち破るためにも絶対に勝たないといけない。自民党に天罰を、公明党に仏罰を」と声を張り上げた。
 また、山口氏は「もう腐った男はいらない。女性の知事を実現させるべく、力いっぱい戦っていただきたい」と訴えた。
(後略)
 産経新聞 6/8(金) 21:17

+++++++++++++++

 国会の前などで騒いでいる面々が乗り込んで、県の施策などそっちのけで「安倍の悪口」をがなり立てていったという。

腐った男」とは何だろうか。これは対立候補に対する誹謗ではないのだろうか?
「反安倍」になるとこんな下卑たメンタリティになってしまうのだろうか。それともそういう人間だから「反安倍」という「娯楽」に興じるようになるのだろうか。 
 捏造報道で「安倍総理の人柄が信頼できない」という意識を人々に刷り込んだところで野党の支持率が上がらないのは、こういう人間たちの方が「より人柄が信頼できない」し「同類に見られたくない」と人々が思うからではないだろうか。


 本日の神頼み。

+++++++++++++++
 「サムライブルー」おみくじ登場 サッカー日本代表を応援 福岡の太宰府天満宮


(写真、西日本新聞より。太宰府天満宮にお目見えした青いおみくじ)

 14日に開幕するサッカーのワールドカップロシア大会を前に、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で、日本代表「サムライブルー」にちなんだ青いおみくじが登場。境内にあるおみくじの結び所は、青一色に染まっている。
 参拝した女性の2人組は「予選リーグは強敵ばかりだけど、チームワークで乗り切って」と、活躍を期待していた。
 このおみくじは日本代表を応援しようと2006年ドイツ大会から始まり、今回で4回目。今大会が終了する7月15日まで使われる予定。
 西日本新聞 6/7(木) 10:41

+++++++++++++++

 おみくじかぁ。

 totoでもワールドカップを対象にしたくじが発売される開幕が目の前なのに、昨日のスイス戦の後も選手が「4バックなのか、3バックなのか、まだわからないが、監督の求めるものをピッチの上でしっかりやりたい」といってしまうほどチームの形ができていないようでは、神頼みでもするしかないなぁ、もう。


 

statesgrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。