空き瓶の周りでいくら踊り狂っても酒は湧いてこないぞ | 偕楽園血圧日記
2018年03月07日(水)

空き瓶の周りでいくら踊り狂っても酒は湧いてこないぞ

テーマ:政治

 この世には「筋立てた思考」というもののできない人間というのが一定数存在するのは仕方のないところもあるのだが、そんな人間がどうしてこんな国にとって大切なところに多数集まってしまっているのだろう。まったくため息が出る。

++++++++++++++++
 財務省、書き換え有無に触れず…予算委を見送り

 財務省は6日、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書を書き換えた疑いがあるとの朝日新聞の報道を受け、参院予算委員会理事会に調査状況を報告した。
 大阪地検の捜査を理由に「すべての文書を直ちに確認できない」と説明し、書き換えの有無には言及しなかった。野党は「ゼロ回答だ」と一斉に反発し、予定していた予算委は開会されなかった。
 財務省は、理事会に提出した「調査の状況の報告」と題する文書の中で、「全省を挙げて文書の確認、職員への聞き取りなど調査を進めていく」との方針を打ち出した。しかし、調査の詳細については「文書は捜査の対象となっており、すべての文書を直ちに確認できない状況」と説明した。職員からの聞き取りについても、「捜査に影響を与えないよう、捜査当局の事情聴取との関係に留意し行う必要がある」とした。
 読売新聞 3/6(火) 22:45


 野党「森友は政府全体の責任」 安倍政権追及強化へ

 野党は6日、森友学園問題に関する決裁文書書き換え疑惑について「事実ならば麻生太郎副総理兼財務相はもとより、政府全体の責任問題に発展する」(立憲民主党の辻元清美国対委員長)などと一斉に批判した。裁量労働制を巡る厚生労働省の不適切データ問題と併せて、安倍政権への追及を強める意向だ。
 希望の党の玉木雄一郎代表は記者会見で「事実ならば麻生氏は閣僚辞任に値する」と強調。民進党の岡田克也常任顧問は「同じ立法府に身を置く者として、与党は一緒に事実解明に努力してほしい」と求めた。共産党の穀田恵二国対委員長も「与党、野党の問題ではない」と指摘した。
 共同通信 03月06日 20:56

++++++++++++++++

 朝日新聞が「文書捏造!」と騒ぎ出した話で、「原本を出せ」という要求に財務省側が「検察が持って行ったので出せない」といったことで国会が止まってしまった。

 予算は衆議院を通っているから参院はサボっていても成立するからとでも思っているのだろうか? 関連法案案の審議もあるだろうに。
 というか、そもそも衆院でも「出されてもいない法案」のことで騒いだ後は「森友森友」とやるばかり。成立間近にアリバイ作りのような組み替え動議を出しただけで、その内容についての審議などほとんどせずに予算を通してしまっておきながら、「総辞職だ!」といっている議員たちは、何をやっているのだろう?

「森友が疑惑が」といって国会をサボっているような奴らは、全員バッジを置いて国会から出ていけ! お前たちに渡す歳費はもったいない!

 この件では、自民党の二階氏も「苦言」を呈するなど、

++++++++++++++++
 「捜査に影響、財務省の対応は妥当」森友文書で山口代表

■山口那津男・公明党代表(発言録)
「財務省の調査の状況報告がなされたようだ。財務省としては捜査に影響が及ぶような言動は控えたいので、文書に関して捜査の対象になっているということであれば、一定の配慮、つまり言及を控えるという対応は妥当な対応だと思う。元の文書は大阪地検に行っているということなので、そのものを確認する手立ては外部の者にはないので、それはやむをえない対応だと思う」(6日>の定例記者会見で)
 朝日新聞デジタル 3/6(火) 15:12

++++++++++++++++

 まともなことを言っているのが公明党の代表しかいないというのだから、「選良」として恥ずかしい者ばかり。

 元民主系の人間など、一新聞が書いていることに過ぎないのに、

++++++++++++++++
 森友文書「捜査と言えば免罪は大間違い」 立憲・辻元氏

■辻元清美・立憲民主党国会対策委員長(発言録)
「(森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書が書き換えられた疑いで財務省が捜査を理由に説明していないことについて)ちょっと財務省は甘く見ているんじゃないですか。捜査と言えば何でも免罪されると思ったら大間違いです。財務省は自分たちを守るために、捜査、捜査で出せない。自分たちに不利になったら困るから出せないと言っているわけじゃないですか」(6日、記者団に)
 朝日新聞デジタル 3/6(火) 15:17

++++++++++++++++

「すでに有罪判決」を勝手に下してしまっているのだからとんでもない。

 こういう人間たちが権力を嵩に着て、

++++++++++++++++
 森友文書問題で野党6党「財務省は論外 国政調査権行使を」

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、立憲民主党など野党6党は、財務省は疑惑に全く答えておらず、論外だとして、国政調査権を行使して政府に資料提出を要求することなどを与党側に申し入れました。
(後略)
 NHKニュース 3月6日 17時08分

++++++++++++++++

「捜査への介入」を言い出すのだから、彼らを「与党」になどしてしまおうものならば国の統治がどれほど混乱するのか。目に見えるようだ。


 今日のNHKニュース7でも、「元検事」なる弁護士を出して「証拠を返してくれとかいう要求はよくある」とか「捜査への影響はないんじゃないか?」と語らせていたが、そういう話は当の検察に聞くべきもの。第三者に勝手な推測を語らせて「空気」を作ろうとなどしてはいけない。

 まったく。マスコミはいい気になって、

「<森友文書>『あいまい戦術』政府限界 自民、首相に不満」(毎日新聞 3/7(水) 0:35配信)
「<森友文書>『ゼロ回答』自民に危機感」(毎日新聞 3/6(火) 21:03配信)
「<森友文書>『捜査は理由にならぬ』ゼロ回答に識者ら反発」(毎日新聞 3/6(火) 19:50配信)


 と、「政府は汚い」「安倍は卑怯」という雰囲気づくりをしているが、この手の「新聞が騒いで民共系野党が法的に難しいことを要求し、『法的に難しい』といわれたら隠蔽だなんだと大騒ぎする」やり方にはもううんざりだ。
 これは私だけではなく、多くの人たちもそうだということがネットの声として上がっているし、なにより「モリカケ」で騒いだ野党が惨敗した前回の総選挙の結果に表れている。
 それでもまだ同じことを繰り返すのだから、これを「論理的思考力の欠如」と呼ぶ以外なんと言おう。

 朝日新聞までもが調子に乗って、

++++++++++++++++
 (社説)森友と財務省 筋の通らぬ「ゼロ回答」

 森友学園との国有地取引をめぐり、財務省の決裁文書の内容が書き換えられた疑いが出ていることについて、同省が参院予算委員会の理事会に調査状況を報告した。
 驚いたのは、疑惑を本紙が報じてから5日がたつのに、問題の文書の有無すら明らかにしなかったことだ。そればかりか、これから調査を始めるかのような全くの「ゼロ回答」である。
 財務省の調査が、売却問題を調べている大阪地検の捜査に影響を与えないよう、慎重に対応する必要がある。同省幹部はそう繰り返した。
 筋の通らぬ言い分である。
 書き換えられた疑いのある文書は、与野党が合意して財務省に提出を求めたものだ。
 これが書き換えられていたとすれば、憲法に基づく国政調査権を軽んじ、国会を愚弄(ぐろう)する行為だと言わざるを得ない。
(中略)
 答弁の根拠は何だったのか。佐川氏を国会に呼び、詳しく問いただす必要性がますます強まったと言えよう。
 財務省に対し、事実関係を速やかに調査、公表させる。
 その責任は、野党のみならず与党も含む国会全体にあることを忘れてはならない。
 朝日新聞デジタル 2018年3月7日05時00分

++++++++++++++++

 こんな社説を書いているが、「これが書き換えられていたとすれば」とは、いったいなにをしらばっくれているのだろう。
「書き換えがあったようだ」といっているのは彼ら自身ではないか。

 こんなことをいう前に、彼ら自身が「書き換えられた」という文書を、「それが今国会に提出されたものの前のバージョンである」という証拠と共に開示すればいいだけの話だ。
 彼らが言い出したことである。「事実関係を速やかに調査、公表させる。その責任」は朝日新聞にあるのだ。

 NHKニュース7で、立民党の福山議員が興奮しながら「以前我々の求めに応じて財務省が提出したのと同じものが明日の国会で出てくるなら言語道断。我々が求めているのは改竄された文書の存否です」と叫んでいるシーンが流されていたが、「改竄された文書の存在は否」ならば、前と同じものが出てくるのが当たり前。
 そうではないというのならば、「そうではない証拠」を言い出した方が出さなくては。


 そうそう、「改竄があったら内閣総辞職だ!」と騒いでいる民共連合であるが、その民主党(当時)が政権与党であった時、

 


 こんなことがあったという。

 ばかばかしい。メディアは「我々が報道しなければ愚民一般国民にはわからない」といまだに思っているのだろうが、彼らがいくら「過去記事を消して隠蔽」しても、今はそういうものがいくらでも掘り出され、拡散されてしまうのだ。

「嘘つき」や「二枚舌」は、日本人の道徳観では嫌われる対象なのだぞ。


 本日のアート。

++++++++++++++++
 謎の呪文?「アババババ」 実は芸術作品 山口


(写真、朝日新聞デジタルより。中原中也記念館の前庭に展示された作品=山口市湯田温泉1丁目)

「ア、バアバアバアバ、アババババ、アババババ、」。山口市の湯田温泉街の一角に突如、謎の言葉が出現した。格子状の柵にビニールひもを結わえて書かれているようだ。これは何かの暗号なのか、それとも誰かへの呪いなのか。果たして、その正体は……。
 実はこれは、れっきとした芸術作品だ。現代アートの展示などに取り組むNPO法人山口現代芸術研究所(YICA)と中原中也記念館が共同開催している企画展「山口盆地考2018」の作品約20点の一つで、1月下旬から記念館の前庭に展示している。
「アババババ」という奇妙なオノマトペは中也の未発表詩「(七銭でバットを買つて)」からの引用だ。暗い山道をたばこ片手に進む詩の主人公。ふと赤ん坊の頃を思い出して「ア、バアバアバアバ、」とつぶやく。主人公はその後、通りすがりの男の自転車のランプを見つめながらたばこに火をつける。詩は「アババ ババ、アババババ、」の締めくくりで唐突に終わる。
 朝日新聞デジタル 3/6(火) 6:58

++++++++++++++++

 面白いなぁ、こういうの。
 どうせならば記念館の前庭だけではなく、町中でこれをやって、順に回っていくことで一つの詩になるというイベントにしたらいいのに。

 街中での芸術イベントといえば、水戸市はもう「カフェ・イン・水戸」をやらないのかなぁ。
今梅祭と刀剣乱舞をコラボした「花丸遊印録~梅の花舞う水戸の陣~」というイベントをやっているのだから、そういう企画をやる窓口はあるはず。「梅と芸術とスポーツの街」で人をどんどん呼ぼうよ。


 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス