2017年09月02日(土)

君たち、日本語、わかりますか?

テーマ:報道

++++++++++++++++
 辺野古抗議の市民に「日本語わかりますか」 防衛局職員

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事を進めている名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、沖縄防衛局職員が、抗議活動を続ける市民に「日本語わかりますか」と発言した。防衛局への取材でわかった。「誤解を招く恐れもある」として職員を注意したという。
 防衛局によると、28日午後、移設工事の資材搬入を止めようとゲート前に座り込む市民に、職員が拡声機で移動を求めた際に発言した。反対派は「言葉でも差別された沖縄の歴史を踏まえない発言だ」と反発している。防衛局は「言ったことを全く聞いてもらえない中で出た発言で、差別や侮辱の意図はなかった」と説明している。
 朝日新聞デジタル 8/29(火) 17:33

++++++++++++++++

 また沖縄で「差別差別」と騒ぐ人間が湧き出している。

 が、道路に座り込んだりフェンスにゴミを縛り付けたり私有地に入り込んだりというようなことをしている者に警告をしても聞こうとしないだけではなく、

 

 

 こんなことも報告されているとなれば、「外国の方ですか? 日本語わかりますか?」といわれてもやむを得ないのではないか?

 日本人が日本国内のことで反対意見を言うのは自由だが、いったいどういう了見で外国人がその抗議活動に首を突っ込んでくるのか。そして大手マスコミはそれを「報道」しないのか。
 彼らの中にも、「日本語がよくわからない」人間が多くいるからなのだろうか?

 それを思わせるようなことが、北朝鮮のミサイル発射の合間にやられていた。

 麻生財務相が、

++++++++++++++++
 麻生副総理「ヒトラー、いくら動機正しくてもダメ」

 麻生太郎副総理は29日、横浜市で開いた麻生派研修会の講演で、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言した。
 麻生氏は2013年に憲法改正をめぐり、ナチス政権を引き合いに「手口を学んだらどうか」と発言し、国内外から批判を浴び、撤回している。今回は、政治家のあり方に言及した際の文脈での発言だったが、今後問題になる可能性がある。
 朝日新聞デジタル 8/29(火) 21:35

++++++++++++++++

 こんなことをいったからと、

++++++++++++++++
 「ヒトラー、動機正しくても駄目」=麻生氏が再び問題発言

 麻生太郎副総理兼財務相は29日、自らが率いる自民党麻生派の研修会で行った講演で、「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。
 ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の「動機は正しい」と擁護したとも受け取れる発言で、野党などから批判が上がりそうだ。
 麻生氏の発言は、所属議員に政治家の心構えを説く中で出た。ヒトラーへの言及に続き、「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じゃない」と語った。
(後略)
 時事通信 8/29(火) 20:39


 「ヒトラー、動機正しくてもダメ」麻生氏が発言

 麻生副総理兼財務相は29日、横浜市内で開いた自らが会長を務める自民党麻生派の研修会で講演し、「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」と述べた。
 同派所属議員らに政治家としての心構えを説く中で、例として言及したが、ユダヤ人を大虐殺したドイツのナチス政権の独裁者・ヒトラーを部分的に擁護したとも受け取れる発言だ。「結果を残して初めて名政治家だったと言われる」とも語った。
 麻生氏は2013年7月にも、講演で「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口に学んだらどうかね」と述べ、批判を浴び撤回したことがある。
 読売新聞 8/30(水) 1:17

++++++++++++++++

 いつも「反安倍」の記事を書いている時事通信どころか読売新聞までが、「ホロコースト擁護ともとられる」などというのだ。

 もちろん「問題になりそうだ」と書く朝日新聞も社説でこき下ろすことを忘れず、

++++++++++++++++
 (社説)麻生副総理 あまりにも言葉が軽い

 首相や外相を歴任した政治家として、あまりにも軽すぎる発言である。
 麻生副総理兼財務相がおととい、自らの自民党派閥の研修会でこう語った。
「(政治家になる)動機は私は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても、何百万人も殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもダメなんですよ」
 何が言いたいのかよくわからないが、ヒトラーが率いたナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)に、正当な動機があったとの考えを示したとも受け取られかねない。
 麻生氏はきのう「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とするコメントを出した。「私がヒトラーについて、極めて否定的にとらえていることは発言の全体から明らかであり、ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らか」としている。
 理解不能である。
 ならばなぜ「動機が正しくても」と2度も繰り返したのか。
 ナチスは強制収容所にユダヤ人を移送し、ガス室などで殺害し、数百万人が犠牲になった。残虐極まる蛮行に正しい動機などありえるはずがない。
 欧米では、ナチスやヒトラーを肯定するような閣僚の発言は直ちに進退問題につながる。安倍政権の重鎮である麻生氏が、このような発言を国内外に発信した責任は重い。
(中略)
 発言が問題視されると、誤解だとして撤回し、とりあえず批判をかわす。自らの発した言葉への反省は置き去りにし、また過ちを重ねる……。
 麻生氏に限らず、そんな軽々しい政治家の言動を何度、見せつけられてきたことか。
 政治家にとって言葉は命である。人びとを動かすのも、失望させるのも言葉によってだ。
 その言葉がこれほどまでに無神経に使い捨てられている。
 そんなものかと、この状況を見過ごすことは、この国の政治と社会の基盤を掘り崩すことにつながる。
朝日新聞デジタル 社説 2017年8月31日05時00分

++++++++++++++++

 こんなことを書いているが、麻生氏の発言を読んで何が言いたいのかよくわからないのならば、もう一度小学校の国語から勉強しなおした方がいい

 いったい麻生氏の発現のどこをどう読めば、ホロコーストの動機を語っていると取れるのだろう。「政治家を目指す動機」について氏は語っていることぐらい、まともに日本語教育を受けたものならば誰でもわかるだろうに。

 そもそも、欧米でさえも「ヒトラーはユダヤ人を殺したいがために政治家になった」などという人などどれほどいよう。
 先日来日したメイ英首相が、

++++++++++++++++
【AFP=時事】テリーザ・メイ(Theresa May)英首相は、31日に放映されたインタビューで、2022年に予定されている次回総選挙まで首相を続投すると断言した。
(中略)
 さらにメイ首相は、長期政権こそが「極めて重要」との認識を示し、「私と私の政府は、ブレグジットをやり遂げるためだけの存在ではない。英国により輝かしい未来を届けようとしているのだ」と述べ、次のように続けた。
「私の目的は、英国のためになるブレグジットを完遂するだけではなく、『世界の英国』の国際的な地位を確実なものにして世界中と貿易することだ。そして、より強く、よりグローバルでありながらより公正な英国の未来を確かなものとするため、国内の不正にしっかりと対処しなければならない」 【翻訳編集】 AFPBB News
 AFP=時事 8/31(木) 15:01配信 「メイ英首相、22年総選挙まで続投宣言 『世界の英国』目指す」より

++++++++++++++++

 こういうことを語っているが、ヒトラーにしても「政治家になろうとした動機」は「第一次大戦で疲弊したドイツを立て直して世界的な地位を取り戻す」であったことは想像に難くない。
 だが、そういう動機があったにせよ、「何百万人も殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもダメ」といっているのだから、麻生氏はヒトラーを「切って捨てて」いる

 朝日は「欧米では、ナチスやヒトラーを肯定するような閣僚の発言は直ちに進退問題につながる」と書いているが、欧米、特に欧が「ナチスはとにかく全否定で、考えてもいけない」としているのは、ドイツだけではなくフランスやイギリスといった国々もまた「自国のユダヤ人をドイツに送還した」という負い目を追っているからで、その事実から目を背けるため「すべての罪をナチスに押し付けて蓋をしている」だけのこと。だからその蓋を開けようとする者がいたら全力で叩き潰そうとする。
 そんな偽善面をしている者たちに、日本までが従うことはない。日本人は、ヒトラーとナチスを「第三者」として見るべきだ。
「たとえドイツを立て直そうとしたにせよ、それでホロコーストを起こしてしまっては政治家としては失格」というのは、「あんな政治家になってはいけない」という戒めであって、なんの問題もない。逆に撤回の時に取り繕った「動機も悪だった」発言の方がよほど「あまりにも言葉が軽い」として批判されるべきものだ。


 朝日新聞などが「問題になる可能性」と煽ったから、

++++++++++++++++
 「ヒトラー評価と受け取られかねない大失言」 民進党幹部が麻生太郎氏の発言を批判

 民進党の山井和則国対委員長は30日、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた麻生太郎副総理兼財務相の発言について、「ヒトラーを少しは評価していると受け取られかねない大失言。猛省を促したい」と批判した。麻生氏は同日、不適切な発言だったとして撤回するコメントを発表している。
 山井氏は、麻生氏が平成25年にも「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか」と発言し、後に撤回した経緯を念頭に「こういうことが続くようでは国際的に通用する財務相として極めて恥ずかしいし、適性を疑わざるを得ない」と強調した。国会内で記者団に語った。
(後略)
 産経新聞 8/30(水) 11:43


 ヒトラー発言の麻生太郎氏 社民党・幹事長が議員辞職要求「撤回で済まされぬ妄言」

 社民党の又市征治幹事長は30日、談話を発表し、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と発言し、後に撤回した麻生太郎副総理兼財務相に対し、議員辞職を求めた。「ナチス・ドイツの独裁者をひきあいに政治家の心構えを説くのは言語道断であり、断じて許されない。撤回では済まされない妄言だ」と批判している。
 全文は以下の通り。
(後略)
 産経新聞 8/30(水) 13:12


 麻生副総理の罷免要求=「ヒトラーにシンパシー」―共産・志位氏

 共産党の志位和夫委員長は31日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーを例示して「動機が正しくても駄目だ」と発言、撤回したことについて、「ヒトラーに対するシンパシーを抱いていることを否定し難い形で明らかにした」と非難し、安倍晋三首相に閣僚罷免を求めた。
 志位氏は「ヒトラーは反ユダヤ主義を掲げて政治家としての一歩を踏み出した。動機が邪悪だったからこそホロコースト(ユダヤ人大虐殺)という残虐な結果が引き起こされた」と指摘した。
 一方、公明党の山口那津男代表は会見で「撤回したということが全てだ。これ(撤回)は当然のことだと思う」と述べた。 
 時事通信 8/31(木) 16:46

++++++++++++++++

 いつもの勢力が大騒ぎ。

 志位氏などは自分たちの「スターリンへのシンパシー」を棚に上げて勝手なレッテル貼りまでやっているが、発言をきちんと読めば、シンパシーどころか否定しかしていないことぐらい、上でも指摘したように「日本語教育を受けた者」ならば誰でもわかること。
 日本語の意味が取れず、ただ「ヒトラー」と「動機」という単語だけで脊髄反射をして自分の脳内妄想で相手を罵るような人間には、複雑な文章構成になっている法律の精査・審議などとても耐えられるものではない。

 彼らには早くその席から離れて、どこかの山の中の洞窟で「九条祭壇」に向かって祈る生活に入ることをおすすめしたい。


 おまけ。

++++++++++++++++
 「許せない言動」と批判=中国―麻生副総理のヒトラー発言

【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は31日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーを引き合いに「動機が正しくても駄目だ」と発言したことについて、「国際社会の道徳と人類の良識に反する誤った言動を決して許すことはできない」と批判した。
 また、華氏は「日本国内に歴史問題で頑固に認識を変えない政治勢力が残っていることを示した」と強調した。その上で「日本の一部勢力に対して、歴史の教訓をくみ取るよう促す」と述べた。 
 時事通信 8/31(木) 18:14

++++++++++++++++

 日本の「仲間」が大騒ぎしているところに便乗して中共までがこんなことをいいだしているが、毛沢東の肖像を紙幣に使っているような国にそんなことをいわれる筋合いもない。


 ところで、「独裁」といえば、

++++++++++++++++
 子ども守る喫煙対策条例案、都民ファ・公明が共同提案へ

 小池百合子・東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と公明党が、子どもの受動喫煙を防ぐため、子どものいる家庭での禁煙に努めるなどとする条例案を9月の都議会定例会に共同提案することが分かった。同会と公明の議席数は都議会の過半数を超えており、条例案が可決・成立することになる。
 関係者によると、条例案は子どもがいる家や自家用車の中などでの禁煙について罰則規定を設けず、努力義務を課すなどの内容。同会が7月の都議選で掲げた公約を軸に検討されており、同会と公明が29日に骨子を公表する。ただ、私的な場所での行動を制限しかねない内容のため、「行政が立ち入るのは行き過ぎではないか」(自民都議)と疑問視する声もある。
(後略)
 朝日新聞デジタル 8/29(火) 18:22

++++++++++++++++

 家庭の中の過ごし方にまで「義務」を科そうとするこの都民ファの考え方もまた非常に危ない「全体主義」思想である。
 これが通ってしまうようならば、東京都民はアメリカの「ポリコレ文革」についてなにかいう資格を失ってしまうよ。


 本日の「しこくちほー」。

++++++++++++++++
 「世界初」で走ってみない? 四国のDMV、運転士募集


(写真、朝日新聞デジタルより。世界初の営業運行を目指すDMV(7月16日、徳島県美波町))

 徳島県海陽町と高知県東洋町を結ぶ阿佐東線(8・5キロ)で、線路も道路も走れるデュアル・モード・ビークル(DMV)の世界初の営業運行に向け、第三セクター「阿佐海岸鉄道」(本社・海陽町)が運転士の募集を始めた。
 阿佐海岸鉄道によると、運転士募集は開業以来初めて。現職運転士は高齢化が進み、将来に向けて安定した運行体制を維持するため新規採用を決めた。現職6人と新人2人の計8人が、それぞれ鉄道とバスの両方の免許を取得できる2020年ごろの運行開始を目指す。
 DMVはバスのような外観で、道路用のタイヤと鉄道を走る車輪がある。車輪は上下し、約15秒で切り替えられる。乗車人員は1車両に二十数人という。
 朝日新聞デジタル 9/1(金) 16:24

++++++++++++++++

 えと、これって「ジャパリバス」では……?(笑)



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。