幸区と宮前区のみなさん、地域政党が動き出します! | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

先週、4月に行われる川崎市議会議員選挙の立候補予定者に向けた事前説明会が開かれました。

 

新人さんにとっては「いったい何をどこに提出すると選挙に出られるのか?」という疑問を解決することができる大切な場ですし、

 

現職にとっても、4年ぶりの選挙なので、これに参加していろいろと思い出さなければいけません。

 

私が約2年前に設立した「地域政党あしたのかわさき」からは、私を含めて3名が参加しました。

↓↓↓

少人数だからこそお互いのことをよく知った上で集まった仲間で、特定の支持母体を持たないことで自分の責任で何にも遠慮することなく活動することができる強みがあります。

 

南部からいきますと、幸区は【秋田めぐみ】。

 

秋田さんとの出会いは、彼女が議会に傍聴に来たその足で私の控室に訪ねてくるというかなり変わった出会いです。

 

「なぜ今の議会は○○のように運営しているのか?」「今まさに子育て中という市民の意見を言える議員はいるのか?」など、その日だけでも軽く1時間はいろいろと意見交換したと思います。

 

議会に傍聴に来たことからもわかるように、秋田さんは、生活の中で感じた課題や違和感などを解決するには政治を変える必要があるんじゃないかと、もともと考えていたとのことでした。

 

未就学児の親世代は今の議会におそらくいなかったと思うので、その世代の意見を議会に届けるために非常に心強い方だと感じています。

 

そして北部、宮前区は【さかまき良一】。

 

さかまきさんとは2年前に一緒に地域政党を立ち上げてからの付き合いです。

 

市の職員を定年まで勤めて内部でいろいろと改革されていたのですが、やはり市役所全体を改革していくためには政治から攻めねばということで今に至ります。

 

実はさかまきさんは前回の市議会議員選挙に立候補されていますが、無所属のデメリットなのか、準備が間に合わず落選されています。

 

市の職員を定年まで勤めて、一度落選して、それでもなお川崎市のために自分の知識や経験を議会で役立てたいとはおそるべきパッションです。

 

私が4年間活動してきたことは、地域政党の中でもノウハウとして蓄積しています。なので誰が市議会に送り込まれても成果にこだわっていけるだけの力はあるのですが、

 

なにぶん私が幸区や宮前区の駅に毎週立って知り合いを探すわけにもいかず、各々で孤軍奮闘?(もちろん私も中原でバリバリ活動中!)していきたいと思っています。

 

幸区、宮前区のみなさん、秋田さんとさかまきさんと私が川崎のために活動する「地域政党あしたのかわさき」にぜひご関心をお寄せください。ホームページはこちらからどうぞ!!

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

重冨たつやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ