硬盤層破壊の期待をもってライ麦のライ太郎の種を11月の終わりに蒔きました。

$たんじゅん自然菜園

少し、遅かったと思いつつも発芽しました。

$たんじゅん自然菜園

根が深くまで届きますように(^_^;)

50cmくらいスコップで掘ってみたところ、10cmより下は全て硬盤層のような地層ですヽ(;´ω`)ノ


エンドウ豆は、生育中!

$たんじゅん自然菜園

市民農園を借りてはや3年。
無農薬、無施肥でやり続けていますが…

予定では3年で慣行農法菜皆なるはずが…

虫がつかない光る野菜畑を目指していたのに
いまだに、育ちは悪く虫食いだらけです。

$たんじゅん自然菜園


化学肥料を与えるから虫がつくんだ。
虫は元気のない野菜を食べるんだ。

けど

転換期だからしょうがない…。

と思い50㎡の区画に150KG以上の炭素物を入れやり続けてきました。


近所の区画で奈良の川口さんの自然農法の教えを受けた方が
「最初は自然農法でやっていたが、恥ずかしながら今では化学肥料を使っているよ」
と、やり始めた時に聴いた言葉が印象的です。

自然農法は紆余曲折があり、皆さん起動に乗るのに10年程かかっているようです。
自分は、先入観がないから3年で転換できると思い込んでいました。

自然農法の難しさを感じている今日この頃です。


同じ畝にさつまいもの紅東と紅高系を半分ずつ植えた結果です。


葉を見たところは変わらないのですが、


芋の大きさがが全く違います。



たんじゅん自然菜園


左が紅高系、右の食べれそうも無いのが紅東です。


どうしてこんなに違うのでしょうか?


驚きましたよ。品種でこんなに違うなんて!

昨年も同じような現象があったのですが、「たまたま」だと思っていました。


「サツマイモだからほっといてもできるよ」と思い植え付けからなにもしませんでした。無施肥です。


調べても良く分からなかったのですが、一説には紅東のほうがカリ成分を必要とするようです。


カリ成分が足りないとしたら、まだまだ硬盤層は頑固のようですね。



たんじゅん自然菜園



もう一年以上更新していませんでした。




その間なにをしてたと言うと荒れ放題でした。


昨年の秋に行って見ると、借りている人がいないと思われたか、


綺麗に草刈りされていました。


ひえ~、サツマイモを植えたはずなのに…。




土は、もとに戻ってしまったかもしれないが再開です。


キノコは、出ていましたよ。




たんじゅん自然菜園








































市民農園は、雨だったり、都合が悪く行けず、荒れ放題です。


でもベランダがあります。


使い古した土のプランターを使います。


たんじゅん自然菜園


たんじゅん農法では「菌」が命です。


レタスの残渣も入れてしまいます。


たんじゅん自然菜園


バーク堆肥に菌が住みやすいように薫炭を少し入れます。


今回は、イタリアントマトの苗です。


たんじゅん自然菜園


表面で、浅くかき混ぜます。


たんじゅん自然菜園


植えつけて、完成です。


一昨年のベランダトマトは11月の初めまで収穫できましたが、

去年は、暑すぎて夏で終わってしまいました。


今年は、どうかな?


(^_^;)お茶産地ということもあり、市民農園の周りには茶畑が多くあります。

たんじゅん農法でお茶を育ててみたくなり、使われていない茶畑を無償で借り、

無肥料、無施肥で管理しています。実は何もしていませんが(^_^;)


そんな茶園でも新芽が出てきました。


たんじゅん自然菜園


お茶摘みをしました。


これからお茶作りを開始します。


普通の蒸した緑茶ではなく、釜炒り茶、烏龍茶、紅茶を作ります。

美味しいお茶菜なりますように…。


畑は、春の忙しい時期だというのに何も出来ず、

畑まで車で20分の距離が遠く感じる今日この頃です。


久々の畑は、すごいことになっていました。


たんじゅん自然菜園


植物の成長は早いです。

一昨年、緑肥として種を蒔いたクリムゾンクローバーがこぼれ種で成長し花が咲いていました。

前回は、気がつきもしなかったのに。


たんじゅん自然菜園


スナックエンドウと絹さやは、勝手に成長して収穫も出来ました。


野菜の状態は、まだムラがあります。

育ちの良いところと、悪いところがハッキリしています。

それも30cm離れたくらいでも。


自分では、よく成長していると思える物も

周辺の慣行農法の作物と比べてしまえば、まだ小さいです。


そろそろ、自然栽培も良くなってくると信じたいです。


今週はジャガイモを植えつけるつもりだったのですが、

急な用事で断念してしまいました。


たんじゅん自然菜園


種イモのキタアタリは萎びて来てしまいました。


近所の公園の桜(河津桜?)は満開です。


たんじゅん自然菜園


畑の雑草も急成長しているかも?


石油ピークは2012年に至る。

そんな記事が毎日JPの「サウジの水増し疑惑 」に書いてあります。


その上に


国際エネルギー機関(IEA)が先日、「在来型石油は06年に生産の上限に達した」と発表した。つまり在来型石油に限れば「ピークオイル」に至ったというのだから、その筋には衝撃が走った。


と書いてあります。


在来型石油とは穴を掘れば自噴してくる石油の事です。

ピークを過ぎても半分残っていると思うことは間違いです。

これからは、海底油田など掘削に危険とエネルギーが必要な石油と、

オイルサンドなどの質の悪い石油が残されたことになります。


石油に支えられた現代社会は、石油が枯渇したら現代文明自体が成り立ちません。


現代の農業も、石油なしでは成り立ちません。

あらゆる面で石油に支えられて生産を維持しています。


鎖国していた、江戸時代の人口は約3000万人。

石油なしで日本の国土が養える人口は、江戸時代の人口です。


大規模農業は、維持できなくなってきます。

存続には循環型の有機、自然農法です。


石油はいつかなくなると、思っていましたが現実になってきました。

もしかすると、20年後には異なった世界になっているかも知れません。


「サウジアラビアの石油埋蔵量が40%も過大評価」の意味すること  


知らなきゃヤバイ!石油ピークで食糧危機が訪れる (B&Tブックス)/石井 吉徳
¥1,680
Amazon.co.jp

畑では、菜の花が咲いてきました。

京菜の菜の花。


たんじゅん自然菜園


ロッコリーの菜の花。


たんじゅん自然菜園


この他にも、小松菜とチンゲン菜の菜の花が咲きそうです。


ダイコンは、塔が立つ前に収穫したいです。


まだ寒そうな、てんとう虫。


たんじゅん自然菜園


絹さやが、急激に成長を始めるのも近そうです。