今年最初の統計報告で改めてわかった消防団のすごさ | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

毎年恒例の中原地区消防出初式。今年は1月6日朝10時から等々力公園で行われました。

 

今年は区選出の議員を代表して挨拶させていただくことになっていましたので、改めて消防団の活動について調べてみました。

 

中原区では消防団が5つの分団にわかれて活動をしています。中原分団・大戸分団・住吉分団・玉川分団・丸子分団です。

 

それぞれ地域の名前がついていますので、自分の地域がどの分団に支えられているのかイメージできる方も多いかもしれません。

 

昨年の区内での火災件数は45件、そのうち消防団の出動対象である建物火災は34件でした。

 

消防署の職員曰く「出動してみたものの建物火災にカウントされない事案だった」ということもあるようで、

 

実際に中原区の各分団の火災出動件数を全て足し合わせると38件になりました。

 

普段はそれぞれ仕事ついていながら、消防団全体として1年間で38件、月平均約3件以上も火災対応で出動していることになります。

 

火災は昼間に起きるとは限りませんから、もちろん夜の出動も多くあります。ご家族の理解・協力に本当に感謝感激です。

 

私たちは普段サイレンを鳴らしている赤いポンプ車を目にすると、消防隊員(市の職員)の車両だと思いがちですが、消防団も赤いポンプ車をもっていますので、

 

市の職員ではなく、使命感・郷土愛で活動されている同じ区民が乗っている消防団の車両かもしれないということはより多くの区民に知ってほしいことだなぁと思います。

 

出初式での挨拶でも多くの区民に消防団について知って頂きたく、各団の火災や訓練での出動件数をご紹介させて頂きました。

 

今日もどこかで消防団の方が活動されているかもしれません。消防団員の確保は喫緊の課題となっていますので、

 

ご興味がある方はこちらから消防団についてご覧いただければと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

重冨たつやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス