2018年01月06日(土)

アメリカ人の差別意識を日本に持ち込むな!(怒)

テーマ:報道

++++++++++++++++
 日本の大晦日お笑い番組で黒塗りメイク 怒りと反発も


(写真、BBCより)

 日本で大晦日に放送されたテレビ番組で、お笑い芸人が米俳優エディー・マーフィーに扮するため黒塗りメイクをしたことを受けて、人種差別や文化的配慮が足りないとの非難が相次いでいる。
 日本テレビの番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」では、有名なお笑い芸人の浜田雅功氏がエディー・マーフィー主演の映画「ビバリーヒルズ・コップ」 を再現しようと、黒塗りの顔で登場した。
 顔を黒く塗り黒人を風刺するいわゆる「ブラックフェイス」は、きわめて侮辱的な風習だと広く受け止められている。
 この数日間で、番組への抗議の声が増え続けている。

 米国出身の黒人作家兼コラムニストで日本在住13年のバイエ ・マクニール氏は、ツイッターでこの番組の問題を指摘。黒人は、「笑いのオチや小道具」ではないと主張した。
 マクニール氏はツイッターで、「#ブラックフェイスで出演する日本の人へ。黒人だというのは、オチや小道具じゃないんだ。ジョークが必要?  もっと腕のいい作家を雇って。黒人キャラが必要なら、日本語を話す黒人俳優を雇って。何人かいるから!  でもお願いだから、#日本でブラックフェイス止めて。カッコ悪いよ」と書いた。
 マクニール氏は、自分は日本が大好きで、ブラックフェイスの風習が人種差別的だと広く認識されていることを、多くの人に気付いて欲しかったと話した。
 マクニール氏は、自分にとって「悪夢のシナリオ」は2020年東京五輪の開会式で、「黒人アスリートを称えるためにブラックフェイスのドゥーワップをやらかすんじゃないかって、真剣に不安だ」とツイートした(訳注・ドゥーワップは1950年代に流行したアフリカ系米国人のコーラス)。

「大失態だ!  だからお願いだから、今すぐ日本でブラックフェイス止めて」
 しかしツイッターでは、米国や欧州で白人が黒人の真似をしたミンストレル・ショーの人種差別の歴史を、日本人視聴者が知っていたかどうか、そして演者や視聴者が差別の歴史的経緯を知らなくても黒塗りは人種差別になるのかなど、議論になっている。
 たとえば「ヘビー・ウェポン」さんはツイッターで、「すごく得意そうだね。米国人の罪の意識を日本人に押し付けて。そもそも日本では問題にもなっていないことを、直そうとしている。米国で不適切だからって、世界中でそうだとは限らない。#作られた義憤」と書いている。
 その一方で、「ぼむぼむあずにゃん」さんは、「ブラックフェイスには、特定の人種の人間性を奪い、馬鹿にして嘲笑してきた歴史がある。あのお笑い芸人に差別を容認する意図はなかったが、差別するつもりがないからといって、侮辱的で道徳的にきわめて不快とされている言い訳にはならない」とツイートした。
(中略)
 しかしマクニール氏は、日本でもこの問題にもっと気を付けて配慮するべきだと話す。
 マクニール氏は日本のメディアに対し、日本ではミンストレル・ショーは19世紀に初めて米国から持ち込まれたと説明している。
 日本ではその後、20世紀を通じて、歌手がミンストレル・ショーと同じ形で、アフリカ系米国人ミュージシャンをまね続けた。
 マクニール氏は2015年、ブラックフェイスのバンド2組を全国放送で流さないよう訴える署名活動を展開。テレビ局側は放送を中止したことがあった。
「日本のブラックフェイスに悪意はないという意見(日本の歴史は人種差別に覆われた歴史ではないとか、日本のブラックフェイスには歴史的拝見がないなど……不正確だが)について、日本人の友達と何度も話し合ってきた」と、マクニール氏はフェイスブックに書いている。
「必ずしも人種差別だとは思わない。本当に、そうは思わない。少なくとも、わざとじゃないと思う。けれども、本人が人種差別をねらっているのかとは別に、間違いなく問題のある行動だ」
(中略)
 この「ブラックフェイス」と似た騒ぎが日本では過去に、白人の描き方についてもあった。日本人俳優が金髪のかつらをかぶり、プラスチックの高い鼻をつけて西洋人を表現した広告キャンペーンが、論争を呼んだこともある。
 白人を露骨なステレオタイプで表現したCMは視聴者からの苦情を受け、全日空と東芝はそれぞれ、広告を取りやめる羽目になった。
(英語記事 Japanese TV show featuring blackface actor sparks anger)
 BBC News 1/5(金) 13:04

++++++++++++++++

 大晦日のお笑い番組でダウンタウンの浜田雅功がエディ・マーフィーの真似をしたとことで「差別主義」を引きずる人間が騒ぎ、早速のように(2018/01/04の記事、左巻きは被害者を使い潰す)で「政権叩きのために刑事事件としては『有罪にできない』となった事件で『犯人犯人!』とやっているような勢力を持ち上げて、『人権意識の遅れた日本』というレッテル貼りをしている差別主義者の白人」放送局が飛びついている。

 まったく馬鹿馬鹿しい。ここに出てきているマクニールという人は、13年も日本に住んでいながらいったい何を見てきたのだろうか? 「マクニール氏は2015年、ブラックフェイスのバンド2組を全国放送で流さないよう訴える署名活動を展開。テレビ局側は放送を中止したことがあった。」などということをやっているなど、ただの「クレーマー」にしかなっていないではないか。
 しばらく前に毎日新聞が「ドイツの漢字表記の『独』という字は差別」という人間を探し出してきて記事にしていたことがあるが、この騒ぎはそれと同列である。
 この話も初めはハフィントンポストの日本版が火をつけたもの。この、「ニューヨークタイムスが同じビル内にオフィスを構えている新聞社」の系列紙が広めたものをまた、当のハフィントン・ポストが、

++++++++++++++++
 「ガキ使」浜田雅功の黒塗りメイク BBCやNYタイムズはどう報じた?

 大晦日に放送されたお笑い番組「絶対に笑ってはいけない」で、ダウンタウンの浜田雅功が米俳優エディー・マーフィに扮して、肌を黒くメイクしたことを受けて、英メディアのBBCや米メディアのニューヨークタイムズなど、海外メディアから「人種差別的」と非難の声が上がっている。
 両メディアは、番組だけでなく日本のメディアのあり方にも疑問を投げかけた。番組の内容や、アメリカにおける黒塗りメイクの背景と合わせて、その報道を一部を紹介する。(笹川かおり / >ハフポスト日本版)
(中略)
 BBC「『ブラックフェイス』は、きわめて侮辱的な風習」
 放送に対して、BBCは4日「人種差別や文化的配慮が足りないとの非難が相次いでいる」と報じた。
(中略)
 NYタイムズ「日本のコメディアンが批判にさらされている」
 ニューヨークタイムズも4日、「日本のコメディアンが人気のテレビ番組でブラックフェイスを披露し、批判にさらされている」「多くの人を憤慨させ、日本の主要メディアで、定期的にメイクで外見の演出がされていることを浮き彫りにした」と報じた。
 テレビを見ていた外国人の「容認できない、差別主義者」などの声を紹介。マクニールさんのツイートは、「日本のエンターテインメントで、ブラックフェイスを用いることについて議論を開始した」と表現した。
「アメリカとは異なり、日本では黒人に対する差別の歴史がない。顔の黒いメイクの日本人のパフォーマーは、文化の汚名ではない」などお笑いを擁護する声を紹介する一方、歴史家ジョン・G・.ラッセルによるジャパンタイムズの記事をふまえ、日本のブラックフェイスの歴史は少なくとも1850年代にさかのぼると指摘した。
 また、日本の反応について「差別的と見なされている事例が可視化され、多くのSNSユーザーは驚いていた」とふり返った。
(中略)
 テレビのお笑いや翌日、視聴者の職場や学校、日常で再生産される。テレビの演出は、多くの人たちの外国人に対する接し方にも影響を与えるだろう。
 認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんは「人権に配慮した笑いって、本当につくれないんでしょうか」と投げかける。
 韓国のテレビ局SBSは2017年、黒塗りメイクのキャラクターをお笑い番組の演出で、批難の声を受けて謝罪した。「ブラックフェイス」について、今後も議論を深める必要がありそうだ。
 笹川かおり / ハフポスト日本版
 ハフポスト日本版 1/6(土) 14:51

++++++++++++++++

 こんな記事を書く。

 またぞろ外国のメディアを使った「記事ロンダリング」がされ、日本叩きのための「レッテル」が世界に拡散されているのだ。
 なんと嫌らしいのだろうか。

『ブラックフェイス』は、きわめて侮辱的な風習」だと? そんなものがあるならば、それはアメリカ合衆国にある風習ではないか。(引用した記事を読めばわかるように、BBC自身はそんなこと書いていない。ハフポストの印象操作である)
 BBCの記事でツイッターが引用されているヘビー・ウェポンさんの言うように、「アメリカではかつてそうやって黒人を馬鹿にしていた歴史がある」からといって、それを日本に持ち込んでくるなど、それこそ「アメリカの価値観に日本は従え」とする「日本差別」である。
 言い訳のように使われる「歴史を知れ」という言葉に対しては、「その歴史をアメリカは早く克服しろ」と日本側からは言ってやろう。日本のように普通にエディ・マーフィーの物真似ができて、それを(できればエディ本人も一緒になって)「似てねー(笑)」と笑える社会の方がよほど健全な差別のない社会なのだから、早くアメリカもそういう社会になるように、と忠告してやろう。

 ちなみに、これを書きながら観ていた「ダイ・ハード3」の中に、「銃を撃ったことのない黒人もいるんだ」というセリフがあって驚いた。これはもちろん、「ホールドアップ」をやっているはずだとマクレーン刑事は道連れになった黒人店主に示唆したから反発されたわけで。
 そして、このくだりが公開当時米国で問題になったという話は聞いたことがないから、それが普通に受け取られてしまうほど黒人に対するステレオタイプがあるのがアメリカ社会というものなのだろう。
 一方で我が国は、中世の織田信長の時代に「黒人を大名に取り立て」ていたほど黒人への差別意識とは無縁の国なのだ。
 もう一度書こう。アメリカ人の差別意識を日本に持ち込むな!


 そして、こういう話に付き合って一緒に日本叩きをすることで「名誉白人」になっているつもりの日本人もまた情けない。
 半世紀以上も前に「白人が黒人の真似をした」ことがまだ「過去の歴史」になっていないのは、黒人射殺事件で国が沸騰するように、まだ「差別意識」がアメリカ社会の中にあるからではないか。そんな社会がそんな意識のない社会に向かって「差別だ差別だ」といってくるのは、差別の再生産にしかならない
 こういうところで彼らを応援するのは、逆に彼らの差別意識を世界に蔓延させることに手を貸すだけ。そういう「ポリコレ棒振り回し」は、社会を決して良くすることはない。ただ窮屈で物言えない圧力社会を作るだけだ。

 もっとも、彼らはそういう社会の「『上』に座って自分たちだけが自由にふるまえる地位」を望んでいるのだろうけど。


 本日の梅里。

++++++++++++++++
 「水戸の梅まつり」へお越しください! 茨城美人10人がPR


(写真、産経新聞より。水戸の梅まつりをPRするため産経新聞水戸支局を訪問した水戸の梅大使10人=4日午前、水戸市南町(峯匡孝氏撮影))

 梅の名所として知られる水戸市の偕楽園などで2月17日から3月31日まで開かれる「第122回水戸の梅まつり」をPRするため、振り袖姿の「水戸の梅大使」10人が4日、同市南町の産経新聞社水戸支局を訪れた。
 梅大使は梅まつりの観光客を出迎えるほか、水戸の観光や名産品などを内外にアピールしていく。梅大使の東ケ崎美咲さん(22)は「1年間、さまざまな方に魅力を伝えたい」と話していた。
 産経新聞 1/4(木) 17:35

++++++++++++++++

 年も明けて、そろそろ梅まつりのことを考える時期になったかぁ。

 去年は刀剣乱舞とコラボしたりといろいろ新しい試みがされていたが、今年はどうするのだろう?

++++++++++++++++
 大阪・西成に甲冑武者が登場、外国人観光客から好評


(写真、朝日新聞デジタルより。外国人観光客らが泊まるゲストハウスを「襲撃」した甲冑武者ら=大阪市西成区太子)

 大阪市西成区の飲食店やホテルに23日、甲冑(かっちゅう)武者が登場した。同区でプラスチックの甲冑工房を営む真砂(まさご)慎吾さん(55)らが企画。外国人に好評だった。
 西成周辺に泊まる観光客をもてなすだけでなく、甲冑をPRして、製作を生活保護受給者や高齢者らに任せて就労支援につなげるのが狙いだ。
 真砂さんらは今後もイベントごとに甲冑で出歩く予定で、「いずれ甲冑姿の清掃員や警備員が現れるかも。侍魂で地域を盛り上げたい」と熱く語った。
 朝日新聞デジタル 12/23(土) 21:56

++++++++++++++++

 こんなことをやっているところもあって「ウケ」ているのだから、水戸でもそろそろ「梅侍」を登場させようよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。