公園での喫煙に関するアンケート実施中。まだまだ受け付けてます! | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

昨年12月に開始した「公園での喫煙に関するアンケート」の中間報告をさせて頂きたいと思います。

 

このアンケートは2月末までの予定となっています。1分程度で終わる簡単なものなので、是非お気軽にご参加ください。

 

(⇒こちらよりアンケートのページへ飛べます!)

 

さて、今回のアンケートですが、ご回答頂いた方の人数がこれまで7回実施してきたアンケートの中で、すでに2番目の多さになっています。

 

他の市の施策と比較すると身近な存在である公園に対して、非常に高い関心が寄せられているのだと実感しています。

 

ちなみに過去最も回答数が多かったアンケートは「小児医療費への助成について」でした。

 

では本題の中間報告に参りたいと思います。

 

結論からお示しいたしますと、公園での喫煙については以下のようなご回答を頂いています。

肯定的なご意見が上2つで合計22.7%、否定的なご意見が65.9%となっています。

 

自由意見欄を拝見しますと、「まぁ構わない」「どちらともいえない」「少しやめてほしい」という方の中には、

 

喫煙OKにするかどうかは分煙がしっかりできるかどうかによるというご意見が含まれているようです。

 

私としては否定的な意見が7割を超えてくる可能性があるとすら思っていたので、意外な結果となりました。

 

なお、JTさんの調査によると2018年の喫煙率が17.9%であったのに対して、

 

今回ご回答頂いた方の喫煙率は13.6%だったので、やや非喫煙者の意見が強めに反映されているかもしれません。

 

アンケートの最終結果を待っている間に、現在、他都市の調査を同時に進めています。

 

今の川崎市は道路上の喫煙行為は市内全域でしないように求める条例を持っていますが、公園での喫煙についてルールがなく基本的にフリーな状態にあります。

 

これまで何度かこのことの是非についてご意見を頂いていたので、今回アンケートを実施させて頂いているわけなのですが、

 

やはり他都市では「路上喫煙」の定義の中に、公園を含めているところがほとんどです。

 

ただし他都市でも公園での喫煙を「禁止」しているところはほとんどなく、「努力義務」というのが今の主流のようです。

 

今神奈川県では屋外の受動喫煙について専門家による議論が行われています。

 

私もこの議論を参考にしつつ、自分なりに意見をまとめていきたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

重冨たつやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス