風水害に関する防災計画の修正を検討中です | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

国の法律改正などを受けて、川崎市では風水害に関する防災計画の修正を検討しています。

 

国や県との連携強化など修正点はいくつかありますが、「行政の対応」に関することがほとんどです。

 

ではこの自治体の防災計画は一般の方には全く関係がないのかといえばそうともいいきれません。

 

なぜなら、まだご存知でない方にはぜひとも知っておいていただきたい項目もあるからです。

 

それは「避難勧告などの名称変更」についてです。

 

国の方では約2年前にすでに変更を公表していますが、今回の修正によって川崎市でも防災計画に新しい名称が記されることにあります。

 

以前の名称は以下の3通りでした。

 

避難準備情報

避難勧告

避難指示

 

そして、今回の修正でそれぞれ以下のように変更になります。

 

避難準備情報⇒避難準備・高齢者等避難開始

避難勧告⇒避難勧告

避難指示⇒避難指示(緊急)

 

2段階目の名称はそのままですが、1段階目と3段階目の名称が変更されています。

 

これらの変更は、平成28年8月に岩手県岩泉町で発生した水害時に、

 

高齢者施設で「避難準備情報」の意味が正しく伝わっていないことで、適切な避難行動が行われなかったことを受けたものです。

 

ではそれぞれの段階で、わたしたちに求められる行動とはどのようなものなのか。

 

今回の修正案では、以下のように紹介されています。

 

「避難準備・高齢者等避難開始」

⇒要援護者等は避難行動を開始。要援護者以外の住民のうち、各種ハザードマップで危険区域に該当している地域は、防災気象情報に注意を払い、自主的に避難行動を開始。

 

「避難勧告」

⇒近くの指定避難所等への立ち退き避難、立ち退き避難がかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断した場合は、近隣の安全な場所への避難や、屋内の安全な場所への避難を開始

 

「避難指示(緊急)

⇒避難勧告等の発令後で避難中の住民は、確実な避難を直ちに完了。避難していない住民は、直ちに立ち退き避難を行うか、その避難行動に余裕がない場合は、近隣の安全な場所に避難するか、屋内の安全な場所等に避難するなど、生命を守る最低限の行動を完了。

 

避難しなくてはいけない事態にはできればなりたくないものですが、近年の雨の降り方を考えれば、

 

川崎市でもいつ大規模な風水害が発生してもおかしくないのではないかと思えてしまいます。

 

「サイレンみたいなものがなっても何の意味があるのかわからない。」

「避難準備や避難勧告と言われても何をすればいいのかわからない。」

 

そんな市民が1人でも減るように、私たち議会や行政は分厚い防災計画を修正するだけでなく、

 

その中で市民が知るべき情報をいかに平時に伝えていけるのかを考えなければいけないのだと思います。

 

以上、風水害に関する地域防災計画の修正についてでした。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

重冨たつやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス