かわさきアプリにチャットボット導入!あわせて子育て・防災アプリをリニューアル | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。

先月末、かわさきアプリのリニューアルが公表されました。大きな変化は、市の公式LINEが主要(ポータル)アプリとなることです。

公式LINEではチャット形式でさまざまな質問ができるようになるとのことです。さっそく使ってみましたが、100%知りたい情報にたどり着くとは言い難いですが、

 

「どこに聞けばいいのかわからない」「市ホームページでほしい情報にたどり着かない」というときには、こちらで調べてみるのはアリだと思います。

 

具体的には、窓口の混雑情報・イベント情報・ごみの分別方法などの情報がLINE上で調べられます。

 

このチャットボットについてはスマホをもっていない方も使えるように、市ホームページからも利用できるようになっています。

ちなみに私は議員になる前に市政情報にアクセスするときは、「サンキューコールかわさき」を使っていました。どんな質問でも担当窓口を探してくれるので入り口としては非常におススメです。

 

LINEアプリ同様に3月からリニューアルされたのが、子育てアプリです。

 

女性向け健康管理アプリ「ルナルナ」の利用者の声を反映して作ったとのことですが、前回のアプリがそれなりに不評だった?のもあるので、今度はどうなのか気になるところです。

 

機能としては、①予防接種管理、②地域の育児情報、③施設・イベント情報、赤ちゃんの成長記録などがメインで、

 

その他には、子どもの健診の時期や保育所や幼稚園などの子育て関連施設を地図から検索できるようです。

 

この手のアプリは民間のものも多いと思うので、市がつくる意味としては②③をどれだけ膨らませられるかにかかっているのだろうと思います。

もう一つリニューアルされるのが、これは4月1日にリリースされるということですが、防災アプリです。

 

詳細はまだ公表されていませんが、近くの避難所やハザードマップ、発令されている避難情報・避難所開設情報などをマップで確認できるとのことです。

 

これらの更新に伴って、これまでの「ポータルアプリ」「子育てアプリ」「防災アプリ」については、4月1日から利用できなくなります。

 

おそらく今回のリニューアル後も、操作性やデザインなどについて改善の余地があると思いますが、少しずつですが確実に使いやすいものに進化していけるように引き続きご意見などありましたらお知らせください。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。