科学の基礎教育は大切だ | 偕楽園血圧日記
2017年12月15日(金)

科学の基礎教育は大切だ

テーマ:報道

++++++++++++++++
 米軍ヘリ窓落下 翁長知事「印象操作だ」 普天間の危険性除去めぐり政府・与党批判

 沖縄県の翁長雄志知事は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故にからみ、政府・与党が危険性除去のため普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設を急ぐべきだとしていることについて「印象操作だ」と述べた。外務省で佐藤正久副大臣と面会後に記者団に語った。
 翁長氏は佐藤氏との会談で、原因究明と再発防止策の徹底を米側に求めるよう申し入れた。「日本政府の当事者能力を疑う」とも批判した。これに対し、佐藤氏は今回の事故について「外務省としても遺憾だ」と述べ、あらゆるルートを通じて米側に申し入れていることを説明した。
 産経新聞 12/14(木) 19:03

++++++++++++++++

 米軍がヘリから窓を落とすというとんでもない事故のあった沖縄県の知事だが、「だから基地の移設を」という意見に対しておかしなことを言っている。
「危険だから基地を移そうとずっと言っているのだ」「それは印象操作だ!」……? 意味が分からない。

 原因と再発防止というのも、今回落ちたのは、

++++++++++++++++
 “緊急脱出用”だった 米海兵隊ヘリが小学校に落とした窓


(写真、ホウドウキョクより)

 13日午前10時過ぎに普天間基地のアメリカ海兵隊CH-53Eヘリコプターが小学校に落とした窓が公開された。
(中略)
 この落下した窓について航空軍事評論家の石川潤一氏がCH-53Eの該当する部分の写真ならびに解説を #週刊安全保障 あてに寄せてくださった。
「CH-53Eのコックピットウインドーの下には「EXIT RELEASE PRESS BUTTON TURN」と指示されたボタンがある。非常時にこのボタンを押すとハンドルが出てきて、これを回して窓を押し出すと投>機でき、脱出口になります。写真は外側ですが、内側からでも同様です」とのこと。
(後略)
 ホウドウキョク 12/15(金) 6:02

++++++++++++++++

 と、もともと「簡単な手順で外れるもの」だというので、原因はわかっているし対策は「迂闊な操作をしないように訓練をする」しかない。これに日本政府の能力など関係ない。

 これはもう正常な判断力を失っているような状態で、スタートレックの世界ならば宇宙艦隊軍規104条のC項に従って解任されるんじゃないのかなぁ。


 、西日本でも、同じように「冷静な判断力」を失った人間がとんでもないお土産を残してくれた。

++++++++++++++++
 伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」―3号機仮処分・広島高裁


(写真、時事通信より。四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。写真は差し止めを支援者に伝える河合弘之弁護士(右)=広島市中区)

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、定期検査中)の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。
 野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、来年9月末まで運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。四国電は異議を申し立てる方針。
 東京電力福島第1原発事故の後、高裁段階で運転差し止めを命じた司法判断は初めて。野々上裁判長は、仮処分は証拠調べの手続きに制約があり、差し止め訴訟が係争中の広島地裁が異なる判断をする可能性もあるとして、運転停止期間を来年9月30日までとした。
 広島地裁は3月、原子力規制委員会が定めた新規制基準は「不合理とは言えない」と判断し、住民側の仮処分申請を却下した。
 野々上裁判長も、基準地震動(想定される地震の揺れ)の策定方法など、火山以外の争点については「新規制基準は合理的」と判断した。その上で、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前に起きた巨大噴火を検討。四国電が伊方原発周辺で実施した地質調査やシミュレーションでは、火砕流が敷地に到達した可能性が小さいとは言えず、「原発の立地は認められない」と判断した。
 伊方原発は瀬戸内海を挟んで広島市から約100キロの距離にある。3号機は昨年8月に再稼働し、定期検査のため今年10月に停止。四国電は来年1月22日の発送電再開を目指していた。 
 時事通信 12/13(水) 13:38


 <伊方運転差し止め>「放射線被害、もう二度と」被爆地から

「二度と放射線による被害を受けたくない」。被爆地・広島からの切なる訴えに司法が応えた。四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求める仮処分申請で、運転を禁じた13日の広島高裁決定。高裁レベルでは全国初の判断に、被爆者らは「原発ゼロに向けた歴史的転換点だ」「国は真摯(しんし)に受け止めるべきだ」などと声を上げた。
「勝ったぞ」。決定言い渡し直後の午後1時半過ぎ、弁護団の河合弘之弁護士が広島高裁前で拳を上げると、集まった支援者約110人は「核と人類は共存できない」などと書かれた横断幕を掲げ喜んだ。
 その場にいた、広島地裁で係争中の運転差し止め訴訟の原告団副団長、伊藤正雄さん(76)=広島市佐伯区=は「夢のようだ」と顔をほころばせた。1945年8月6日の米軍による原爆投下時は4歳で、爆心地から約3.5キロの広島市内の自宅前で被爆した。自身は無事だったが、兄と姉を亡くした。核兵器は許せないとの思いを抱く一方、原発は「核の平和利用だから」と認めてきた。しかし、多くの人が避難を余儀なくされた2011年の東京電力福島第1原発の事故を契機に「事故が起きれば、平穏な暮らしは一瞬で奪われる」と考えるようになり、原告に加わった。
 2年前にNGO「ピースボート」が企画する世界一周の船旅に参加。インドで被爆証言をした際、中学生から「日本は原爆や福島原発事故を体験しながら、なぜ原発を持っているのか」と問われ、返答に困った。今回の決定を受け「日本の裁判所でも差し止める判断が出たと胸を張って言いたい」と語った。原告側の報告集会で、河合弁護士は「被爆地の裁判所でこれ以上放射線に苦しむ人々を増やさない決定がなされた意義は大きい」と強調した。
(後略)
【成松秋穂、木島諒子】
 毎日新聞 12/13(水) 21:36

++++++++++++++++

 まさに「口あんぐり」としか言えない判決である。

 何が「放射線被害、もう二度と」だろうか。事故を起こしてもいない原子力発電所に向かって「まるで放射線をばらまいている」かのように言うなど、それこそ運営者に対する誹謗中傷というものである。

 ツィッターでは、

 

 


 のように判決から妄想を膨らませて突っ込まれている人間もいるようだが、まったく、九州から130キロ、豊後水道(最浅部でも深さ35メートルある)を超えてまだ原子炉を破壊するほどの威力を保ったままやってくる火砕流の発生する状況というものが、こういう人間たちにはまったく想像できないのだろうか。
 彼らは福島の事故を「汚染されて荒廃したフクシマ」というものにするために嘘ばかりついているので、原子炉の事故というものに対する定量的な評価もできなくなってしまっていると考えるべきか。
 そしてこの野々上判事もまた。

 そんな規模のデザスターが起きようものならば、人間が造った原子炉が爆発したところで「誤差」範囲の被害しか及ぼさないというのが、彼らには理解できない。
 これが通るのならばいっそのこと「隕石が落ちてきて破壊される可能性もゼロではない」とやってしまったらどうだろうか? その方がまだ「ピンポイント」で被害がどうのと騒ぐことができるのだし。


 高浜の原子力発電所に運転停止を命じた仮処分を出した大津の判事も「異動間際」の人間だった。考えたくはないが、この判事も、

++++++++++++++++
 今回の抗告審で、野々上裁判長は7月の初審尋の際に12月上旬に決定を出すと明示した。9月の第2回審尋では速記者を入れて双方の訴えを聴取。今月20日に定年退官を控え、迅速な訴訟指揮を執った。【東久保逸夫】
 毎日新聞 12/13(水) 18:24配信 「<伊方運転差し止め>広島高裁の野々上裁判長、今月退官へ」より

++++++++++++++++

 退官が決まっている人間だというので、「そっち系にサービス」したわけではないだろうな?

 とりあえず四国電力は、 

++++++++++++++++
 四電は決定を不服として見直しを求める保全異議と、決定の効力を止める執行停止をそれぞれ広島高裁に申し立てる。3号機は10月から定期検査中で、来年1月に運転再開の予定だが、仮処分決定は直ちに法的拘束力を持つため、運転再開は不可能になる。
 読売新聞 12/13(水) 13:48配信 「伊方運転差し止め、阿蘇噴火で『火砕流到達も』」より

++++++++++++++++

 と不服審査を求めるということなので、もしそれが認められた場合は、何度も書くように、

++++++++++++++++
 判決によると、運転停止期限は来年9月末。火力発電9基(計339万1000キロワット)の稼働率を引き上げることで電力供給に影響は出ない見通し。ただ、天然ガスや石炭を多用するため、年間の燃料費は最大420億円膨らむ。2017年3月期の連結営業利益(200億円)の2倍以上の規模だ。
 時事通信 12/13(水) 20:44配信 「四国電に想定外の衝撃=燃料費年420億円増―伊方原発の運転中止」より

++++++++++++++++

 この損害について、原告に請求するようにしよう。

 より優れた発電方式を模索しながら原子力からの脱却を目指して進んでいかなくてはならない時に、この手の裁判を悪用した嫌がらせのような運動は、ただそれを遅らせ、日本の国力を落とすだけのものでしかない。
 こういう訴訟権の乱用を防いでいかなくては、まともな方向に進む足かせにしかならない。


 本日の修復。

++++++++++++++++
 割れてもくっつくガラス開発 「自然修復」に道


(写真、朝日新聞デジタルより。割れた後、再びくっついた新素材ガラス(東京大学提供))

 いったん割れても、常温で数時間押し当てると修復するガラスを、東京大の相田卓三教授らが開発した。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 ガラスは通常、割れると材料を構成する分子同士の結びつきが切れてしまうため、高温で溶かさないと再利用は難しい。
 相田さんらは、半透明の新素材「ポリエーテルチオ尿素」でガラスを作製。割れても室温で1~6時間、割れ目を押し当てると再びくっつき、強度も回復した。新素材は「水素結合」という結びつきで安定した状態に戻ろうとする分子が多いため、押し当てると自然にくっつくという。
 加熱すると割れ目が修復する軟らかい材料はあるが、東京大の柳沢佑・学術支援専門職員は「硬い素材が常温でくっつくことを示せたのは、今後の自然修復するガラスの研究を広げるだろう」と話した。(杉本崇)
 朝日新聞デジタル 12/15(金) 4:23

++++++++++++++++

(2016/11/15の記事、「勉強しない大人」にはなるなよ)で自己修復機能のある素材が開発されたニュースを取り上げたが、今度はガラスかぁ……ガラス?
 ガラスというのはケイ素を主体とする物質のことをいうもので、「ポリエーテルチオ尿素」を素材とするものは「樹脂」に分類されるんじゃないのか?
 しかも「半透明」というのでは、レッドミラージュの装甲材にはなっても車のフロントガラスなどに使うことはできないな(笑)。
 

statesgrowさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス